kenbinosato のすべての投稿

プロテオグリカンは腸からの吸収が可能?

プロテオグリカンは腸からの吸収が可能?

プロテオグリカンをサプリメントで摂取した場合、腸でうまく吸収されるのでしょうか。加齢や激しい運動などで減少するプロテオグリカンを、上手に摂取する方法をまとめました。

減少するプロテオグリカン

プロテオグリカンには、膝のクッションの役割や、軟骨自体の生成をサポートする機能があります。しかし、軟骨は加齢や運動不足、肥満などにより減少していくため、中高年に多い変形性膝関節症などの病気の一因となっています。

軟骨の再生に有効なプロテオグリカン

近年、プロテオグリカンの摂取で、軟骨細胞の元になる軟骨前駆細胞を活性化する効果が期待できるとして、サプリメントの需要が増加。膝痛だけでなく美容食品としても注目が集まっています。

プロテオグリカンの腸からの吸収1.高分子の成分

プロテオグリカンは、胃では消化されない高分子の成分なので、そのまま腸に送られても小腸では栄養分としては吸収されません。低分子化すると腸の絨毛で吸収されますが、単なる栄養素となってしまい、その効果が期待できなくなってしまいます。

プロテオグリカンの腸からの吸収2.吸収されたプロテオグリカンの働き

吸収されたプロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸とともに細胞外マトリックスの形成をサポートし細胞の新陳代謝を促し、軟骨などの細胞組織を維持します。

細胞外マトリックス(細胞外基質)とは、軟骨細胞が生成したプロテオグリカン、ヒアルロン酸の多糖類とコラーゲンなどの構造タンパク質で構成された物質。プロテオグリカンは、軟骨細胞のもととなる軟骨前駆細胞を活性化します。

プロテオグリカンの選び方

経口摂取して、腸から吸収されるプロテオグリカンのサプリメント。体に入れるものとして気を使いたいものですね。選ぶポイントを少しご紹介します。

天然素材のサプリメントを選ぶ

プロテオグリカンのサプリメントは、鮭の軟骨成分から抽出された天然の由来の成分です。しかし、サプリメントには他にいろいろな成分が配合されているものもあります。安心・安全な原料で作られたものかを確認しましょう。

過熱されていないものを選ぶ

プロテオグリカンは熱に弱い成分のため、過熱によって変性してしまうと効果が期待できなくなります。過熱されていないかをチェックしましょう。

添加物に注意

添加物を使用しているサプリメントは多いのが現状。添加物の使用の有無やその量、種類はしっかり確認してください。

プロテオグリカンは腸で吸収されるから効果が期待できる

プロテオグリカンが、腸から吸収されるメカニズムを簡単にご紹介しました。プロテオグリカンのサプリメントは、その効果を引き出すため高分子のまま腸で吸収されるように作られています。軟骨の再生以外にも抗炎症効果や、大きな保湿力など美容・健康に効果が期待できるでしょう。

健美の郷では、高純度のプロテオグリカンを配合した「プロテウォーク」であなたの健康と美容をサポートしています。膝の痛みを感じる方は、ぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンは食品で補える?

プロテオグリカンは食品で補える?

軟骨成分のプロテオグリカンは、食品で摂取できるのでしょうか?日常の食事のなかでプロテオグリカンを摂ることができれば、予防や症状の軽減が期待できます。プロテオグリカンと食品の関係をご紹介します。

プロテオグリカンを多く含む食品

膝痛、変形性膝関節症でお悩みの方、生活習慣病の予防に効果が期待できるプロテオグリカン。

プロテオグリカンが多く含まれる食品は、魚・鶏・牛の軟骨部分や、エビやうなぎ、フカヒレ、ヤマイモなど。プロテオグリカンのサプリメントの原料は、鮭の鼻軟骨から抽出されています。

プロテオグリカンを食品で摂るのは難しい

実は、ご紹介した食品を毎日食べたとしても、プロテオグリカンをたっぷり摂取することはできません。それは、プロテオグリカンが熱に弱いという弱点があるためです。

プロテオグリカンの変性とは?

もともと体内と同じ状態のことを「非変性」といいます。非変性のプロテオグリカンは、高分子の状態に保たれていますが、50℃~60℃以上の熱が加わると成分が分解されてしまいます。この状態を「熱変性」といい、プロテオグリカンのタンパク質が熱変性すると、プロテオグリカンが持つ機能が失われてしまいます。

プロテオグリカンを効率的に摂取するには

食品で摂取することが難しいプロテオグリカンは、サプリメントで補いましょう。鮭の軟骨から抽出されたプロテオグリカンは、熱処理のされていない非変性のまま摂取することができます。

天然素材の成分で食品としても、安心して摂取することが可能です。最近は、サプリメントの他にドリンクやゼリータイプのものなど、手軽にプロテオグリカンを摂取できる商品が多数開発されています。

プロテオグリカンの用法・用量と選び方

天然由来の原料から抽出されたプロテオグリカンに副作用の心配はありませんが、過剰摂取にはご注意を。

摂取量の目安

プロテオグリカンの一日の摂取量は、5㎎~25㎎が目安とされているので、各メーカーの定める用法・用量を守りましょう。体調や体質に個人差があるので、体に合わないと感じた場合は摂取を中止して下さい。

サプリを選ぶポイント

プロテオグリカンのサプリメントを選ぶ場合は、「非加熱で製造されていること」と「配合されている成分や添加物」をよく確認しましょう。カニやエビなどの成分にアレルギー症状のある方は、ご注意ください。

プロテオグリカンはサプリメントで効率的に摂取しましょう

プロテオグリカンを含む食品はありますが、通常の食事で摂取するのは困難なため、効率的に摂るにはサプリメントがおすすめ。また、適度な運動で健康に気をつけることも大切です。手軽なサプリでプロテオグリカンを補い、健康的な毎日を手に入れましょう。

健美の郷では、高純度・高品質のプロテオグリカンを配合した「プロテウォーク」を提供しています。活き活きとした毎日を送るために、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

「プロテオグリカンは膝痛には効果がない」という口コミなどを見かけることがあります。膝痛で悩んでいるときに、「効果なし」という言葉は気になるもの。本当に膝痛には効果がないのか、みていきましょう。

プロテオグリカンは効果なし…?

プロテオグリカンは、膝痛の予防・改善や美肌効果など優れた機能がある成分です。しかし、あくまで健康補助食品という位置付け。100%効果が保証されているわけではありません。

メディアによって意見はさまざま

「サプリメントを摂取しても、体内に吸収されずただ排出されるだけで効果なし」とする意見があったり、海外の医学専門誌で、プロテオグリカンは効果がないという論文が掲載されたりしています。

しかしその一方で、軟骨再生や細胞の増殖といった膝痛にもよいという研究や臨床データが報告されているのも事実。日本でも弘前大学をはじめ、さまざまな研究機関・企業によって、プロテオグリカンの研究・開発が行われています。

プロテオグリカンの機能

プロテオグリカンはタンパク質の一種で、数個から数百の単糖が鎖状に結合した成分です。軟骨や皮膚に多く含まれ、大きな保水力を持ち、軟骨ではクッションの役割や、細胞の間に入って軟骨細胞の形成をサポート。体の健康維持に重要な成分といえるでしょう。

プロテオグリカンは減少する

加齢や運動不足、肥満などによって減少していく軟骨。軟骨の成分であるプロテオグリカンも、軟骨の減少とともに減っていきます。変形性膝関節症などはこれが一因です。

減少したプロテオグリカンは、サプリメントや食事などで摂取することで、軟骨細胞を活性化して軟骨の再生を促すとする報告があり、その効果が期待されています。

プロテオグリカンの効果を実感するために

「プロテオグリカンには効果なし」、と感じないためには何が大切なのでしょうか。

用法・用量を守る

プロテオグリカンの効果を実感するためには、正しい用法・用量を守ることが大切です。メーカーによって摂取量は違いますが、1日5㎎以上、15㎎~25㎎が一般的です。

メーカーの推奨する量を守って、過剰摂取に注意しましょう。飲むタイミングは、胃が荒れる心配が少ない食後がおすすめです。

継続して摂取する

他のサプリメントにも言えることですが、プロテオグリカンの効果が感じられるのは、早い人で摂取し始めて最低2週間位から。最低でも1ヵ月以上摂り続けることが重要です。即効性のあるものではないので、じっくり付き合っていきましょう。

配合成分や添加物は確認して選ぶ

熱に弱いプロテオグリカンのサプリメントを選ぶ際、加熱処理していないか、天然素材で作られているかを確認しましょう。配合されている成分や添加物についても確認が必要です。特に、アレルギー症状のある人は、アレルギー成分の有無をよく確かめてください。

プロテオグリカンの効果に期待しましょう

プロテオグリカンは効果なしどころか、その効果への期待は日々大きくなっています。特に高齢化の激しい日本では、ロコモティブシンドロームの予防など、プロテオグリカンの持つ機能は、大きな効果が期待されるでしょう。

健美の郷では、高純度のプロテオグリカンの抽出に成功。「プロテウォーク」で、健康で快適な生活をお手伝いいたします。「膝に違和感がある」という方は、ぜひお試しになってはいかがでしょうか?

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンは、膝痛の予防・改善に期待される成分。テレビなどで紹介され注目が高まっています。プロテオグリカンを体内で増やすためには、どのような方法があるのでしょうか。

プロテオグリカンの役割

プロテオグリカンは、水分を多く蓄えて軟骨に供給する働きをもつ、膝などの関節の軟骨成分の1つです。プロテオグリカンが減ってくると、軟骨のクッションの役割が悪くなり、骨と骨が接触して膝痛などの関節痛を引き起こす可能性があります。

プロテオグリカンが減る原因

プロテオグリカンの減少はなぜ起きるのでしょうか。

加齢による減少

プロテオグリカンは加齢により減少していきます。プロテオグリカンが減少すると、軟骨の水分が減って弾力性がなくなるため、関節痛を引き起こす一因となるでしょう。

肥満による体重の増加

人が歩くときに関節にかかる負担は、体重の3~6倍とされています。体重が重いほど膝に負担がかかるため、軟骨細胞の働きが弱くなり、プロテオグリカンが減少することに。

女性に多い軟骨の傷み

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、軟骨を保護する機能がある成分です。エストロゲンがホルモンバランスの変化で減少すると、軟骨が傷みやすくなるため、プロテオグリカンの生成量もダウン。そのため、女性は男性よりも軟骨が傷みやすいといわれます。

プロテオグリカンを増やすために

プロテオグリカンを増やすためには、関節を動かすことが大切です。膝などの関節を曲げ伸ばすことで、血流が改善されて膝に酸素が多く送られるようになります。

その結果、軟骨細胞が活性化してプロテオグリカンを多くつくることができ、膝などの関節の痛みを予防・改善することが期待できるでしょう。

運動不足は膝痛改善に逆効果

日頃、運動不足で足腰をあまり使わなかったり、膝痛で関節を動かすことが億劫になったりすると、軟骨に供給される酸素や栄養が減り、プロテオグリカンが減少。

結果的に軟骨の傷みを修復することが難しくなってきます。軽いストレッチや関節を動かす運動などで、軟骨に適度な刺激を与えることが重要です。

おすすめはウォーキング

プロテオグリカンを増やす運動は、例えば膝痛の場合、ウォーキングがおすすめです。一日に合計30分、10分を3回に分けてもかまいませんので歩きましょう。

予防の場合は、大股で歩いたり階段を積極的に使うなど、運動量を増やすと効果的です。膝に痛みがある場合は、無理をしない範囲で関節を動かしましょう。

プロテオグリカンが増える食事

プロテオグリカンは、食事で摂りづらい成分でもあります。牛・魚・鶏の軟骨に多く含まれていますが、熱に弱い特性があるため、プロテオグリカンを直接摂取することは難しいでしょう。軟骨の成分であるグルコサミンは、うなぎ・フカヒレ・ヤマイモなどに含まれていて、食事で摂取することが可能です。

健康で快適な生活をおくるために

プロテオグリカンは、変形性膝関節症などの一因にもなる重要な成分ですが、日頃の対策を続けることでその減少を食い止めることが可能です。ただ、熱に弱いため、食事ではなかなか摂取することが難しいでしょう。

サプリメントなら効率よく摂取することができるため、膝痛などの関節痛が気になる方には、適度な運動とプロテオグリカンのサプリメントがおすすめです。

健美の郷では、プロテオグリカンを多く含んだ「プロテウォーク」をご用意しています。健康寿命を伸ばすためにも、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンで軟骨再生?!

プロテオグリカンで軟骨再生?!

プロテオグリカンを摂取することで、軟骨再生ができるという話題を最近よく見かけます。加齢とともに増える変形性膝関節症の発症率。気になるプロテオグリカンの摂取による、軟骨再生のメカニズムをご紹介します。

軟骨が減少するメカニズム

関節の骨と骨をつなぐ部分で、クッションと潤滑の役割を軟骨。この軟骨がすり減ることで、関節症などの病気を引き起こしてしまいます。ではなぜ軟骨は減少するのでしょうか?

加齢による減少

加齢とともに軟骨成分が失われるため、すり減る一方です。これは、筋力の低下で軟骨にかかる負担が増えることも一因としてあり、中高年に変形性膝関節症が多いのはこのためと考えられます。

肥満による膝への負荷の増大

膝の関節にかかる負荷は、多い時で体重の5~8倍。肥満やスポーツ、肉体労働でも軟骨にかかる負担が増えるため、減りやすくなるでしょう。

女性に多い軟骨の減少

女性は閉経後の女性ホルモンの分泌が減ることや、男性に比べて膝の筋力が弱いため、軟骨への負担が増して減少することが多いのです。

軟骨再生をサポートするプロテオグリカン

プロテオグリカンとは、軟骨を構成する成分の1つで、水分やコラーゲンの次に多い成分です。軟骨再生に需要な成分、プロテオグリカンの主な働きを見ていきましょう。

プロテオグリカンの持つ保水力

プロテオグリカンの最大の特徴は、その保水力。関節の曲げ伸ばしなどの、軟骨にかかる衝撃を柔軟に吸収する働きがあります。

軟骨細胞や軟骨成分の生成をたすけるプロテオグリカン

プロテオグリカンは、軟骨細胞の元である軟骨前駆細胞を増やし、コラーゲンやヒアルロン酸などの成分の生成をサポート。軟骨の減少を抑えて、軟骨再生をうながす重要な成分です。

また、石灰化を防止するため、軟骨の硬化や関節症の予防や改善にも期待できるでしょう。

減少するプロテオグリカン

加齢や激しい運動などによる軟骨の減少に伴なって、プロテオグリカンも他の成分とともに減少していきます。これは軟骨細胞が減少して、プロテオグリカンを含む軟骨基質がつくられなくなることが原因です。

プロテオグリカンの減少で軟骨再生が難しくなり、関節痛になったり、症状が悪化したりすることも考えられるでしょう。

プロテオグリカンの効率的な摂取方法

減少したプロテオグリカンを補うためには、どのような方法があるのでしょうか。

プロテオグリカンを食事で摂る

プロテオグリカンを含む食材は、魚や鶏、牛の軟骨部分に多く含まれています。しかし、プロテオグリカンは熱処理されると変性してしまうという欠点があり、一般的な食事から摂取するのは難しいとされています。

軟骨再生の観点からは、食事による摂取は効果が薄いといえるでしょう。

プロテオグリカンの摂取はサプリメントが効果的

プロテオグリカンを効果的に摂取するためには、サプリメントがおすすめです。プロテオグリカンのサプリメントは、天然素材のものは鮭の鼻軟骨から抽出されていて、吸収率も高く軟骨細胞まで届きやすいため、軟骨再生には効果が期待できます。

プロテオグリカンの摂取で軟骨再生をサポート

プロテオグリカンは、軟骨再生に重要な働きをする成分として膝痛改善に欠かせません。プロテオグリカンを軟骨前駆細胞に添加することで、軟骨細胞の増殖が確認されたとする報告もあります。サプリメントや食事で正しく摂取して、軟骨を再生させるサポートをしましょう。

健美の郷では、高純度精製で抽出したプロテオグリカンを配合した健康補助食品「プロテウォーク」をご用意しております。関節症や膝痛でお困りの方は、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛の正しい湿布の貼り方

膝痛が発生したときに痛みを和らげるために、湿布を使う方も多いでしょう。その湿布の選び方、そして貼り方は本当に大丈夫ですか?膝痛に効果のある、正しい湿布の知識を知っておきましょう。

膝痛の時の湿布の選び方

湿布には、「冷湿布」と「温湿布」の2種類がありますが、その違いと使い方はどうなっているのでしょうか?

冷湿布

貼るとひんやりする冷湿布。用途としては、炎症などを起こした時に患部の熱をとる作用があります。主にうちみやねんざなど、一時的、突発的な痛みをやわらげるときに使うものです。

膝痛の場合も、転倒などの事故で痛みを発生した場合には、冷湿布を使うと良いでしょう。

温湿布

貼って患部を温めるために使う温湿布は、患部の血行をよくすることで、痛みをやわらげる作用があります。慢性的な痛みに対して効果的です。年齢とともに発生する膝痛、慢性的な膝痛に対しては、温湿布を使いましょう。

湿布の伸縮性について

湿布には、伸ばしたりできる収縮タイプと、そうでないタイプの2種類があります。収縮しないタイプを選ぶと、膝の曲げ伸ばしですぐにはがれてしまうことに。膝痛の場合、関節の曲げ伸ばしがあるので、できるだけ収縮タイプを選びましょう。

湿布の正しい貼り方

温湿布も冷湿布も、膝への貼り方は同じです。膝痛がどこに発生しているかで貼り方が異なりますので、詳しく見ていきましょう。

事前準備

湿布を貼る場所にかかわらず、以下の事前準備をしておきましょう。

  • 患部の汗を拭き取る
  • 患部にクリームなどを塗っている場合は、拭いたり洗ったりしておく
  • 新しい湿布を用意する(古い湿布は粘着力が弱まり、はがれやすくなる)
  • 膝痛の発生場所を確認しておく

膝の表に貼る場合

膝痛は、膝の頂点になるお皿の部分が痛くなるということはまずありません。膝の周辺が痛くなることが多いので、この部分に湿布が当たるようにします。

  1. 大きめの湿布を用意し、その真ん中に切れ目を入れる
  2. 椅子に座って膝を曲げた状態にする
  3. 切れ目が膝のお皿の部分を取り囲むように湿布を貼る

この貼り方では、膝の曲げ伸ばしに対しても湿布がはがれにくくなります。

膝の裏に貼る場合

膝の裏側や、筋の部分に膝痛が発生した場合はこちらの貼り方を試してみましょう。

  1. 湿布の真ん中付近、両側に1~2センチほどの切れ目を横に入れる
  2. 椅子に座って、膝を伸ばした状態にする
  3. 切れ目が膝の可動部にくるように湿布を貼る

この貼り方では、膝を動かしても湿布がはがれにくくなります。

サポーターやテープの活用

シール剤の湿布であればはがれにくいのですが、やはり膝という可動部に貼ると、どうしても湿布ははがれやすくなります。この場合、テープで補強をしたり、膝用のサポーターを巻くことではがれを防止しましょう。

膝用サポーターを巻くことで、膝痛がやわらぐという効果も期待できます。

湿布を活用しつつ身体の内側もケアしましょう

湿布によって膝痛がやわらいだとしても、それは膝痛が治療できたわけではありません。根本的な痛み対策は、しっかりとした治療や内側からの回復力を高めることが欠かせません。

特に大事なのは、体質改善。膝のまわりや太ももの筋肉を鍛えたり、サプリメントを活用して、膝の痛みの根本となる軟骨の修復を行いましょう。

健美の郷の「プロテウォーク」なら、膝軟骨を修復成分であるプロテオグリカンを効果的に摂取できます。湿布を活用しつつ、体の内側から膝痛を治していくことを心がけてみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

つらい膝痛には、いち早い対策を心がけることが重要です。しかし、対策といっても膝痛にはさまざまな原因があります。「原因を知って対策を選ぶ」、これであなたの膝痛を解消してみましょう。

膝痛の原因と予防対策

膝痛はどのような時に発生するのでしょうか?原因と予防対策をまとめました。

1.スポーツによる膝の使いすぎ

運動量が多いスポーツは、体中の筋肉や関節を酷使しています。あまりにも身体への負荷が大きいと、膝に大きな負担がかかって膝痛になることも。筋肉トレーニングが膝痛の対策として必要ですが、疲労回復のために適度に休むことも心がけましょう。

2.急な運動による膝への負担

普段あまり運動しない人が、突然走ったり山登りをしたりすると、膝に負担がかかり、膝痛になることがあります。このような膝痛への対策は、しっかりとしたストレッチを心がけることです。

膝や筋肉をしっかりとやわらかくすることで、可動領域を事前に増やし、膝への負担を減らしましょう。

3.けがによる影響

過去に事故や転倒によって膝にけがをしたことがあると、あとから膝痛に悩まされることがあります。けがをした時には「大したことない」と思っていても、思わぬところで痛みが発生することも。この場合の対策は、膝のサポーターがおすすめです。

4.太ももの筋肉の衰え

筋肉は年齢とともに衰えてきます。特に太ももの筋肉が衰えると、膝にかかる衝撃をやわらげることができなくなり、膝痛の原因に。対策として、トレーニングやウォーキングで太ももの筋肉を鍛えることがあげられます。

5.膝の病気

「リウマチ」「半月板損傷」「変形性膝関節症」、これらは「膝の三大病」ともいわれ、膝痛に悩まされる人がたくさんいます。実は、この中で一番多いのが「変形性膝関節症」。膝痛対策を考えるときには、まずこの症状を疑ってみましょう。

変形性膝関節症の原因と対策

膝痛の中でももっとも多い症状、変形性膝関節症について詳しく見ていきましょう。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、膝のクッションとなっている軟骨がすり減り、骨と骨が直接ぶつかることによって痛みが生じる症状のこと。膝の軟骨がすり減る原因としては、主に以下の2つがあります。

  • 激しい運動による膝の酷使
  • 加齢によるもの

多くの人が悩まされるのは、加齢によるものでしょう。早ければ40代から、この膝痛に悩まされる人がいるようです。

加齢で軟骨がすり減る原因は?

年齢とともに、身体のいろいろな成分が減少してしまいますが、その一つが軟骨成分であるプロテオグリカン。

年齢とともに、この成分が減少し、軟骨そのものの厚みが薄くなってしまうことに。膝痛を対策するには、軟骨の厚みを増やすことが重要です。

膝痛の対策は?

軟骨の厚みを増やすには、膝の軟骨成分であるプロテオグリカンが大事な役割を果たします。プロテオグリカンを摂取すると、軟骨の修復が期待できるため、膝痛をやわらげる対策となるのです。

さらに、プロテオグリカンは肌にも含まれる成分なので、美容効果も期待できます。アンチエイジング成分としても注目されているプロテオグリカンを摂取することで、膝痛の対策とともにお肌の若さも取り戻してみましょう。

膝痛の症状に合わせた対策を行いましょう

膝痛の原因にはさまざまなものがあるので、まずは自分の膝痛がどこから発生しているのか、それをしっかりと把握しましょう。膝痛の中でも、年齢とともに増えてくる変形性関節症については、しっかりとした栄養補給も忘れずに。

健美の郷「プロテウォーク」は、プロテオグリカンを効果的に摂取できるサプリメントです。「変形性膝関節症かな」と思ったら、しっかりとした栄養補給で対策を早めにおこないましょう!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛にはつらい階段の昇り降りの対策は?

膝痛にはつらい階段の昇り降りの対策は?

階段を昇り降りするときに、膝に痛みを感じた経験はありませんか?「普段歩くときには問題ないけれど、階段の昇り降りの時はとてもつらい。」そんな、階段の昇り降りで発生する膝痛の対処法をご紹介します。

膝痛の原因は

階段の昇り降りの時の膝痛、その原因の多くは、「変形性膝関節症」です。この病気は膝の軟骨がすり減ってしまうことで、膝の骨と骨がぶつかりあって痛みを発生します。

膝の軟骨がすり減る原因は、膝の使いすぎや加齢による軟骨の柔軟性低下などがあげられます。

階段は特に注意

階段の昇り降りの時には、体重の負荷が普段の3~5倍かかります。特に下りの時には、下方向に荷重がかかるため、膝への負担が大きくなり膝痛が発生しやすくなることに。こうなると、膝痛をかばうために歩くのもためらってしまい、安静にしてしまいがちです。

しかしこれは逆効果で、運動をしないと膝周りの筋肉が衰え、より膝痛を悪化させてしまうことになります。

膝痛対策で普段からできること

こういった膝痛を防ぐために、普段からできる対処法をご紹介します。

筋肉トレーニング

普段からなるべく歩いたり、運動をすることで太ももの筋肉を鍛えておきましょう。太腿の筋肉を鍛えると、膝への負担に対してのクッションとなり、階段を昇り降りするときの膝への負担が軽減されます。

ストレッチ

ストレッチによって、膝の筋肉や靭帯をやわらかくし、可動領域を増やすことで膝痛を防ぐことができます。急に階段を駆け出したりすると、突然膝痛になることもあるので、普段からストレッチを行いましょう。

体重を減らす

体重が減れば、階段の昇り降りの時に膝にかかる負担も軽減されます。膝痛を持っている方で体重が気になる方は、食事や運動を改善して、体重を減らすことも意識してみましょう。

サプリメントをとる

変形性膝関節症は軟骨がすり減ることで起こりますが、これを防ぐには膝の軟骨成分となるものを摂取しなければなりません。

軟骨成分のサプリメントとして、今効果が高いといわれているプロテオグリカン。階段で膝痛を感じたら、積極的にサプリメントをとることも考えましょう。

階段をうまく昇り降りするコツ

先ほどの対策は、即効性のあるものではありません。ここでは、膝痛が発生して階段の昇り降りがつらいときに効果のあるコツをご紹介します。

階段を降りる時

階段を降りる時の痛みがつらい方は、痛い方の足を先に出してから、後ろに残った足に体重をかけながら、足をそろえて降りてみましょう。膝痛がひどい足をかばうことで、痛みがやわらぎます。

階段を昇る時

昇る場合も、降りるときと理屈は同じです。昇る際は、痛む足を後ろにして、痛くない方を先に上げ、足をそろえながら昇っていきます。膝痛の場合、いかにして痛む足に体重をかけないかが重要です。

手を前に出す

階段を昇るときに手を前に出すことで、前傾姿勢をとることができます。前傾姿勢になると、自然と勢いがついて前に進みやすくなり、膝痛のある足を楽に前に出しやすくなるため、階段が昇りやすくなるのです。

おしりに手を当てる

これも前傾姿勢をとるための方法です。体を押し出すようにすることで、足を前に出しやすくなるため、膝痛でも階段が昇りやすくなります。

膝痛が気になったら早めに対策を!

階段の登り降りで膝痛を感じた、これは体の異常のサインです。早めに対処することで、つらい膝痛に発展することなく、ちょっとした心がけだけで普段の生活を送ることができます。

膝痛を感じたら、筋肉トレーニングやサプリメントの摂取など、早めに対策を打ちましょう。

健美の郷の「プロテウォーク」は、効果的にプロテオグリカンを摂取できるので、早期の膝痛対策に役立ちます。階段の登り降りで膝に異常を感じたら、早めに自分でできる対策をして、健康な生活を送れるように心がけてみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

上手な膝痛対処方法

上手な膝痛対処方法

急に膝痛が発生したときに、どのような対処をすればよいのでしょうか?病院に行かずに、自分でできる膝痛の対処法はないのでしょうか?痛みの種類別に、自分でできる膝痛の対処法についてまとめました。

膝痛には大きく2種類ある

膝痛といっても、その種類はさまざま。ここでは大きく2つにわけてご紹介します。

一時的な痛み

「こけて膝を打ってしまった」、「急に運動して膝に痛みがはしった」。こういった場合に、一時的に膝に痛みが生じることがあります。

原因は、関節や筋肉の炎症。こういった場合は、整形外科に行くことをおすすめしますが、自分でできる対処法としては、シップを貼ったり冷やしたりといったことで膝痛をやわらげることができます。

慢性的な痛み

長年の膝への負担や、加齢によって起こる膝痛。こういった慢性的な痛みで悩む人は多いでしょう。多くは「変形性膝関節症」といわれる病気が原因です。変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかってしまうために痛みを生じています。

一時的な膝痛とは異なり、簡単に痛みをやわらげることは困難です。しかし、自分でできる対処法を継続することで、痛みを徐々にやわらげることはできます。

慢性的な膝痛への対処法

慢性的な膝痛に対しては、主に4つの対処法があります。

1.運動習慣をつける

「膝痛が発生したら運動なんてできない!」と思うかもしれませんが、安静にしすぎるのは逆効果です。変形性膝関節症は老化現象の一つなので、運動をしなければ、使わない筋肉や組織がさらに衰えて、より悪化してしまう恐れがあります。

「膝痛だから…」といって歩かなくなると、より膝の老化が進み、さらに膝痛を悪化させる悪循環に。ウォーキングのような軽い運動で大丈夫ですので、膝を適度に動かしましょう。

2.水分補給を意識する

適度な水分量を保つことも膝痛の対処法として有効です。体内の水分量が減ると、肌がカサカサになったりするだけでなく、体内に必要な水分も減少します。

体内の水分が減少することで、膝の軟骨の水分量も減り、膝痛を発生させることに。水分は「1日に2リットル」が目安とされていますので、適度な水分補給を心がけましょう。

また、水分補給をすることで、体内の老廃物を排出し、新陳代謝を促す作用も見込まれます。新陳代謝が促されると、血液の循環もよくなり、膝の軟骨も修復されやすくなるでしょう。

3.食生活を見直す

食生活を見直すことで、体重を減少させて膝への負担を減らすことができます。また、膝の骨を強化するための栄養も欠かせません。カルシウムやビタミンDといった、骨によい栄養素を含む食物を積極的に食べるようにしましょう。

4.サプリメントをとる

膝の軟骨成分をサプリメントから直接とることも、膝痛の対処法としては有効です。グルコサミンやコンドロイチンといった成分が有名ですが、さらに効果があるのはプロテオグリカン。

プロテオグリカンは軟骨の成分の一つで、これが減少することで膝の軟骨がすり減るのです。プロテオグリカンは食物から摂取することが難しいので、サプリメントを積極的に活用しましょう。

自分でできる膝痛への対処法を続けましょう

慢性的な膝痛に対して、自分でできる対処法を行う前に、まず大事なことがあります。それは、「膝痛を自分で治す」という意識を持つことです。

膝痛は自分の生活を改めるだけで、大きな改善が期待できます。まずは自分でさまざまな対処法を試してみましょう。

「プロテウォーク」は、慢性的な膝痛に対処するための成分、プロテオグリカンを効果的に摂取することができます。膝痛に有効な栄養を補給し、自分で膝痛に対処できる意識を持ってみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防をするかしないかで、ずっと元気に動き回れるかが変わります。きちんとした予防を心がけていれば、100歳になっても元気に歩くことが可能です。一生健康でいるための予防策について見ていきましょう。

まずは膝痛の原因を知ろう

膝痛の予防策を取るためには、その原因を知っておかなければいけません。

外傷による痛み

転倒や事故によっても膝痛が発生します。これは骨に異常が発生するので、外科的治療が必要となります。

使いすぎによる痛み

スポーツや立ち仕事などから、膝に負担がかかって発生する痛みです。これは膝の骨がすり減ったり、靭帯が炎症を起こしたりといったことが原因。膝に違和感を感じたら、早めに医師に相談して膝痛を予防しましょう。

加齢や日常的な使用による痛み

多くの人の膝痛の原因がこれでしょう。年齢とともに、膝関節の軟骨がすり減ったり、骨がもろくなることによって膝痛が発生します。

膝痛を予防する方法

今回は先ほど挙げた中でも特に、加齢による膝痛に焦点を当てた予防策をご紹介します。

方法1.筋力トレーニング

膝の周りの筋肉や、骨を支える靭帯を鍛えることで、膝を安定させる力を強められます。特に鍛えるべき筋肉は、太もも前側の筋肉で、骨盤と膝をつないでいる「大腿直筋」。

簡単なトレーニングは、片足を前に出したストレッチがあります。前に出した脚の太ももの前側の筋肉を、効率よく鍛えることが可能です。筋力アップで、膝痛予防が期待できるでしょう。

方法2.ストレッチ

筋肉や靭帯をしっかりと伸ばすストレッチは、筋肉や関節の柔軟性を高めて可動領域を広げるため、膝の曲げ伸ばしがスムーズになります。

いきなりの運動で膝に負担をかけ、膝痛になることもあるので、予防策として運動前にはしっかりとしたストレッチを心がけましょう。

方法3.全身運動

水泳やウォーキング、サイクリングなどの全身運動を行うことは、膝痛予防にとても効果的です。これらの有酸素運動は、骨や筋肉を丈夫にし、老化を防ぐ効果が期待できます。

特に、膝や骨に対しての老化を防ぐことにもつながるため、膝痛予防にもつながるのです。

方法4.サポーター

膝の筋肉を補助するためのサポーターにも膝痛予防に効果が期待できます。スポーツをする方だけでなく、日常的に立ち仕事が多かったり、膝に負担がかかるような姿勢をとることが多い方におすすめの予防策です。

サポーターをつけることで、筋肉を補助することになるので、膝への負担をやわらげることに。サポーターもさまざまな種類があるので、自分の症状や用途に応じて選んでみましょう。

方法5.サプリメント

膝痛の根本原因の一つとして、膝の軟骨がすり減って骨がぶつかり、痛みを伴うということがあげられます。これは年齢とともに発生する、避けられない現象。

膝軟骨の減少を予防するには、膝痛に効果があるサプリメントの摂取も予防策としておすすめです。

膝痛予防の効果がある成分として、グルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンといったものがあげられます。

運動と栄養の二つの作用を

膝痛を予防するのであれば、運動による筋力アップや老化防止とともに、サプリメントによる栄養補給の面も欠かせません。この2つのことに気をつけて、膝痛と縁のない健康的な生活を続けていきましょう!

健美の郷の「プロテウォーク」は、膝痛の予防に効果が高いと言われるプロテオグリカンを配合。膝痛に効く成分を効果的に摂取することができます。膝痛に悩まされる前に、しっかりと予防策をとっておきましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました