月別アーカイブ: 2014年12月

関節痛を改善できる注目の成分、ヒアルロン酸とは?

関節痛を改善できる注目の成分、ヒアルロン酸とは?

化粧品や医薬品、サプリメントによく使われているヒアルロン酸。美容や関節痛の改善に効果がある成分として、注目されています。特に関節痛の治療としては、20年の歴史を持つ成分です。

そもそもヒアルロン酸とは一体どのような成分なのでしょうか?ここでは、ヒアルロン酸の特性や役割を詳しくご紹介します。

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はもともと私たちの体に存在する成分です。ヒアルロン酸は、たくさんの水を抱え込む力にすぐれた物質で、体内のあらゆるところで、たくさんの水分を保持しています。特に関節や肌、眼、卵巣などはヒアルロン酸が多いところです。

私たちの体の約60%は水分です。そのため、ヒアルロン酸は、健康を維持するために、とても大切な成分です。しかし残念ながら、ヒアルロン酸は、年齢と伴に少なくなる性質があります。赤ちゃんのころが最も多いヒアルロン酸は、40代では半分になり、60代では25%になります。

ヒアルロン酸の減少は老化現象をまねき、健康に支障をきたしやすくなります。

ヒアルロン酸のもつ特性

ヒアルロン酸には驚くべき独特の効果があります。その特性を利用し、美容や健康に効果のある商品がたくさん作られています。ヒアルロン酸の特性は次の通りです。

すぐれた保水力

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に存在し、水分を保っています。その保水力はとても優れており、1gで6リットルの水を貯めると言われています。お肌の潤いやハリ感に必要な水分を保持する役割を担っているので、若さを保つためには大切な成分です。

また、体の元気の源である、食事で得た栄養を運ぶのは、血液だけではありません。血液によって運ばれた栄養は、細胞と細胞の間の水の中を通って、すべての細胞へ届けられます。細胞間の水分を保持するヒアルロン酸は、健康で若々しい体を維持する役割も担っています。

粘性と弾性

ヒアルロン酸には、強い粘り気と高い弾力性があります。その特性により、外部からの刺激を防御することができ、健康を維持することができます。眼球の形を保ち、衝撃によるダメージを吸収するなど、守る力があるのもヒアルロン酸の特性です。

関節におけるヒアルロン酸の役割

ヒアルロン酸は、関節で2つの重要な役割があります。
まずは、軟骨と軟骨をスムーズに動かす、潤滑油の役割。次に、骨と骨の摩擦を防ぐ軟骨として、クッションになる役割です。

膝は私たちの体重を常に支えているところです。そのため、歩く・立ちあがるなどの日常生活の動作でも、かなりの負担がかかります。ヒアルロン酸を含む軟骨が衝撃を吸収し、ヒアルロン酸を含む関節液が軟骨を滑らかに動かしてくれるので、正常に動かすことができるのです。

しかし、年齢と伴にヒアルロン酸は減少します。ヒアルロン酸の減少で軟骨がすり減ると、骨と骨が摩擦し痛みを感じます。またヒアルロン酸には炎症を抑える効果もあるので、軟骨がなくなることで関節内で炎症が起きることもあります。

まとめ

膝関節におけるヒアルロン酸の役割はとても重要だということが分かりました。ヒアルロン酸は、年齢と伴に減少するだけでなく、自分で生産する能力も低下すると言われています。関節に悩みがある、いつまでも若々しく過ごしたい方は、ヒアルロン酸を補うことが必要です。

「プロテウォーク」は、ヒアルロン酸はもちろん、軟骨形成に重要な新成分“プロテオグリカン”を配合。さらに、おなじみのグルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンもプラス。ヒアルロン酸だけでは満足した効果が得られなかった方も、関節痛改善の高い効果が期待できます。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

どんな時にヒアルロン酸の副作用は起こるのか?

どんな時にヒアルロン酸の副作用は起こるのか?

美容や関節痛の治療として使用されるヒアルロン酸。ヒアルロン酸には、目的に合わせたいろいろな使用方法があります。しかし、使用方法によっては、悩みを改善するどころか、体に害となる副作用が現れることもあります。

いつまでも健康で若々しく過ごすためには、副作用を起こさない使用方法を選択することも必要です。

ヒアルロン酸の使用方法と目的

ヒアルロン酸は、優れた保湿力と高い粘性と弾性をもつ成分です。しかし、残念ながらヒアルロン酸は年齢と伴に減少していきます。40代頃から急激に減少し始めるヒアルロン酸の補給には、次のような方法があります。

ヒアルロン酸を飲む

ヒアルロン酸配合のサプリメントを、経口服用する方法。体内に不足したヒアルロン酸を補い、関節痛の改善や乾燥対策として使用されます。服用のため、全身にヒアルロン酸の効果を届けることができます。

ヒアルロン酸を塗る

ヒアルロン酸配合の化粧水や美容液、クリームを肌に塗布する方法。乾燥した肌を保湿する目的で使用します。乾燥した眼への点眼液にも使用されています。

ヒアルロン酸を注入する

ヒアルロン酸注入剤を注射で体内に注入する方法。関節の軟骨がすり減ったことで起こる関節痛の治療を目的として使用します。また、シワなど、肌のくぼみに注入して、皮膚を盛り上げ、シワを改善するなど、美容整形目的で使用する事もあります。

ヒアルロン酸を服用した場合の副作用

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質ですので、比較的安全な成分と言えます。実際に、ヒアルロン酸服用による大きな副作用は、現時点では報告されていません。

ただし、ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、もともとの量を超えるほどの服用は、肝臓や腎臓に負担となります。ヒアルロン酸だけに限ったことではありませんが、サプリメントで成分を補う場合には、目的に合わせた適量を使用することが大切です。

ヒアルロン酸を注入した場合の副作用

ヒアルロン酸の注入による副作用は、服用や塗布と違い、被害の事例があります。ヒアルロン酸自体は比較的安全な成分とされ、アレルギー反応も起こりにくいと言われていますが、まれにアレルギー反応をおこす場合もあるようです。

現時点では、アナフラキシーショックなどの重傷な症状の報告はありません。ただし、注入した患部の腫れ、炎症、皮膚がボコボコと不自然に盛り上がるなどの副作用や後遺症が起こっています。副作用のなかには、ヒアルロン酸に対してのアレルギー反応だけが原因ではなく、医師による施術の失敗が原因という事例もあります。

ヒアルロン酸を注入するには、医師の技術力や認識力が影響します。ヒアルロン酸注入剤にもいろいろな種類がありますし、注入する場所も適切なところでなければいけません。それらをうまく選択できなかった場合に、患部の症状がよりひどくなることがあります。

ヒアルロン酸を注入する場合は、信頼できる医者を選びましょう。専門の知識のない者や自分での注入は、重い副作用を起こしかねません。

ヒアルロン酸は副作用の心配のないサプリメントで

いかがでしたか。このようにヒアルロン酸の成分自体は体の中にある安心な成分ですが、使用方法によっては副作用が起こるという危険性も理解しておかなければなりません。ヒアルロン酸注入に不安を感じる方には、安心して取り組めるサプリメントをおすすめします。

「プロテウォーク」は、ヒアルロン酸を毎日手軽に補え、関節の形成に必要な成分も配合。また、注目の新成分、プロテオグリカンを始め、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンの相乗効果で、年齢に負けない健康な体作りをサポートします。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝の痛みを改善する、ヒアルロン酸注射のメリット、デメリットとは?

膝の痛みを改善する、ヒアルロン酸注射のメリット、デメリットとは?

うるおい成分のヒアルロン酸の注入。注射するだけという簡単なステップのため、美容目的や医療行為として施術される方が増えているようです。

ヒアルロン酸は、年齢とともに衰える膝関節にも欠かせない存在です。ここでは、膝の痛みを緩和する事を目的とした、ヒアルロン酸注射に注目し、メリット、デメリットを説明します。

膝関節の治療、ヒアルロン酸注射とは

正常な膝関節は、骨と骨の間が関節液で満たされています。関節液の主成分はヒアルロン酸です。ヒアルロン酸は、骨を守る軟骨を形成する役割と軟骨をスムーズに動かす潤滑油の役割があります。

ヒアルロン酸を含む関節液が少なくなり、軟骨がすり減ると、日常動作で痛みを感じる、変形性膝関節症になってしまいます。ヒアルロン酸は特に40歳を過ぎたことから、急激に減少し始めます。60代にはもともと持っていたヒアルロン酸の25%しか残っていないと言います。

その減少したヒアルロン酸を直接膝に注入して、補うのがヒアルロン酸の注射です。ヒアルロン酸注射で関節液が本来の役割を果たすようになり、膝の痛みが改善されます。

ヒアルロン酸注射のメリット・デメリット

ヒアルロン酸の成分自体は保湿力に優れ、高い粘性や弾性により外部ダメージから守ってくれる、すばらしい効果があります。しかし、直接体内に注射で注入する行為にはメリットとデメリットがあります。どちらもしっかり把握しておくことが大切です。

ヒアルロン酸注射のメリット

ヒアルロン酸注射は手術などの外的ダメージがなく、短時間で手軽にできることが大きなメリットです。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する物質なので、比較的アレルギー症状が起こりにくいと言われています。

患部に直接注入するので、効果が現れやすいのは大きなメリットでしょう。

ヒアルロン酸注射のデメリット

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですが、比較的アレルギー症状が起こりにくいというだけで、アレルギー症状がゼロというわけではありません。実際にアレルギー反応が起きた事例はあります。また、注射する患部の状態により、細菌感染し、腫れや痛みといった症状に悩まされる事もあります。

そもそも、体内に注入するヒアルロン酸注入剤は、すべて日本の厚生労働省の認可は受けていません。治療や美容を目的に医者が個人で輸入し、どこのメーカーのヒアルロン酸注入剤を輸入するかどうかは、クリニックにまかされています。ヒアルロン酸にもたくさんの種類があるので、治療に適した種類を選ぶ必要があるのです。

また、ヒアルロン酸の注射は施術する医者の技術も大きく影響します。適切な場所への注入を失敗した時には、より症状がひどくなるというデメリットがあります。

ヒアルロン酸注入剤には、軟骨の再生や、増やすといった効果はありません。ヒアルロン酸は時間の経過とともに、体内に吸収される性質があるので、効果が長くは持続しないというデメリットもあります。

膝の痛みの改善には、サプリメントが安心

いかがでしたか。嬉しい効果のあるヒアルロン酸注射にも、注意すべき点があることが分かりました。ヒアルロン酸自体には、すばらしい効果があります。ヒアルロン酸注射でのリスクに不安を感じる方は、サプリメントで補給する方法をおすすめします。

経口服用による、アレルギーの報告は今のところありません。膝の関節痛には、ヒアルロン酸を始め、軟骨成分の、コンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンも大切です。これらが、すべて配合された「プロテウォーク」は、膝の痛みを改善しながら、安心して続けていただけます。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節の悩みの救世主、ヒアルロン酸サプリを上手に活用しよう!

関節の悩みの救世主、ヒアルロン酸サプリを上手に活用しよう!

日常生活の負担となる関節の痛み、なんとかして改善したいものです。

病院でも関節痛の治療に使われるヒアルロン酸。関節の動きを滑らかにする効果があるのは有名ですが、自宅で手軽に補うことができるサプリメントは魅力的です。

今回は関節痛の改善・予防に効果のある、ヒアルロン酸サプリのメリットと選び方をご紹介します。

ヒアルロン酸サプリのメリット

ヒアルロン酸はもともと体のいたるところにあり、関節では軟骨をスムーズに動かす潤滑油になる大切な存在です。ヒアルロン酸は、40歳ごろから急速に減少するので、足腰の衰えや関節痛などの症状が現れやすくなります。

ヒアルロン酸を毎日サプリで摂取すると、少なくなった体内のヒアルロン酸量を増やすことができます。関節内のヒアルロン酸も増えるので、痛みの原因となる軟骨の損傷や摩擦を少なくし、痛みを緩和します。

少なくなったヒアルロン酸を補うにはサプリが有効です。サプリならではの効果は、次の通りです。

簡単に毎日摂取できる

ヒアルロン酸を多く含む食べ物は、鳥の軟骨、フカヒレ、豚足、魚の目、うなぎ等で、毎日の食卓に並べるには大変むずかしいものが多いです。ヒアルロン酸は年齢と伴に自分で作り出す力も弱くなります。

また、ヒアルロン酸は、体内に取り入れても、時間が経過すると排出されてしまいます。関節痛の改善には継続的にヒアルロン酸を補うことが重要です。毎日適切な量を補え、続けやすいサプリは、ヒアルロン酸補給に効果的です。

体内へ吸収されやすい

食べ物に含まれるヒアルロン酸のほとんどは、粒子の大きいヒアルロン酸です。そのため、なかなか体内に吸収されにくいことが分かっています。しっかりと体内に吸収させるには、小さい粒子のヒアルロン酸が必要です。

ヒアルロン酸サプリとして販売されている多くは、高い技術により、小さい粒子にされています。吸収率のよさからも、ヒアルロン酸はサプリからの摂取が効果的と言えます。

副作用がなく安心

ヒアルロン酸を体内へ取り入れるには、服用、塗布、注入の方法があります。特に関節痛への効果が期待できるのが、サプリメントの服用と注射で関節への注入です。ヒアルロン酸自体は比較的安心な成分ですが、ヒアルロン酸の注入には副作用のリスクもあります。注入する場所のミスや細菌感染により、腫れや炎症が起こり、症状がより重くなるといったケースもあります。

現在のところ、比較的大きな副作用の報告のないサプリからのヒアルロン酸摂取は、リスクが少なく、安心で効果的と言えます。

ヒアルロン酸サプリを選ぶポイント

ヒアルロン酸は、効果の目的に合わせて、他の成分と一緒に摂取すると、より効果を発揮することができます。関節痛の改善を目的としたヒアルロン酸サプリは、軟骨成分であるコンドロイチンとグルコサミンと一緒に取ることがポイントです。

相乗効果で関節痛改善効果をより高めることができます。

関節痛の改善の強い味方、トータルサプリ

いかがでしたか。関節痛改善には、ヒアルロン酸をサプリメントで摂取することが、手軽で安心、更に効果が高いということが、分かりました。

「プロテウォーク」はヒアルロン酸+グルコサミン+コンドロイチン配合。さらに、今までグルコサミンとコンドロイチンで生成していた、注目の新成分“プロテオグリカン”もダイレクトで配合しています。軟骨の主成分すべてを配合したプロテウォークは、今までの成分で満足できなかった方にもおすすめです。

サプリを上手に活用することで、関節の痛みを解消し、いつまでも元気で若々しく過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

明日への元気につながる、ヒアルロン酸の驚くべき効果とは?

明日への元気につながる、ヒアルロン酸の驚くべき効果とは?

最近よく耳にする「ヒアルロン酸」。美肌に効果的と、あらゆる年代に支持される成分です。

ヒアルロン酸には、お肌以外に足腰の衰えや関節痛にも効果があることが分かっています。ここではヒアルロン酸の持つ、さまざまな効果についてご紹介していきます。

ヒアルロン酸の効果とは

ヒアルロン酸は、もともと体の中にあり、私たちの健康を維持する上で、欠かすことのできない成分です。生まれたばかりの赤ちゃんの時は、体内にたくさんのヒアルロン酸をもっています。ヒアルロン酸は、関節、お肌、眼、卵巣を筆頭に全身に含まれています。そのためヒアルロン酸の効果は全身に発揮されています。

しかし年齢と伴に少しずつ減少し、40歳代から急速に減少し始めます。膝や関節痛に悩まされる方が多くなるのもこの年代です。

効果その1.関節痛の解消

ヒアルロン酸は、関節と関節の間の、軟骨に含まれています。ヒアルロン酸は、軟骨を形成し、関節のなかで、動きをなめらかにする役割をしています。関節の中がたくさんのヒアルロン酸で満たされていると、手足はとてもスムーズ動かすことができます。

しかし、加齢や体重などの負担で、クッションである軟骨がすり減ると、骨と骨が直接こすれてしまうので、痛みを感じます。歩き始める時や、立ち上がる時に膝に違和感がある、階段の昇り降りで痛みを感じる等の症状は、骨と骨の間の軟骨がすり減っているのが原因なのです。

ヒアルロン酸には、すり減った軟骨を修正し、関節の動きをなめらかにする効果があります。食事やサプリメント、注射でヒアルロン酸を補うことで、関節痛を解消することができます。

効果その2.美肌作り

ヒアルロン酸には、優れた保水効果があります。ヒアルロン酸自体が大量の水分を抱え込む性質があるからです。そのため、ヒアルロン酸を塗布や摂取すると、みずみずしく、ハリのある美肌を作る効果があります。

効果その3.眼を健やかに保つ

目は身体のなかで、特に水分を必要とする部分です。眼は表面も内側も、ヒアルロン酸の持つ、保水力とクッション性の効果が必要です。点眼薬でヒアルロン酸を補うことで、目の乾燥の防止、かすみ目にも効果があります。

効果その4.更年期障害や生理痛の改善

ヒアルロン酸は女性ホルモンの分泌を正常にする効果があります。その為、自律神経の乱れを整え、更年期障害の症状である動悸や発汗を改善ことができます。生理痛の改善にも、ヒアルロン酸配合のサプリメントは効果的です。

効果その5.動脈硬化の予防

ヒアルロン酸は血液中にもたくさん含まれています。血中のヒアルロン酸が血管の水分量を高くしているので、血管が硬くなることを防ぐ効果があります。食事やサプリメントで、ヒアルロン酸を補うことで、動脈硬化を防ぎ、心筋梗塞や脳内出血のリスクも低くすることができます。

効果その6.細胞の老化防止

ヒアルロン酸は細胞と細胞の間にも存在し、栄養をすみずみまで届けるのに役立っています。また、老化の原因である活性酸素を減らす効果もあり、ヒアルロン酸の摂取は全身の老化防止の効果があります。成人病の予防にも有効です。

ヒアルロン酸よりすごい!新成分“プロテオグリカン”

このように、ヒアルロン酸には、関節痛改善をはじめ、たくさんの嬉しい効果があります。どの効果も、年齢と伴に出てくる悩みに対して魅力的なものです。

しかし最近では、このヒアルロン酸よりもすぐれた成分“プロテオグリカン”が注目を浴びています。プロテオグリカンはヒアルロン酸同様、もともと身体の中にある成分です。関節の軟骨改善、炎症を抑える効果、細胞を再生させる効果が高く、関節痛の改善への期待がより高まっています。

「プロテウォーク」は新成分“プロテオグリカン”を配合した健康食品です。さらに、おなじみのヒアルロン酸、コンドロイチン、グルコサミンも配合。関節の悩みにしっかりと働きかけ、毎日の健康をサポートします。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

健康長寿の秘訣、コンドロイチンとは?

健康長寿の秘訣、コンドロイチンとは?

年を取って、関節など体の節々の痛みに悩んでいる方は多いことでしょう。その痛み、諦めてしまってはいませんか?今からでも、関節の痛みを和らげる方法があります。その方法の1つが、コンドロイチンを摂取することです。

では、コンドロイチンとは一体どんな働きをする成分なのでしょうか?

コンドロイチンとは?

コンドロイチンは今から140年以上も前に、牛の軟骨から発見されました。

当時はコンドロイチンがどんな働きを持っているのか謎とされていましたが、最近の研究で健康の維持には欠かせない成分であることが明らかにされています。コンドロイチンは軟骨の弾力のもとになっている成分で、関節痛に対して素晴らしい鎮痛効果を発揮します。

また、コンドロイチンは関節の他にも私たちの体の様々な部位に含まれており、健康を維持するのに重要な働きを担っています。免疫力の向上や栄養の吸収の補助など、コンドロイチンの働きは多岐にわたります。

コンドロイチンは私たちが生きていくには欠かせないものであり、老化防止のカギでもあるのです。

コンドロイチンの働きとは?

では、コンドロイチンとは実際どのような働きをするのでしょうか。

関節をスムーズに動かす

関節をスムーズに動かす手助けは、コンドロイチンの1番大きな働きともいえます。

私たちの体の関節は、軟骨というクッションでおおわれています。この軟骨のクッションが、関節がスムーズに動くのを助けてくれるのです。
その軟骨に弾力を与えるのがコンドロイチンです。

コンドロイチンが不足してこの軟骨のクッションがなくなってしまうと、骨と骨が直接こすれて痛みを発したり、炎症を起こしたりしてしまいます。関節痛は、適量のコンドロイチンを摂取することで和らげることができます。

また、関節痛の鎮痛効果以外にも、コンドロイチンには他にも様々な効果があります。

免疫力の向上

コンドロイチンは保湿効果を持っているので、喉や鼻の粘膜の湿度が保ち、ウイルスや細菌の侵入を防ぐ手助けをします。

粘膜にとって湿気とは大切なものです。逆に、粘膜が乾燥してしまうと病気にかかりやすくなってしまいます。

栄養を送り届ける働き

コンドロイチンは細胞に栄養を送り届ける働きを持っているため、摂取することによって栄養の運搬がスムーズになり、細胞の働きが活発に保たれます。

コンドロイチンが不足すると細胞に十分な栄養が立ち行かなくなり、細胞が栄養不足の状態となって代謝が落ち、それが老化へとつながってしまいます。

美容効果

コンドロイチンには優れた保水力があるので、肌の水分を保ち、ぷるぷるの潤いとハリのある肌の形成を助けてくれます。

このように、コンドロイチンは関節のスムーズな動きだけでなく、免疫力の向上や美容にまで効果があります。
コンドロイチンとは、私たちが健康な肉体を維持するのに欠かせない成分なのです。

コンドロイチンを摂取する方法とは?

身体の健康の維持には欠かせないコンドロイチンですが、もともとは体のなかで作られる成分です。

しかし、加齢とともに体内で作られる量は減っていってしまうので、食べることで足りない分を補う必要があります。コンドロイチンが含まれる食材には、納豆や豚足やサメの軟骨、オクラなどがあります。

また、食材以外にも、健康食品を通じて摂取するという方法もあります。

コンドロイチンを手軽に取り入れたい方に

コンドロイチンを手軽に取り入れたいと思っている方におすすめなのが「プロテオウォーク」です。

「プロテオウォーク」を飲むことで、手軽に必要な量のコンドロイチンを摂取することが可能です。今、関節痛に悩んでいる方も、健康的な老後を送りたいと思っている方も、ぜひ一度「プロテオウォーク」をお試しください。