月別アーカイブ: 2015年2月

関節痛(膝・股関節)への対処法_アイキャッチ画像

関節痛(膝・股関節)への対処法

ケガや病気によって関節痛を引き起こすこともありますが、加齢による「変形性膝関節症」が最も多いとされています。関節痛によって日常生活に制限がかかってしまうと、気分まで落ち込んでしまうものです。

そんな辛い痛みをやわらげるために、関節痛(膝・股関節)の対処法をご紹介します。

膝の関節におこる関節痛:医療機関での治療

病院などの医療機関で行う治療法は大きく分けて2つ、手術をする「外科的療法」と、手術をしないで別の治療を行う「保存的療法」があります。すぐに手術をする場合よりも、まずは保存的療法で治療を行い、それでも痛みが強い場合などに手術を検討する場合が多いようです。

手術をしない保存的療法にはいくつかの治療方法があります。

薬物療法

膝の炎症をおさえ、痛みを和らげる薬が一般的です。飲み薬だけではなく、湿布のような外用薬や注射などもこれに分類されます。

装具療法

サポーターや足底板(インソール)、杖を使うことで、日常の動作がしやすくなります。痛みのある膝への負担を減らし、関節痛を和らげます。これらは、自分に合ったものを使うことがとても大切です。

温熱療法

痛みがある部分を温め、血液の流れをよくします。この血液の流れにのって、痛みのもととなる物質が取り除かれやすくなるのです。また、関節の周りにある筋肉のこわばりをとることで骨や軟骨への負担が減ります。サポーターには、もともとこの保温効果もあります。

運動療法

関節痛のある部位だけではなく、全身を動かすことで、関節の周りの筋肉や骨を強くします。また、運動を続けることで肥満の解消にも繋がり、膝へかかる負担が減ります。運動療法は痛みが落ち着いたときに行いましょう。

家庭でもできる温熱療法

医療機関で行われるものよりは効果は下がりますが、温熱療法は入浴の時間やカイロなどを利用することで、家庭でも手軽に行うことができます。また、夏場でも冷房などで膝が冷えている場合もあるので、膝掛けなどを用意して冷えないように注意しましょう。

温めるよりも冷やしたほうがいい場合

矛盾しているようにきこえますが、関節痛には冷やした方がいい場合もあります。それは、急に関節に強い痛みが出たり、腫れて熱を持っている場合です。このような関節の急性の炎症は、ケガなどで起こることが多く、その対処としては冷やし、熱を取ることが効果的と言われています。

股関節痛の原因

膝関節痛の場合と同様に、まずは股関節痛の原因を知ることが大切です。痛みの原因はさまざまですが、大きく3つに分けられます。

  • 姿勢の悪さからくる骨盤のゆがみ
  • 怪我による股関節やその周囲の外傷
  • 変形性股関節症や関節リウマチなどの病気

股関節の痛み

股関節は、股関節は身体の中で最も大きな関節で、太もものと骨盤の骨とのつなぎ目です。そのため、骨盤がゆがむとそれにともなって、股関節に痛みが生じるのです。
骨盤のゆがむ原因は、姿勢の悪さが大きく関わっています。

姿勢が悪いと、しっかりと体重を支えることができず、偏った状態で股関節に負担がかかります。それによって、軟骨がすり減ったりするので、結果的に骨盤がゆがみます。

医療機関での治療と日頃からできる対処法

整形外科での治療は、コルセットなどを利用して姿勢をよくし、重心を正しい位置に戻すのが基本となります。ゆがんでいる骨盤全体にコルセットを巻くことで、腰が固定されます。腰が固定されると、股関節にかかる負担が減って、痛みが和らぐのです。

意識することで習慣も変わる

姿勢をなおして、すぐに正しくすることは簡単ではありません。毎日の生活習慣が影響し、クセになっているからです。しかし、よい姿勢を意識して毎日続けることで、少しずつ改善することはできます。

特に、関節痛で悩んでいる人は注意が必要で、無意識に痛みのある部分をかばっていることがあります。

毎日の積み重ねが大事

膝や腰の関節痛の対処からわかるように、日々の運動など、生活習慣が健康に大きく関わっていることがわかります。同じ一日を過ごすなら、誰もがより健康的な生活を望んでいます。しかし、毎日続けるのが難しいと感じている人も多いのではないでしょうか?

そんなときに利用していただきたいのが、手軽に継続できるサプリメントです。健美の郷のプロテウォークは、軟骨の主成分を補うことができます。膝や股関節の痛みに対処して、これからも元気で楽しい毎日を過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

つらい関節痛にまずはサプリメント_アイキャッチ画像

つらい関節痛にまずはサプリメント

年齢を重ねると、多くの人が関節痛で悩んでいます。関節痛は、加齢によりクッションの役割を果たす軟骨がすり減ったり、十分に修復されなくなることで起こります。

軟骨の成分を毎日の食事から十分に摂るのは簡単ではないため、年齢とともに減っていく軟骨の成分は、サプリメントで意識的に補いましょう。

サプリメントだからできること

なぜ関節痛に効く成分をサプリメントで補う必要があるのでしょうか?

それは、軟骨成分が年齢とともに減少してしまうものだからです。関節痛に効く軟骨の成分は食材などにも含まれていますが、含まれている量が少ないため、食事からすべてを摂ることは簡単ではありません。

そのため、関節痛には必要な成分をしっかりととることができるサプリメントが効果的だと言えるのです。加齢による軟骨の減少が避けられないからこそ、足りなくなったものは意識的に補う必要があります。

関節痛に効くサプリメントに含まれている成分

軟骨は「水分」と「コラーゲン」、「プロテオグリカン」、「軟骨細胞」でつくられています。そのため、基本的に関節痛のサプリメントで補うのは、これらの成分、もしくはこれらをつくる成分ということになります。

一般的にサプリメントに含まれている主な成分には、「グルコサミン」「コンドロイチン」「コラーゲン」「ヒアルロン酸」があります。

グルコサミン

関節痛のサプリメントでよく見かける成分なので、知っている方も多いと思います。グルコサミンは、アミノ糖の1つで私たちのからだで合成され、関節や肌などに存在しています。グルコサミンは、関節軟骨の再生や修復だけではなく、関節の炎症を抑える効果があります。

さらに、グルコサミンは、軟骨を構成する最も基本となるプロテオグリカンやコンドロイチン、ヒアルロン酸をつくる材料となります。

コンドロイチン

コンドロイチンは、関節軟骨を構成するプロテオグリカンの中にあるもので、グルコサミンが材料となっています。水分が失われるのを防いだり、痛みの根本原因となる発痛物質を引きつけて排出することで、痛みをおさえる働きがあります。

コラーゲン

軟骨を構成している成分のひとつです。骨以外にも皮膚や血管にも存在し、多様な働きをします。化粧品、医薬品などにも配合されていることが多く、保湿効果も高いです。

ヒアルロン酸

関節痛の治療のひとつに「ヒアルロン酸の注射」があることからもわかるとおり、ヒアルロン酸には関節をスムーズに動かす潤滑油の働きがあります。関節液にヒアルロン酸を注入することで、軟骨の破壊を防ぎ炎症をおさえることができます。

注目成分プロテオグリカン

関節痛には上記の4つ(「グルコサミン」、「コンドロイチン」、「コラーゲン」、「ヒアルロン酸」)が主流でしたが、軟骨の成分である「プロテオグリカン」がいま注目を浴びています。

高純度で大量に抽出できるようになったことで、サプリメントに含むことができ、より効率的に摂れるようになりました。さらにプロテオグリカンには、関節痛だけではなく、高い保湿力や炎症を抑える効果もあります。

サプリメントを活用しましょう

ドラッグストアや通信販売などでは、多くのサプリメントが販売されています。関節痛に効く成分で何が含まれているのか、相乗効果のある成分が含まれているか、などを確認してみましょう。コンドロイチンは、グルコサミンと一緒に摂ることで相乗効果が期待できます。

健美の郷のプロテウォークは、軟骨の主成分であるプロテオグリカン、コラーゲン、ヒアルロン酸とともにグルコサミン、コンドロイチンも含まれています。年齢とともに減っていく軟骨の成分を、手軽なサプリメントで補って、つらい関節痛に対処しましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛に効く薬って?

関節痛に効く薬って?

関節痛に使用される薬には、飲み薬や注射などいろいろなタイプがあります。それぞれに長所と短所があるので、薬の特徴を理解したうえで、症状に合った薬を選びましょう。今回は、薬の種類とその特徴を簡単にご紹介します。

関節痛に効く薬

関節痛の原因はさまざまですが、そのもとは「関節内におきる炎症」であることで共通しています。そのため、関節痛には消炎鎮痛剤(炎症をおさえて、痛みを和らげる)の内服薬や湿布薬が効果的です。

内服薬

内服薬は口から体内に飲み込むタイプの薬で、からだの内側から関節痛をサポートします。錠剤、粉末剤、シロップ剤などがあります。主に胃や腸で溶け、十二指腸や小腸で吸収されます。

関節痛には非ステロイド系の「消炎鎮痛剤(炎症をおさえて痛みを和らげる)」が一般的です。

内服薬の長所

湿布などの外用薬よりも関節痛に効果があります。また、消炎鎮痛剤は関節痛以外の痛み(頭痛や腹痛など)にも効果があるので、痛みが複数ある場合にもいいでしょう。他の薬に比べて錠剤やカプセル剤は飲みやすく、持ち運びにも便利といった特徴もあります。

内服薬の短所

内服薬は痛みをおさえる効果が高い反面、副作用にも少し注意が必要です。胃や腸に負担がかかることもあるので、胃腸薬とともに処方されることもあります。そのため、内服薬をドラッグストアなどで購入される場合は注意書きをよく読んで、用法・容量をしっかり守る必要があります。

他の薬との飲み合わせによっては、効果に影響がでる場合もあるので、心配な場合は医師に相談するのがいいでしょう。

外用薬

皮膚から薬を吸収させる外用薬には、湿布、軟膏、クリームなどがあります。関節痛では湿布が代表的です。皮膚に貼り付ける、塗りつけた部分から薬の成分が吸収されます。内服薬と同じ成分ではあることがほとんどです。

急な強い関節痛や熱を持って腫れているときは冷感タイプを、冷えや関節まわりの筋肉が張って痛いときは、温感タイプを選ぶとよいでしょう。

外用薬の長所

外用薬は、ゆっくり吸収されて長く効きます。また、関節痛のような局所的なものにも効果的です。また、使用法がとても簡単で、かつドラッグストアでも手に入れることができるので、非常に手軽です。重い副作用の心配も少なく、長期間の使用も可能です。

ただし、市販薬では関節痛に効く成分の配合量が少ないため、医師が処方したものほどの効果はありません。

外用薬の短所

外用薬の短所は、薬を塗った範囲にしか効果が及ばず、効き目も内服薬に比べると小さいので、重い症状に対しては他の治療と併用したりする必要があります。人によっては肌がかぶれることがあります。

汗をかくと湿布でかぶれやすくなるので、注意が必要です。

座薬

座薬とは、肛門から挿入して使う薬です。薬の成分は胃酸などの影響を受けずに直腸から吸収されるため、内服薬より効き目が強いのが特徴です。口から薬を飲むことが難しい場合にも使えるので、関節リウマチの痛みにも坐薬が使われることがあります。

座薬の長所

即効性があり、内服薬より効果が強いという特徴があります。また、胃や腸に負担がかからないので、胃腸障害などがあって内服薬が使えない場合によく使われます。

座薬の短所

座薬は慣れないと使いにくさがあります。また、痔や直腸に炎症がある人は使うことができません。

薬物注射

関節痛に効く注射には、「ヒアルロン酸」と「ステロイド剤」の2週類あります。一般的に、内服薬や外用薬を使用しても痛みに効かない場合に選択されます。

これらは医師の診断によって行われますが、他の薬と同じように、注射薬の長所や短所をしっかりと理解したうえで治療に望みましょう。

薬だけじゃない、関節痛に効くサプリメント

関節痛には様々なタイプの薬がありますが、これらは基本的に関節に痛みがでてきてから使用するものです。サプリメントなら、日常の食事などから補うのが難しい栄養成分を補うことで、現在の健康状態を維持・向上することができます。

そこでご紹介したいのが、健美の郷「プロテウォーク」です。関節で重要な役割を果たしている関節軟骨、その主成分がすべて含まれているのが「プロテウォーク」です。からだに必要なものを補いながら、健康で楽しい日々を過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛の痛みに悩んだら_アイキャッチ画像

関節痛の痛みに悩んだら

健康のために歩いたら膝が痛む、久しぶりに運動をしてから足首が痛い。いつからかわからないけど、腰が痛い。年を重ねるほどに多くなる関節の痛みには、どう対処したらいいのでしょうか?

まずは原因を特定しましょう

関節に痛みを感じた時には、その痛みの原因を正しく理解することが大切です。年だから仕方がないと、原因も分からないうちから湿布や痛み止めなどで一時的にしのいでいると、症状が悪化してしまう場合があります。

また、何らかの病気の症状として現れている場合もあるので、関節の痛みによって生活に支障をきたしているときは、早めに病院を受診しましょう。

セルフケアできる場合

関節に痛みがある場合でも、セルフケアできる場合もあります。それは、関節の痛みが少し程度で、一時的な場合です。不安な場合は、医師や専門家に相談してから行いましょう。

考えられる原因と日常生活での対処法

関節の痛みに、日常生活のなかでできるセルフケアをご紹介します。

過労による関節の痛み

過労によって関節が痛むことがあります。この場合、初期の風邪のように、微熱や身体のだるさをともなうことがあります。睡眠を十分にとったり、栄養バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

からだの冷え

寒いと膝が痛む、といったことを聞いたことがあるように、関節痛の人は夏に痛みが軽くなり、冬に痛みが強くなる傾向があります。そのため、関節は冷やさないことが大切です。冬の時期だけではなく、夏の冷房にも注意しましょう。

室内であっても冷房のあたる頭や首、腕などに影響がでる場合があります。カーディガンなどで温度調節ができるといいでしょう。

身体のゆがみ、姿勢の悪さ

猫背など姿勢の悪さよってからだのゆがみが起きます。特に女性はO脚、X脚が原因で関節が痛みます。正しい姿勢を保ちましょう。

なかなか関節の痛みが改善しない場合は、すでに関節の骨がすり減ったり変形してしまっていたり、関節リウマチなどの病気であることも考えられます。セルフケアを続けず、病院などで専門家の診断を受けましょう。

関節の働きを助けるアイテム

生活習慣の改善だけではなく、生活の中でうまく取り入れることで関節の痛みを和らげたり、予防したりすることができるものもあります。

サポーター

サポーターは怪我をしたときに装着するイメージがありますが、それだけではありません。サポーターは関節を覆うため、関節の動きが安定して楽に動かすことができます。さらに保温効果のあるものを利用すると、冷えによる関節の痛みもやわらげます。

市販品にはいろいろな種類やサイズがあるので、自分の関節痛の程度・目的に合ったものを選ぶことが大切です。

サプリメント

関節の痛みに大きく関わるのは、骨と骨との間でクッションの役割をする関節軟骨です。この関節軟骨の成分はプロテオグリカン、コラーゲン、ヒアルロン酸などです。これらは年齢とともに体内で作る能力が下がってしまうので、意識的に摂取することが重要です。

しかし、普段の食事から関節の働きを助ける成分を摂ることは簡単ではありません。そんなときには、関節軟骨の主成分が含まれたサプリメントがおすすめです。

関節の痛みに悩まず、快適生活を

関節の痛みは多くの人を悩ませます。健康のために運動をしても、軟骨がすり減り、関節の痛みで思うように身体を動かすことができなくなる人も多くいます。そんな悪循環に陥らないためにも、日頃から健康維持の習慣を取り入れましょう。

健美の郷のプロテウォークは、軟骨の主成分であるプロテオグリカンなどが含まれています。手頃なサプリメントを生活に取り入れて、これからも健康な快適生活を送りましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛の原因を知ってますか?_アイキャッチ画像

関節痛の原因を知ってますか?

関節痛はさまざまな原因によって起こります。原因を知らずに、自己判断で湿布や薬などに頼っていませんか?一時的に痛みは軽くなるかもしれませんが、根本的な問題解決にはなりません。関節痛を悪化させないためにも、関節痛の原因を理解して、適切に対処しましょう。

関節痛とは?

関節は骨と骨とのつなぎ目の部分です。関節には、骨と骨が直接ぶつかってしまわないように、クッションの役割をもつ柔らかい関節軟骨が存在しています。しかし、何らかの原因によって関節が炎症を起こし、痛みが生じる症状を関節痛と言います。

また、痛みがあるので身体を動かさなくなるため、関節の周りの筋力が衰えてしまいます。その状態から無理に関節を動かしてしまうと、逆に痛めてしまう危険性もあるのです。痛みを感じることなく、しっかりと曲げ伸ばしができて、体重を支えることができる関節が理想的です。

関節痛の原因

関節痛は一般的に加齢によって起こることが多いですが、それだけが関節痛の原因ではありません。体重の増加などで関節への負担が大きくなった場合や、からだのゆがみ、激しい動きが原因になることもあります。

その中でも、関節痛の原因として最も多いものが、変形性関節症です。

日本人に最も多い変形性関節症

関節痛が起こる原因として、最も多いものが変形性関節症ですが、これは加齢により発症しやすくなります。年齢とともに、骨と骨との間のクッションの役割をする軟骨がすり減ったり、欠けたりします。そのすり減った軟骨が刺激となることで炎症を起こし、痛みや腫れが発生するのです。

特に、体重を支える負担が大きい関節でなりやすいので、膝や股関節は注意が必要です。変形性関節症の初期の段階では、痛み止めや湿布などで一時的に症状が落ち着くことがありますが、この状態を放っておくと関節の変形が起こります。

一度関節が変形してしまったら、元の状態には戻ることはありません。そのため、膝や股関節に違和感や痛みを感じた場合は、自己判断せずに病院に行くなどして、医師や専門家の診断を受けるといいでしょう。

関節リウマチ

変形性関節症に次いで関節痛の原因に多いのが、関節リウマチです。女性に多い自己免疫疾患のひとつと考えられていますが、まだはっきりと原因がわかっていません。

自己免疫疾患とは、通常は風邪の原因となるウイルスや細菌などの侵入を防ぐ機能をもつ免疫が、何らかの原因で過剰に働き、自分のからだの一部を攻撃してしまうことです。これが関節で起きると、関節の組織が破壊されて痛みや腫れに繋がります。

朝起きたときの手足の指のこわばりや、腫れなどの特徴的な症状があるので、覚えておくといいでしょう。他の症状と区別し、早い段階で適切な治療を受けることが重要です。

関節痛の原因となる生活習慣

関節痛は、さまざまな原因がいくつも重なって起こることも多いです。特に生活習慣とは密接な関係にあります。

肥満

太っていると、体重を支える膝や股などに負担が大きくなります。特に、膝は全体重のほとんどを支えています。食生活や運動などの見直しが必要です。

運動不足

関節の周りの筋肉が衰えると、関節の負担が大きくなります。しかし、最近はスポーツを始めた中高年で関節痛を起こす人も増えています。すでに軽度の変形性関節症を起こしていることを知らずに運動を続けると、症状を悪化させてしまうので気をつけましょう。

O(オー)脚

O膝のように膝が外側に曲がっていると、内側の軟骨がすり減りやすくなります。姿勢をよくするなど、日常生活の中で意識してくことが大切です。

関節痛に適切な対処+サプリメント

関節痛の原因を正しく理解したら、対処法にプラスしてサプリメントがおすすめです。関節痛の原因はさまざまですが、ほとんどが関節軟骨がすり減ってしまうことで起こります。プロテオグリカンはこの関節軟骨の修復を助けるので、関節痛をやわらげる効果があります。

プロテオグリカンの他にも関節軟骨の成分が配合された「プロテウォーク」で健康な毎日を過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました