月別アーカイブ: 2015年3月

膝痛予防~ロコモティブシンドロームを防ぐために~

膝痛予防~ロコモティブシンドロームを防ぐために~

中高年になってくると体の悩みも増えてきます。その中でも、「膝痛」に苦しんでいる方は1000万人を超えるとも言われています。

患者人口が増加するということは、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)の増加にも繋がっています。元気で動き回れる体を維持していくために、まずは膝痛予防が大切です。

膝痛予防を考える

中高年の膝痛の殆どは、変形性膝関節症という病気です。膝関節の軟骨が、加齢や肥満などにより磨り減って、骨が接触して炎症を起こしたり、骨の位置がずれて変形し、膝が痛くなる病気です。

最初は違和感を覚える程度ですが、次第に、日常生活にも支障をきたしてくるようになります。

また、女性は特に、閉経時のホルモンバランスの乱れなどで骨が弱くなったり、男性よりも筋肉量が少ないので、膝に負担がかかり易い等の理由で、男性よりも患者数が多くなる傾向にあるようです。では、膝痛予防は、どうしたらいいのでしょうか

膝痛予防その1「歩き方」

膝痛予防の基本は、「歩き方」です。背筋を伸ばし、腕をちゃんと振り、膝を伸ばし踵から着地するという正しい歩き方を意識することが大切です。

正しい姿勢で歩くことで膝周りの筋肉が鍛えられ、膝痛の予防につながります。若い方でも、膝を曲げて歩く傾向が増えていると言われています。まずは、自分の歩き方を確認してみましょう。

膝痛予防その2「運動」

ウォーキング、ジョギング、スイミングといった、有酸素運動が有効です。これに、腰の筋肉、膝上部の筋肉、膝の内側の筋肉を鍛える、ストレッチを付け加えると効果的です。「運動」と構えてしまうと、億劫だったり、続かなかったりしがちです。

膝痛予防のために、例えばエレベーターやエスカレーターは使わずに、階段を積極的に使うとか、電車やバスの待ち時間につま先立ちするなど、普段の生活の中の「運動」を意識付けすることから、始めましょう。

運動することを習慣化することが、膝痛予防には大切です。膝痛の一因である肥満の防止や解消にも有効です。

膝痛予防その3「食事」

栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが、健康全般に言えることですが、膝痛予防についても大切なことです。

5大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル)、食物繊維を基本に、カロリーや糖分を意識した食事を摂るようにしたいものです。もちろん肥満予防・解消にもつながります。

ロコモについて

「ロコモ」とは、「ロコモティブシンドローム」の略称で日本語では、「運動器症候群」といいます。最近テレビや新聞・雑誌等でよく目にするようになった言葉です。

筋肉、関節、軟骨等の運動器や神経系に支障をきたし、立ったり歩いたりといったことが困難になってきて、やがて介護が必要になったり、寝たきりになったりすることを指します。メタボと同様に、健康寿命を維持する上で、注目されています。

ロコモは、高齢者に限ったことではなくて40代でもかなりの方が、ロコモの疑いがあると言われています。そのため、膝痛予防とも深く関わりがあります。

階段の昇り降りの時に、膝に違和感があったり、腰のだるさがとれなかったりなどといったロコモにつながる症状が、中年にさしかかると増えてくるためです。ロコモの予防は膝痛予防と重なります。

中年の方で最も多い膝痛予防を考えることが、ひいては介護が必要になるまで動けなくなることを、予防することに繋がります。また、介護問題は、社会問題の一つでもありますので、その予防は真剣に考えたいものです。

膝痛・ロコモ予防の強い味方

膝痛・ロコモ予防で最近注目されているのが、「プロテグリカン」という成分です。タンパク質の一種で、皮膚や軟骨に多く含まれ、水分を保持する機能があり、骨や筋肉の細胞の増殖や形成を助けてくれます。

そのプロテグリカンを中心に、コラーゲン、グルコサミン、ヒアルロン酸、、コンドロイチンを配合した健美の郷の「プロテウォーク」は、膝痛予防、ロコモ予防の強い味方として、あなたの健康ライフを助けてくれます。

このような有効成分を含む健康食品の使用も、膝痛・ロコモ予防の、有効な手段の一つと言えるでしょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝が痛い時どうすればいいの?

膝が痛い時どうすればいいの?

年齢を重ねると、膝の痛みが増えてきます。立ったり座ったりもつらいほど、膝が痛い時や階段の昇り降りに膝の痛みを感じる、長時間歩くと膝が痛い時がある、といった症状を感じる。そんな中高年の皆さんの、膝が痛い時の対処法をご紹介します。

膝の痛みの原因

膝の痛みはなぜ起こるのでしょうか。膝の痛みを感じる中高年の方で、最も多いのが「変形性膝関節症」と呼ばれるものです。骨と骨が接触しないようにする為に、膝には関節軟骨があります。

この軟骨が、加齢によりすり減ったり、筋肉の衰えにより負担がかかるために、骨と骨が接触しやすくなり、炎症を起こしたり、骨の位置がずれたりして膝の痛みが生じてくる病気です。膝に違和感を覚え、やがて痛みを伴うようになります。

さらに進行すると、膝に水が溜まったり、膝が変形して、日常生活に支障がでてきます。又、O脚や肥満も原因と考えられています。

膝が痛くなったら

では、膝が痛い時はどうすればいいのでしょうか。専門的な対処法はたくさんあると思いますが、ここでは自分でできる膝痛対策を、ご紹介したいと思います。

運動の習慣をつける

膝が痛い時は、動くのがおっくうになったり、無理に動かすと余計悪化しそうで、つい膝を過保護にしてしまいがちです。

しかし、膝を動かさずにいると、膝周りの骨や軟骨、筋肉等がだんだん弱ってきて、逆に悪化してしまうので、適度に動かすことが大切になってきます。ただ、注意したいのは、膝が痛い時は運動のやり過ぎは禁物ということ。

痛みの少ない範囲で、筋力のトレーニング、ストレッチ、ウォーキング等の全身運動を、まんべんなく取り入れて継続していくことが大切です。痛みや違和感を覚えたら、無理をせず休みましょう。

食生活の改善

膝痛の原因として、肥満で膝に過度の負担がかかって膝が痛い時や、栄養素の不足や偏りによる骨・軟骨・筋肉の弱体化が上げられます。いずれも食生活を見直すことで、膝痛改善につながります。

肥満の解消

肥満は、膝痛のみならず、あらゆる病気の原因です。ダイエット方法はたくさんありますが、食生活で重要なことは、栄養バランスの取れた食事を、規則正しくいただくということに尽きます。

よく言われることですが、揚物やジュース・お菓子等の高カロリーの食品のとり過ぎや、米や麺類等の炭水化物類の食べ過ぎは勿論、早食いや寝る直前の飲食等は、慎みましょう。暴飲暴食などもってのほかです。

膝が痛い時に限らず、健康全般に関わることなので、ここで自分の食生活を見直すことは、後の健康ライフを送る上でも、非常に有効だと考えられます。

栄養を考えた食事

栄養を考えると、やはり5大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル)を、バランスよく摂取することが重要だと言えます。また、食物繊維も欠かせないものですね。

膝が痛い時に関して言えば、骨の健康を維持するために、カルシウムはかかせません。そのカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンK、カルシウムの排泄を防ぐ、カリウムが必要になってきます。

また、リンやマンガンといったミネラル分も、骨の形成には重要です。カルシウム吸収を助けてくれるビタミンDは、日光に当たることで体内でつくられます。

そして、筋肉をつくるためには、タンパク質が必要です。良質のタンパク質を含む食品を、偏らないように摂りたいものです。

膝が痛いときは

膝が痛い時を少しでも和らげるために、上記の基本的なことを実践すると同時に、有効な成分を含む健康食品を摂ることも、対策のひとつとして考えられます。今、最も注目されている成分「プロテオグリカン」をご存知でしょうか。

鮭の鼻軟骨から抽出される成分で、細胞と細胞の間に入り込み細胞の再生や増殖を助けて、軟骨や骨、筋肉などの形成をサポートしてくれます。

この成分を中心にコラーゲン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンを配合した、健美の郷の「プロテウォーク」という製品が今、多くの皆様に支持されています。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛に効果的なツボを紹介します

膝痛に効果的なツボを紹介します

膝は身体の体重を支えていることから、常に負荷がかかる関節となります。そんな膝の負担からくる膝痛を、少しでも和らげるためのツボが膝周辺に集中しています。そのツボを刺激することで、膝痛を和らげるポイントをご紹介します。

膝の痛みを和らげるツボ

膝にはたくさんのツボが集中しています。膝周囲にあるツボを刺激することによって、膝の痛みを和らげることができるといわれています。

ツボを押すことで筋肉の緊張を取りほぐし、血行をよくすることが出来るからです。膝痛を緩和できるいくつかのツボを紹介します。

膝周辺にあるツボ

・内膝眼(うちしつがん)と外膝眼(そとしつがん)

ツボのある場所:それぞれ膝の皿の直ぐ下、内側と外側にあるくぼみに位置します。

押し方:床に座り痛い方の膝を軽く立てて、両手の親指を使って同時に両方のつぼに当ててゆっくり押していきましょう。

・足三里(あしさんり)

ツボのある場所:足の表側で向こうずねの縁の少し外側、親指をすねに当てたときに小指が当たるところに位置します。

押し方:親指の先で強くすり込むように押しこみます。

・委中(いちゅう)

ツボのある場所:膝関節の裏側、シワの真ん中に位置します。

押し方:両手で膝を包むように持ちながら、両手の中指で軽く押します。

膝周辺以外にもあるツボ

・湧泉(ゆうせん)

ツボのある場所:足の裏にある「人」の字状の筋の交点の内側にできるくぼみに位置します。

押し方:親指で強く刺激します。指を使っても結構ですが、青竹やゴルフボールを利用すると便利です。
 
・失眠(しつみん)

ツボのある場所:足の裏にあるかかとの中央に位置します。

押し方:げんこつでトントンとたたくか親指で強く押してあげましょう。理想の速さは自分の脈のペースです。

ツボ押しに共通する押し方

ツボを押す力は基本的に押していて「気持ちがいいと思える強さ」です。強く押せば良いというものではなく、力の感じ方は人によっても違うので自分自身で判断してみてください。

また、ツボを押す時間は、息を吐きながらゆっくり5秒ほど押し、息を吸いながらゆっくり5秒ほどかけて指の力を抜いてください。それぞれの箇所で5~10回を目安に繰り返してください。

回数はその日の体調によって加減しても構いません。とにかく、リラックスした状態で押すようにしましょう。

ツボを押してはいけないタイミング

ツボには押しては行けない場合があります。お酒を飲んだときや高熱のとき、安静が必要なときはツボを押してはいけません。また伝染病にかかっていたり、悪性腫瘍がある場合もやめてください。

膝がかなり痛むときやツボ治療を行っていてもむしろ痛みが酷くなっている場合など、体調が悪くなったと感じたらすぐに治療を中止してください。

ツボ押しは続けて実践しましょう

膝痛に効果のあるツボ押しはあくまで自然治癒力を手助けする役割なので、治療後はすぐに効果が出るというよりしばらく続けることで効果が現れてくるものです。いつの間にか痛みが緩和されていると感じれば、ツボ押しが聞いている証拠です。

ツボ治療についてよく理解した上で運動などによる治療と平行し、普段の生活にツボ治療を取り入れて実践してみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛を治療する、薬のあれこれ

膝痛を治療する、薬のあれこれ

40代を過ぎると、膝痛でお悩みの方や予備軍が増加するデータがあります。運動不足、加齢により減少した関節液が原因のようですが、いつまでも元気に過ごしたいもの。

現在、膝痛の治療に使われている薬には、さまざまな種類があり、症状や体質に合わせて選ぶ必要があります。ここでは、膝痛治療薬の種類、効果、副作用についてご紹介します。

膝痛治療薬の療法の種類

膝痛治療薬の療法には、以下の種類があります。

外用薬

湿布、軟膏、クリーム、ローションなど、直接患部につける薬。病院で処方してもらう以外でも、薬局などで市販されており、入手しやすい。

内服薬

錠剤や粉薬などの、口から飲む薬。市販もされているが、医師により処方してもらうと、より安全。

座薬

肛門や膣から挿入する固形の薬。市販もされているが、医師により処方してもらうと、より安全。

薬物注射

膝関節に注射器を使って直接薬を入れる治療法。薬の種類は、ステロイド剤とヒアルロン酸。医師による処置が必要。

膝痛使用の外用薬 効果・副作用について

膝痛の外用薬には、“非ステロイド性抗炎症薬”といって、炎症を抑えることで、痛みを和らげる効果のある薬が使われます。患部に直接貼ったり、塗布したりするので、手軽に使用することができます。

痛みを抑える効果は穏やかですが、副作用がほとんどないので、長期使用できるのもメリットです。湿布の場合には、かぶれが副作用としておこることがあります。患部に直接つける薬なので、効果はつけた範囲のみになります。

膝痛治療の内服薬 効果・副作用について

膝痛の内服薬には、“非ステロイド性抗炎症薬”が使用されます。炎症を抑え、痛みや腫れを和らげる効果があります。体内で抗炎症作用が働くので、外用薬よりも高い効果があります。

ただし、口から飲む薬なので、胃炎などの副作用があり、胸やけや食欲不振など症状がおこることがあります。

膝痛治療の座薬 効果・副作用について

膝痛の座薬には、“非ステロイド性抗炎症薬”が使用されます。炎症を抑え、痛みや腫れを和らげる効果があります。内服薬より効果が高く、早く効くのが特徴です。

また、胃腸を通過しないので、胃炎などの副作用が起こらないのがメリットです。ただし、慣れるまでは、使用しにくいのがデメリットと言えます。

膝痛治療の薬物注射の効果と副作用

膝痛の薬物注射に使用する薬には、ステロイド剤とヒアルロン酸の2種類あります。薬剤によって、その効果と副作用は大きく異なります。症状や目的に応じた治療を選択する必要があります。

ステロイド剤

ステロイド剤による膝痛治療は、外用薬・内服薬と比べて、炎症を抑え、痛みを抑える効果が非常に高いです。その為、副作用も強いため、慎重に行われる治療法です。ステロイドとは、もともと自ら作っているホルモンで、副腎で分泌されています。

外部から、ステロイドが投与されると、副腎の機能が低下する事態になることがあります。ホルモン分泌のバランスが崩れ、腎不全となり、重篤な副作用が起こります。

長期使用されると、動脈硬化、高脂血症、不整脈、副腎不全などの症状が起こりやすくなります。

また、大量のステロイド剤による治療は、感染症、糖尿病、精神障害などの副作用を引き起こることがあります。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸を注入する膝痛治療の効果は、炎症を抑え、痛みを和らげるだけでなく、軟骨の破損を防ぐ効果があります。

関節をスムーズに動かすために必要な、関節液の一つであるヒアルロン酸を補うことで、炎症や痛みを改善するので、副作用がほとんどないのも特徴です。

薬とは違う、副作用のないサプリメント

薬による膝痛の治療には、それぞれメリットとデメリットがありました。効果が期待できるほど、副作用により本来の健康が阻害されるデメリットが大きくなるのも事実です。膝痛の状態に合わせた、適切な治療を行う必要があります。

膝痛の予防・改善として、副作用のないサプリメントがあります。年齢と伴に減ってしまう関節液の成分をサプリメントで補うことで、スムーズな膝の動きに導きます。

「プロテウォーク」は関節液の主成分である、プロテオグリカン、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチン、コラーゲンの5つの成分を一粒に詰め込みました。

副作用の心配がなく、関節に必要な栄養成分を取り入れることができるのは嬉しいことですね。サプリメントによるサポートで、いつまでも元気な毎日を送りましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝の痛みは膝痛体操で治そう!

膝の痛みは膝痛体操で治そう!

年を取るにつれて膝の関節が弱っていくのは自然の摂理。膝痛がひどくなってくると、あまり運動や遠くに出かけたりすることがなくなって、安静にしてしいますよね。でも、そこが大きな落とし穴。

安静にするだけでは、膝痛をただ悪化させてしまっているにすぎないのです。そこで、今回は、膝痛を解消するべく、簡単な膝痛体操をご紹介したいと思います。膝痛は膝の関節が弱くなってしまうことで起きてしまいます。

そのためにも、膝の軟骨細胞の活性化が、膝痛の解消には必要になってくるのです。安静にしているだけでは、膝の軟骨細胞は活性化しません。

今からご紹介する膝痛体操は、膝を無理に曲げることなくできる体操なので、膝が痛い方でも簡単です。膝痛体操をして、無理をせず膝痛を解消していきましょう!

膝痛体操

それでは、様々な膝痛体操を紹介していきたいと思います。是非一度全部見てみて、一番自分にとってやりやすい体操から取り掛かってみてください。

脚上げ体操

床に寝そべって行う体操です。

  1. まずは仰向けに寝そべります。片方の足は膝を曲げ、もう片方の足は曲げずにしっかりと伸ばしましょう。膝を曲げることが難しい方は無理をして曲げる必要はありません。
  2. 伸ばした脚を床から10センチほど浮かせて、その状態を5秒ほどキープします。これを20回ほど繰り返し、左右両方の足で行います。

以上が脚上げ体操になります。少し負担がおおきいなと思った人は無理をせず、回数などを減らしてやってみてください。また余裕のある人は、足に重りをつけて行ってみてくださいね。

横上げ体操

横になって行う体操です。

  1. 横向きに寝ます。その際、下側の足は曲げて安定させましょう。もう片方の足は、伸ばしておきましょう。きつい場合は曲げても構いません。
  2. 膝を伸ばしたまま、床から10センチ上げ、その状態を5秒間キープします。これを20回ほど左右両方の足で行います。

これが横上げ体操です。この体操は脚上げ体操と一緒に行うととても効果的ですので、ぜひとも脚上げ体操と組みでやってみてください。

ボール体操

ボールを使って行う体操です。ボールの弾力などがあるので、少し力のいるトレーニングになります。

  1. 腰を床に降ろし膝を曲げた状態にします。そして、太ももの間にボールを挟みましょう。
  2. 太ももにゆっくりと力を入れてボールを挟み、5秒間キープし、終わったら力を抜きます。これを1セット20回、左右両方の足で行います。

以上がボール体操になります。ボール体操をする際は、膝を安定させるためにボールは床につけた状態で行いましょう。また、少し苦手な方は、ボールをクッションに変えても大丈夫です。無理をせずに膝痛体操を行ってくださいね。

膝伸ばし体操

これは比較的楽に行える体操です。

  1. 二つ折りにした座布団などをひざ下に挟み、脚は前に伸ばします、膝は自然に曲がった状態で、かかとは床につけておきましょう。
  2. 片方ずつ、かかとを上げて膝を伸ばし、その状態を5秒間キープします。これを20回左右両方の足で行ってください。

以上が膝伸ばし体操です。比較的簡単なので、ぜひ最初は一度行ってみてください。

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は、膝痛解消のための膝痛体操をご紹介させていただきました。ただ安静にしているだけでは、余計に膝痛を悪化させてしまうだけ。適度な運動で、膝の軟骨細胞を活性化させることがとても重要になってきます。

今回ご紹介した膝痛体操は、簡単に行うことができる膝痛解消のための運動です。この運動を継続的に続けて、悩みの種であった膝痛をしっかり解消していきましょう。ぜひ、参考にしてくださいね。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛の治療方法にはどんなものがあるのか?

膝痛の治療方法にはどんなものがあるのか?

膝痛の一般的な治療の流れは、保存療法(薬や運動療法など)を行ったうえで、それでも膝痛によって日常生活に支障をきたしている場合などに手術療法を考えていく場合が多いようです。今回は、医療機関における膝痛の治療をご紹介します。

保存療法

手術をしない保存療法は、次のように分類できます。治療としては、いくつかを組み合わせて行うことで膝痛を和らげます。

運動療法

運動療法は、関節まわりの筋肉や骨などが弱くなり、それにより膝痛が現れているような場合に効果のある治療です。膝の周りや太ももの筋力が衰えると、膝にかかる負担が大きくなります。

筋力トレーニングだけではなく、ストレッチや全身運動(ウォーキングなど)も行うことで膝への負担が少なくなります。痛みが落ち着いてから無理のない範囲で行うことが大切です。

薬物療法

一般的に膝痛には、炎症をおさえ、痛みを和らげる薬が使われます。飲み薬だけではなく、湿布やヒアルロン酸注射などもこれに分類されます。

装具療法

サポーターや足底板(インソール)、杖を使うことで、痛みのある膝への負担を少なくします。膝痛の原因そのものを治すことはできませんが、生活のなかの動作が楽にでき、装着も比較的簡単なものが多いので便利です。

物理療法

膝痛がある部分を熱や光を利用して温めたり、冷湿布などで冷やしたりする治療です。膝を温めると、血液の流れがよくなり、痛みが和らぎます。

反対に、予期しない怪我などで急な痛みの場合には、冷やすことで痛みを軽減できます。どちらがいいというわけではなく、膝痛の原因によって対処が異なります。

生活習慣の改善

必ずといっていいほど行われるのは、普段の姿勢や毎日の食生活を見直しです。悪い姿勢や体重の増加は膝痛を悪化させる原因となります。

いくら薬やサポーターなどを使っても、毎日の生活のなかで膝に過度な負担がかかっていると治療の効果が下がってしまいます。

手術療法

膝痛の治療法のもう一つが、手術療法です。年齢や健康状態、膝痛の程度などを考えて、適切な手術を選択していきます。手術は身体的な負担もかかるため、医師と十分に話し合うことが必要です。

関節鏡下郭清術

症状が比較的初期の場合に適応されます。膝に小さな穴を数カ所開けて、内視鏡を使ってすり減った関節軟骨などを取り除く手術です。からだの負担は他の手術に比べると少ないですが、再び痛みがでる場合もあります。

人工関節置換術

症状が比較的重度の場合に適応されます。膝関節の一部または全てを、人工的に作った関節に置き換える手術です。痛みの根本を取り除くので、完治が期待できます。

しかし、金属やポリエチレン製の関節は耐用年数があることも知っておかなくてはいけません。

高位脛骨骨切り術

O(オー)脚の度合いが強い場合に適応されます。すねの骨の一部を切り取ることで曲がった骨の向きを正しい位置になるように矯正する手術です。治療効果は大きいですが、日常生活に戻るまでに時間がかかります。

その他の治療法:膝の水を抜く

関節の炎症によって関節内に水(関節液)が増えてたまってしまう場合があります。これにともなう膝痛の治療には、注射器を使用して関節内の水を取り除きます。ただし、これは一時的な処置で、炎症を抑えなければ再発してしまいます。

正しい治療と、膝にやさしい毎日を

膝痛の治療といっても、その方法は多岐にわたります。間違った治療は効果を期待できないだけではなく、膝痛を悪化させてしまう可能性もあります。膝痛を悪化させる前に正しい治療を行いましょう。また、同時に予防の考えを持つことが大切です。

今回ご紹介した膝痛の治療は、膝にやさしい毎日のうえに成り立ちます。プロテウォークは、関節軟骨の主成分をすべて配合されているだけではなく、1日3粒という手軽さも魅力的です。

関節軟骨の働きを助ける成分をサプリメントで補いながら、膝にやさしい毎日を過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

筋トレで膝痛予防

筋トレで膝痛予防

年を重ねるにつれて、膝周りの関節はだんだんと弱くなってしまうものですが、放置してはいけません。今回は膝まわりの筋力トレーニングをご紹介します。筋トレを行うことで膝痛が和らぎ、安定した日常動作をすることが出来ます。

今回紹介する筋トレは、どれも難しくありません。ぜひ実践して、膝痛を予防しましょう。

筋力トレーニングの種類

筋トレにも様々な目的の筋力トレーニングがありますが、今回ご紹介するのは膝を予防するための筋トレです。

太ももを鍛える筋トレ

  1. 仰向けになって、脚をしっかりと伸ばします。
  2. 膝を床にしっかり押し付けるように力を入れます。これを5秒ほど続けます。

以上のような筋力トレーニングで、太ももの筋肉を鍛えることができ、膝痛の予防になります。思ってた以上に簡単ですよね。

もし、少しきついかなと思われた方は、膝に数枚のタオルを膝の下に挟んで高さを調節し、同じようにストレッチをしてみてください。負担も減り、かなり楽になると思います。

脚の上げ下げによる筋力トレーニング

この筋力トレーニングには2種類あります。筋トレが得意だ・苦手意識がない方は負担のかかる筋力とレーニングを、あまり筋トレが得意ではない・苦手意識があるという方は負担の少ない方のトレーニングを行ってみてください。

『負担があまりかからない筋トレ』

  1. 仰向けになった状態で、片方の脚を90度に曲げて片方は伸ばしておきます。
  2. 伸ばしている脚をゆっくりと上げていき、10センチほどあげると5秒ほど保ち、戻します。これを左右の足で10回ずつ行う。

『負担のかかる筋トレ』

  1. 仰向けになった状態で両手を頭の後ろに組み、脚をしっかり伸ばします。
  2. つま先をそらして膝が曲がらない程度で上げてその状態を5秒ほどキープします。これを15回ほど左右で繰り返します。

以上のような筋力トレーニングをやってみましょう!負担があまりかからない筋トレでも、かなりいい運動になると思います。少しずつでいいので、継続を目標にして、筋トレを行いましょう。

椅子を使った脚上げの筋力トレーニング

次は椅子を使って簡単にできるストレッチをご紹介します。

  1. 椅子に浅く腰かけます。一方の足は地面に直角に足をつけ、もう片方の足は両手で軽く持ち上げます。
  2. 持ち上げた足をつま先を直角に曲げたまましっかり伸ばし、5秒間キープします。これを10回繰り返し、両方の足で行う。

以上が、脚上げトレーニングになります。もし、少しきついなと思われた方は、足をしっかりと直角に伸ばさず、床から10センチほど上げた状態をキープするようにしてください。

その際には、両手で椅子の淵を持ってもらえれば、さらに負担が減るので、やりやすい筋力トレーニングになると思います。

膝痛対策は継続が重要

今回は、膝痛に備えるための膝周りの筋トレをご紹介しました。筋力トレーニングは継続することが重要で、1ヶ月ほどで効果がでてくると言われています。個人差はありますが、諦めず地道にコツコツと頑張っていきましょう。

筋トレが面倒に感じる方には、サプリの摂取など、手軽な膝痛対策もオススメです。健美の郷のサプリメント「プロテウォーク」は、関節軟骨の動きをサポートするプロテオグリカンを配合していて、膝痛を和らげる効果が期待できます。

サプリなので、場所・時間を問わず、毎日簡単に続けられるのも嬉しい点です。筋トレが辛い方は、ぜひ一度お試しください!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛の原因

膝痛の原因

関節痛の中でも悩んでいる人が多い、膝痛。膝痛の原因は、加齢だけではなく、さまざまな原因があります。膝などの関節痛は、年齢のせいだからしょうがないと放っておくのは危険です。

いつまでも健康で元気に過ごすために、膝痛の原因をしっかりと把握し、対処しましょう。

原因1.日常生活における膝への負担

膝は、私たちの体重を支え、バランスをとるのにとても重要な役割を果たしています。膝にかかる負担は大きく、歩いているときで体重の約3倍、走っているときには約10倍にもなります。

膝関節にいかに大きな負担が加わっていることがわかりますね。このように、日常生活における膝への負担が膝痛の原因となります。膝にかかる負担によって、骨や軟骨がすり減り、膝痛は徐々に進行していくのです。

体重増加

体重増加は、そのまま膝への負担となります。肥満は中高年に多く、生活習慣病などの病気のリスクにもなるため、より注意が必要です。毎日の食事の見直し、運動習慣を取り入れるなどして、適正体重を維持しましょう。

運動不足による筋力の低下

膝周りや太ももの筋力が低下すると、膝への負担を分散できず、膝痛の原因となります。また、膝は体の歪みの影響を受けやすいため、O(オー)脚や姿勢がゆがんでいる方は注意が必要です。

原因2.加齢による軟骨のすり減り

関節をスムーズに動かすために重要な役割を果たしている軟骨は、長いあいだ使われることですり減っていきます。

クッションのような役割を果たしている軟骨がすり減ることで、関節に負担がかかり、膝痛の原因となります。また、「原因1:日常生活における膝への負担」が多い人ほど、若いうちから膝痛が起こりやすいといえます。

膝痛の原因として最も多い、変形性膝関節症

変形性膝関節は、膝の痛みや水がたまるといった症状が見られます。原因として加齢によるものが多いですが、骨折などの怪我をきっかけに発症することもあります。特に女性に多くみられるといった特徴があります。

原因3.運動などによる膝の酷使、事故などの突然の怪我

若い人にも起こりやすいのがスポーツや、事故などが原因となる膝痛です。膝痛の原因となる怪我には、長い時間かけて起こる「スポーツ障害」と、予期しない事故などで急に起こる「スポーツ外傷」に分けられます。

これらを予防するためには、しっかりとウォーミングアップをしたり、休息を十分にとったりすることが大切です。

原因4.膝痛が起こる病気

痛風や関節リウマチのように、症状のひとつとして膝痛が起きる病気もあります。これらの病気は原因がはっきりしないものもありますが、早めの診断が大切となってきます。

それぞれの症状には特徴があるので、気になった場合は医師に相談しましょう。

膝痛の原因はさまざま

膝痛の原因は一つではなく、いくつも合わさって起きている場合も多くあります。原因がはっきりしていて、膝痛が激しい場合などは迷わず病院に行きますが、問題になるのは長期的に進行していく膝痛です。

気がついたら悪化してしまっていたということにならないように、日頃から対策や予防をしておくのがいいでしょう。

よりよい未来は、毎日の生活から

関節をスムーズに動かすために重要な役割を果たしている関節軟骨。関節軟骨は年齢とともにすり減ってしまいますが、その成分をサプリメントで補うことができます。

プロテウォークは、今注目のプロテオグリカンをはじめ、軟骨主成分をすべて配合しています。膝痛の原因に対処しながら、プロテウォークでより快適な生活を送りましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

簡単にできるストレッチで膝痛を解決

簡単にできるストレッチで膝痛を解決

年を重ねるにつれて関節は硬くなっていくもの。また、運動をしなくなってしまうと余計に関節は動かなくなり、ふとした拍子の膝痛に頭を抱えてしまうことってありますよね。膝痛は硬い関節が原因。

そんな膝痛を解消する方法として、今回はストレッチをご紹介したいと思います。運動が苦手な人でも、ストレッチなら簡単にできてすぐ始めることができますよね。

しかも、1日5~10分ストレッチを行うだけで、どんどん関節の硬さが取れていきます。皆さんも今回紹介するストレッチで関節をやわらかくしていき、膝痛をしっかり解消しましょう!

ストレッチの種類

今回紹介するストレッチは複数個ありますが、まず自分はどのような原因で膝痛が起きているのか、どういった膝痛の症状などを理解しておきましょう。そうすれば、一番効果的なストレッチをするだけで膝痛の解消につながるはずです。

自分の膝痛の症状を理解してから、自分に合ったストレッチを選びましょう!それではそれぞれのストレッチをご紹介します。

膝の皿が痛い際のストレッチ

歩いていたり運動していたりすると、膝の皿や膝の前側が痛い時がありますよね。その際は以下のようにストレッチをしてみてください。

  1. 膝の皿の上部(太もも側)にあるくぼみを、両手で八の字のようにして5秒ほど強く押します。これを5回繰り返す。
  2. 同様に、膝の皿の内側を外側に向けて5秒ほど強く押します。また反対に、外側から内側に向けても同じように5秒ほど強く押します。これを5回繰り返す。
  3. 膝の皿の下部(すね側)の斜め左の部分を皿の中央部に向けて5秒ほど強く押す。同様に、斜め右の部分も中央に向けて5秒ほど強く押す。

以上のようなストレッチを行ってみてください。効果は個人差がありますが、一ヶ月ほど続ければ効果は必ず出てきます。また、膝痛がなくなったからといって途中でやめてはいけません。

すぐやめてしまうと、また膝痛がはっしょうしてしまいます。継続してストレッチを行っていきましょう。

O脚が原因となる膝痛のストレッチ

普通ですら膝に負担がかかっていますが、O脚の場合は、膝にかかる負担が倍増してしまっていることを知っていましたか?O脚も立派な膝痛の原因なのです。

O脚は、脚を合わせて立ったとき、膝の部分が左右でくっつかないことを言います。皆さんも一度確認してみましょう!それではストレッチ方法をご紹介します。

  1. 脚を肩幅の大きさ以内の大きさに開きます。腕は、胸の下でクロスします。
  2. 膝にタオルを挟んで、スクワットの1日1セット20回程度行う。

このストレッチはかなり即効性がありますので、すぐにでも始めてみてください。O脚をしっかり治して、膝痛を解消しましょう。

疲労感が蓄積する際のストレッチ

歩き回ったり、少し運動した後に、脚に凄い疲労感が持続して残る時がありませんか?疲労感を残したままにしておくと、膝痛の原因になってしまいます。そんなときは以下のようなストレッチをしてみてください。

  1. 正座をした後に片方の脚を伸ばしていきます。
  2. 伸びきった後に体勢をどんどん倒していきます。その状態で少しの間保ちます。

以上のようなストレッチをしてあげましょう。疲労感を溜めてしまったままでいると、後々体がだるくなってしまいますよね。運動や歩き回った後はしっかりとストレッチをしてあげることで、体の負担を減らしてあげましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?今回は様々な原因からストレッチをご紹介しました。膝痛を解決するには、まずは原因を把握。そして、自分に合ったストレッチを継続して行っていくことが大切です、是非役立ててみてくださいね。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

つまづきやすい症状と病気の関係

つまづきやすい症状と病気の関係

つまづきやすくなる主な原因は、下半身の筋肉の衰えや視力の低下、平衡感覚の低下などが主に挙げられますが、病気によって、つまづきやすい症状が表れることもあります。

原因が特定の病気の場合は、その病気を治療する必要があるので、病気とつまづきやすい症状の関係は知っておく必要があります。ここでは、転倒につながると考えられる主な病気を挙げるとともに、病気との向き合い方を考えていきましょう。

骨粗鬆症

骨粗鬆症は骨のカルシウムが血液に溶け出し、骨に含まれるカルシウム量が減少することで骨自体が弱くなる病気です。

骨に小さな穴がたくさんできることで、容易に骨折するようになります。骨粗鬆症になると、つまづいたり転倒する症状が出てきます。

予防法その1~適度な運動~

予防するにはやはり運動が一番です。転倒予防を意識するのであれば、ウォーキングが一番でしょう。歩くことで下半身の骨に刺激を与えることで骨の強化を促進します。

さらに、骨のみならず、下半身の筋力強化、全身の血行の促進につながります。しかし、無理な運動は骨に過度な負担をかけることになるので、適度な運動を心掛けましょう!

予防法その2~禁煙~

また、喫煙が骨密度を減らすことも報告されています。たばこに含まれるニコチンが骨の細胞に有毒であり、骨全体の細胞が減ってしまうのです。

喫煙がつまづきやすい症状に直接つながる報告はされていませんが、骨折のリスクを減らす上では重要なことです。

予防法その3~体重管理~

他にも、適正な体重を維持することが重要な予防法として挙げられます。体重が大きすぎると、主に下半身の骨にかかる負荷が大きくなり、骨を弱めてしまいます。

逆に体重が軽すぎると骨に適度な刺激が与えられず、骨形成が不十分となってしまいます。適正な体重を維持して、丈夫な骨を作りましょう!

予防法その4~適切な栄養摂取~

骨を丈夫にするためには、適切な栄養素の摂取が大事になってきます。骨を構成するカルシウム、骨の形成を補助するビタミンDやKは骨粗鬆症の予防には欠かせない栄養素です。

正しい食生活を生活に取り入れることを心掛けましょう。

パーキンソン病

パーキンソン病は神経変性疾患の一つで、それらの疾患の中でもアルツハイマー病についで発症件数の高い難病です。中年以降の発症が多く、特に高齢者では頻発の病気です。

神経に関する病気なので、歩行の際に神経系がうまく働かず、つまづきやすい症状を引き起こすと考えられています。

ドパミン補充療法や抗パーキンソン病薬など、いくつかの治療法が開発されていますが、早期発見が一番です。転倒などの症状を隠すことなく医師に相談すれば、それが早期発見になることもあります。

水頭症

水頭症は脳脊髄液に関する異常で、頭に髄液が貯留することで脳が圧迫されて脳の機能にマイナスの影響を及ぼす病気です。主な症状は頭部に起こり、頭痛や視力低下などが挙げられ、失明するケースもある重大な疾患なのです。

頭痛や視力低下により転倒を引き起こすことがあります。頭蓋に貯まった髄液を取り除くことが治療の方針になります。

脊髄小脳変性症

脊髄小脳変性症は運動失調を伴う神経疾患です。脊髄や小脳の神経細胞が消失することで神経系の機能を低下させることで運動失調を引き起こします。

動失調には歩行障害や眼球運動の異常、震戦(勝手に手が震えるような症状)などが挙げられており、いずれもつまづきやすい症状に繋がります。

病気との正しい向き合い方とは?

転倒をしても怪我をしなかった場合、多くの人は家族や医師に相談しません。「自分はまだ若い」「体力には自信がある」「家族に心配されたくない」そんな考えが、転倒による大きな事故を引き起こす可能性もあるのです。

これまで紹介してきたとおり、つまづきやすい症状は病気の症状として認められているのです。つまづきやすいことを認め、医師に相談することは、原因となっている病気の早期発見を可能にします。

病気や症状に対して正直になることが大きな転倒事故を防ぐカギなのです!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました