月別アーカイブ: 2015年4月

関節の悩みには膝痛サプリ

関節の悩みには膝痛サプリ

膝痛(しっつう)の改善策のひとつに食事療法があります。ただ、日常の食事だけで必要な量の栄養を摂るのは簡単ではありません。こういった栄養のアンバランスには、足りない成分をピンポイントで補完してくれるサプリメントが便利です。

しかし、ここで心配になるが膝痛サプリメントの選び方。今回はそういった方のために、膝痛サプリの成分や利点、チョイスの仕方などを紹介いたします。

膝痛で多い原因とは

膝痛の一番の原因になっているのが変形性膝関節症です。変形性膝関節症は、加齢によって膝の軟骨が劣化や、膝まわりの筋力が衰えることによって、膝の関節が痛む病気です。

階段の上り下りや正座で膝が痛むようになったら、発症しているかもしれません。症状が進むと膝を曲げるだけで痛むようになり、水が溜まることもあります。

食事療法と膝痛サプリ

変形性膝関節症に良いとされるのは、生活習慣の改善と適度な運動です。運動不足や肥満は避けなければいけません。

栄養にも気を配ります。軟骨組織の材料になる栄養を摂ることで、加齢による劣化を抑えるのです。軟骨の成分は、水分をのぞくと、Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカン、ヒアルロン酸の3つです。

理想は、これらの栄養を食事だけで摂取することですが、必要な量を摂るのは難しいものがあります。そこで、食事だけでは満たせない量をサプリメントで補うのです。膝痛サプリが多くのメーカーから発売されているのは、需要の高さの表れでしょう。

膝痛サプリの成分

膝痛サプリで多いのが、グルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸を配合した商品です。特に、グルコサミンとコンドロイチンは代表格と言えます。

グルコサミン

グルコサミンはアミノ糖の一種で、プロテオグリカンの材料になります。グルコサミンは年齢とともに減っていき、お肌の張りや関節軟骨の柔軟性に影響します。

日本のサプリメントに多いのがグルコサミン塩酸塩で、これはエビやカニなどの殻から作られています。それだけに、アレルギーを持っている方は注意が必要です。とうもろこしやオリーブから抽出された、植物性のグルコサミンもあります。

グルコサミンは、体内でN-アセチルグルコサミンに変化します。このN-アセチルグルコサミンは吸収率が良いのが特徴で、1日に500mgを直接摂取すれば、グルコサミンの目安量(1500mg)に達してしまいます。

コンドロイチン

ムコ多糖類のコンドロイチンは、プロテオグリカンの中にあります。関節痛の治療薬や角膜保護の点眼液に使われているのはご存知でしょうか? グルコサミンと一緒に摂取することで相乗効果が得られるため、膝痛サプリの殆どは、この2つが配合されています。

コラーゲン

コラーゲンは、人間の体内にあるタンパク質の3割を占めます。コラーゲンに熱を加えて作られたのがゼラチンで、化粧品や医薬品などに使われています。

ヒアルロン酸

ムコ多糖類のヒアルロン酸は関節軟骨や関節液の成分で、年齢とともに失われます。

他の成分

膝痛サプリに配合される成分は、他にはプロテオグリカン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、カルシウム、オオイタドリエキスなどがあります。

コラーゲンやヒアルロン酸と並ぶ軟骨の成分が「プロテオグリカン」。これらの成分は細胞間を埋めるもので、肌や軟骨細胞の土台となります。軟骨を増やしたり、すり減らないようにする働きがあるので、関節痛に効果があると言われています。

サケから抽出されているため、人体にきわめて安全な素材と言えます。また、以前と較べて抽出コストも削減され、近年ではサプリメントや医薬品、化粧品に広く使われ始めています。

膝痛サプリの選び方

膝痛サプリは、たくさんの商品があります。そのなかから、どういう商品を選べばよいのでしょうか?大事なのは「効果があること」と「長く利用できること」です。

効果という点に関してはやはり、軟骨を増やしたり、すり減らないよう手助けをしてくれる成分、プロテオグリカンに着目しない手はありません。

先にも述べました通り、近年では、鮭の鼻の軟骨から高純度での抽出技術での低コスト化が実現しておりますので、コストパフォーマンスの高い成分と言えます。こういった成分の配合量にも注目します。

継続するためにも、飲みやすさと価格にも配慮しましょう。成分の種類と配合量にも注目し、バランスがとれているようであれば、利用する膝痛サプリが1つで済みます。

サプリメントは薬ではなく「栄養補助食品」です

サプリメントは薬ではありませんから、すぐに効果が現れるものではありません。重い症状があるときは、医師に診てもらいましょう。

サプリメントだけに頼るのも良くはありません。定期的な運動や生活習慣の改善も、併せて行いましょう。食事の摂り方にも気を配ってください。

信頼と実績の膝痛サプリ

膝痛の主な原因は変形性膝関節症。これを予防するためには、軟骨形成を補助する栄養成分を、食べ物から補給してあげることも有効です。

しかし、いつもの食事ではどうしても取りづらい成分もあるのが現実。そういったいくつかは、サプリメントでの補給が効率的です。成分の役割と配合量を意識した上で、貴方にあったサプリメントを継続していけるといいですね。

「プロテウォーク」は、プロテオグリカンなど軟骨の成分すべてを配合したサプリメントです。飲みやすさも魅力ひとつで、多くの方々に愛用されています。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

O脚

膝が痛い原因はO脚かも?

40代を過ぎたあたりから、膝が痛いという悩みを抱える人は増加します。その多くがO脚から起きる変形性関節症によるもの。痛みを取り除く、もしくは和らげるためには、原因を明らかにする必要があります。そこで、今回は膝が痛い原因とO脚の関連性について解説していきます。

変形性関節症の原因になるO脚

中高年の方の膝の痛みは、変形性関節症によって起こるケースが多いです。膝の軟骨がすり減ってしまうことによって間接に炎症が起き、痛みが発生する病気です。階段の上り下りや歩き始めに膝が痛いと感じるようになります。この変形性関節症の原因になってしまうのがO脚です。

O脚とは膝をまっすぐに伸ばして立った時に膝が外側に向いてしまう脚の状態のことをいいます。O脚の方は正常な脚の方と違い、体の中心よりも外側に膝が位置してしまうので、体重が膝の内側へ集中的にかかってしまいます。

O脚だと通常よりも膝関節にかかる負担が大きくなり、膝の軟骨がすり減って変形性関節症につながります。関節痛の主な原因は変形性関節症と言われており、つまり、O脚がその関節痛の根本的原因であるケースも考えられるのです。

O脚になってしまう原因

膝が痛いという悩みの素は変形性関節症で、その原因がO脚であることは分かってもらえたでしょう。では、今度はO脚になってしまう原因について考えてみましょう。

O脚は、普段の歩き方や座り方、姿勢といった生活習慣を原因として起こります。毎日の生活の中の歪みが蓄積して現れてしまうわけです。具体的にいくつか原因の例を挙げます。

  • ヒールの高い靴をよく履く
  • 横座りやアヒル座りの姿勢をする
  • 内股で歩いたり座ったりする
  • 脚を組んだ姿勢で長時間座る

これらを習慣的に行っていると、膝関節に歪みができてしまい、O脚の原因となってしまいます。前述の通りO脚は変形性関節症をまねくので、これらの行動が膝が痛いと感じる原因になるということです。

O脚を予防・矯正するには

膝が痛い原因がO脚にあることが分かってもらえたかと思います。では、次はO脚の予防、矯正について解説していきます。

日常生活で蓄積した歪みが原因で起こるのがO脚ですので、予防、矯正のためには日常的に正しい姿勢を意識する必要があります。具体的に挙げてみます。

座り方

  • つま先をまっすぐ前に向け、膝を揃えて内股にならないようにする。
  • 椅子に座るときは足を組まない
  • 床に座るときは横座りやアヒル座りはしない

立ち方

  • つま先が45度ほど外に向くように立ち、内股にならないようにする。
  • 体重が両脚に均一にかかるようにする。片脚に寄りかからないようにする

歩き方

  • つま先をまっすぐ前方から45度ほど開いた状態に保ちながら歩く
  • 内股にならないように、膝の向きを気にしながら歩く
  • つま先だけ、踵だけではなく、足裏全体を使って歩く

上記したことを日常的に意識することができれば、O脚の予防、矯正につながります。膝が痛い原因を取り除くことにもつながりますので、日頃から気をつけておくとよいでしょう。

プロテウォークで膝が痛い原因を取り除く

膝が痛い原因となるO脚の予防と矯正について解説しましたが、すでに変形性関節症が深く進行してしまっている場合、矯正をしても痛みが引かないこともあります。そんな方にはプロテウォークという製品をお勧めします。

プロテウォークにはたんぱく質の一種である「プロテオグリカン」という成分が入っています。これは軟骨細胞の働きを助けるとして今最注目の成分。水分を保持することでクッションとなり、軟骨や皮膚を保護します。

膝が痛い原因となっている、すり減った軟骨の修復・再生の手助けをしてくれる「プロテウォーク」。膝の痛みでお悩みの方は、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛を改善する方法あれこれ

膝痛を改善する方法あれこれ

膝痛(しっつう)の原因で特に多いのが、加齢による関節や筋肉の衰えです。膝痛に悩む方の半数が、40代か50代で発症するというデータもあります。

しかし、「加齢ならしょうがない」「もう改善しないだろう」とあきらめてはいけません。生活習慣を見直したり、膝のトレーニングを行ったりすることで、痛みは改善できます。

まずは医師の診断を

膝に痛みを感じるようになったら、まずは医師に診てもらいましょう。膝痛の原因をはっきりさせることが、膝を良くする第一歩になります。方法を誤ってしまうと、症状を悪化させかねません。

変形膝関節症とは?

膝痛にとって一番の原因が変形膝関節症です。変形膝関節症は、膝の軟骨がもろくなったり、欠けたりすることで起きます。症状が進むと、膝の曲げ伸ばしが難しくなり、膝に水が溜まりやすくなってしまいます。男性よりも女性の発症が多い、肥満やO脚の方がかかりやすい病気です。

膝痛の改善法1 膝を動かしてきたえる

膝痛を起こすのは軟骨だけではありません。膝のまわりにある筋肉と腱の衰えも関わっています。膝痛を気にして動かさずにいると、膝はますます弱ってしまうのです。膝まわりの筋力と柔軟さを上げてあげれば、膝への負担は減らせます。

膝の筋力トレーニング

効果が大きいのは、太ももの前側にある大腿四頭筋です。大腿四頭筋は、仰向けに寝て脚上げ、椅子に座っての脚上げ、立ちながらのスクワットできたえることができます。膝の状態に合わせて、負荷の大きさを変えてください。無理をすると、膝痛を悪化させてしまいます。

膝のストレッチ

膝まわりの筋肉と靭帯を伸ばす運動も改善策のひとつです。テニスボールを使ったストレッチや綱渡りに似た運動など、新しい方法がテレビでたびたび取り上げられています。ストレッチは、身体が温まっている風呂上りに行うと効果が増します。

ウォーキングと水泳

ウォーキングは、膝への負担が軽く、長い時間続けられます。起伏のあるコースはさけて、シューズはクッションの良いものを選びましょう。準備運動にも気を配ってください。

プールでの運動は、重力を気にしないですみます。泳ぎに不安がある方には、プールでのウォーキングがおすすめです。

膝痛の改善法2 姿勢や動作を正す

正しくない姿勢や動きが、膝に負担を与えていることもあります。何気ない動作を見直すだけでも、膝痛の改善につながります。

たとえば、歩き方です。胸を反らしたり、前かがみになって歩くのが癖になっている方は、背筋を伸ばすようにすると膝への負担が軽くなります。膝への負担が大きい、和式トイレや正座はさけたほうがいいでしょう。

坂道や階段の上り下りは?

平坦な道よりも、坂道や階段のほうが膝への負担は大きくなります。坂道なら歩幅を狭く、階段なら一段ごとに両足をそろえるようにしましょう。

膝痛の改善法3 肥満とO脚をなおす

膝にかかる負担は、歩くときで体重の3倍、走るときで10倍と言われています。肥満の解消は、膝痛の改善につながります。

O脚は、両脚の膝が外側に曲がって、脚の形がアルファベットのOのようになっている状態です。O脚の膝は内側に重心が偏っているため、膝痛を起こす原因になります。肥満と同じように、O脚を直せば膝痛は改善できます。

膝痛の改善法4 必要な栄養をとる

食事療法も膝痛を改善する方法のひとつです。栄養に気を配りながら、食べ過ぎをさけて、規則正しい食事を心掛けましょう。

膝痛に効く栄養は?

カルシウムは骨の、たんぱく質は筋肉や血液の材料になります。ビタミンDとビタミンKはカルシウムの吸収を助ける効果があり、ミネラルは骨を形作るのに欠かせません。

軟骨のもとになっているのがグルコサミンやコンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンといった栄養素です。

サプリメント(健康補助食品)を使う

「食事だけで、膝痛に効く栄養をまんべんなくとるのは難しいのでは?」と感じる方におすすめしたいのが、サプリメント(健康補助食品)を利用する方法です。軟骨の成分を配合した「プロテウォーク」は、上記の栄養のほかに、今話題のプロテオグリカンも含んでいます。膝痛の改善に役立ててみてはいかがでしょうか?

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛予防

関節痛の正しい対策とは?

腰や膝、肩などの関節痛は、中高年の多くの方々の悩みになっています。では、どうすればその悩みが解決していくのでしょうか? 

医師の診断を受けずに、自己流で誤った対策をして、症状を悪くしてしまうのは避けなければいけません。正しい関節痛対策は、痛みの原因をはっきりさせることから始めましょう。

変形性関節症の場合

関節は、骨同士が筋肉や靭帯でつながっています。この関節をスムーズに動かすために、骨と骨の間に軟骨や骨膜などの組織があります。

関節痛の一番の原因となるのが変形性関節症です。これは、関節にある軟骨が加齢によってもろくなったり、減ったりすることで起きてしまいます。発症が多いのは膝や股ですが、肩や肘の場合もあります。症状が悪化すると、関節が変形してしまいます。

変形性関節症は、初期の症状なら、生活習慣の改善と運動療法で対処できます。

対策その1 適度な運動とストレッチを

関節を支える筋肉が衰えてしまうと、関節痛が起きやすくなってしまいます。筋力が大切なのは、関節痛が現れた後もです。痛めた関節を動かさずにいるのは筋力の低下を招き、痛めている関節への負担を大きくしてしまうのです。

関節まわりの筋力を維持して、柔軟性を保つには、適度な運動とストレッチが効果的です。ただし、中高年からジョギングを始めて、膝を痛めてしまうケースもあります。不安がある方は、ウォーキングなど、まずは強度の低い運動から始めましょう。

対策その2 肥満の解消を

肥満だから関節痛が起きるとは限りません。しかし、肥満は関節痛に良くはありません。特に、体重を支える下半身の関節にとっては深刻です(体重の3倍~5倍もの負担がかかります)。肥満の方は、体重を減らして、負担を軽くしてあげましょう。

対策その3 関節を冷やさない

関節が冷えてしまうと、血行が悪くなります。血行が悪化すると筋肉が硬くなってしまい、関節に負担がかかってしまいます。お風呂にじっくりつかったり、サポーターやカイロを使うなどして、関節を温めましょう。

ただし、関節を温めるのは、慢性の関節痛に対してです。一時的な痛みや炎症がある場合は安静にして、患部を冷やしてください。

関節リウマチの場合

変形性関節症に次いで、関節痛の原因になっているのが関節リウマチです。発症の多い30代~50代の女性は、注意が必要です。

関節リウマチは、免疫の異常が原因の病気です。関節での過剰な免疫反応が骨膜に腫れや痛みを起こし、軟骨や骨を破壊して、関節を変形させてしまいます。病気が進むと全身の関節に炎症が広がり、内臓や血管、眼などで合併症が起こることもあります。

一番の対策は早期発見

関節リウマチは、早期の発見が大事です。早めに治療すれば、関節が破壊される前に対処できます。手足にこわばり(指が曲がらない状態)や痛みを感じたら、発症の可能性があります。すぐに医師の診断を受けましょう。

他の関節痛の場合は?

肩関節周囲炎は「五十肩」と呼ばれるように、中高年によく見られる病気です。五十肩は肩関節の炎症が原因で、関節痛を起こすだけでなく、肩の動きを制限してしまいます。有効な対策は、変形関節症と同じように、関節の冷えを防ぎ、適度に動かすことです。

関節痛の原因となる病気は、他には感染性関節炎や痛風などがあります。

食事療法も関節痛対策のひとつ

軟骨や骨のもとになる栄養、炎症を抑える栄養を摂ることも、関節痛の対策になります。軟骨の主成分であるグルコサミンは鶏の手羽先や干しエビ、ウナギなどに、コンドロイチンは鶏の皮やオクラ、納豆などに含まれています。

食事だけで足りないのなら、サプリメント(健康補助食品)で補う方法もあります。サプリメントは、いつでも手軽に摂取できるのが魅力です。「プロテウォーク」のように、軟骨の主成分をすべて配合したサプリメントもあります。ぜひ、お役立てください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカン配合サプリメントの比較ポイント

プロテオグリカン配合サプリメントの比較ポイント

今日では、関節痛や膝痛のための様々なサプリメントが開発・販売され、より身近なものとなってきました。そこで、今回紹介したいのがプロテオグリカン配合のもの。このプロテオグリカン配合のサプリメント、一体ほかの製品と比較して何が違うのでしょうか。

今回は、今話題沸騰のプロテオグリカン配合のサプリメントを、共に配合されていることの多いグルコサミン・コンドロイチン・ヒアルロン酸と一緒に紹介していきたいと思います。

プロテオグリカンとは

まずは、プロテオグリカンとはどのようなものかを知っておきましょう。

プロテオグリカンとは、幾つもの単糖が細胞の周辺で鎖のように連なったタンパク質のことをいいます。このプロテオグリカンは比較的に皮膚や軟骨に含まれており、水分を保持、皮膚や軟膏をクッションとなって守る役割をします。

さらに重要なのは、プロテオグリカンが細胞と細胞の間に入り込み、新たな細胞へと変化すること。サプリメントで補給することで、軟骨の細胞の増殖を促進し、丈夫な骨の形成や、痛んだ軟骨の細胞の修復をサポートします。

サプリメント比較に役立つ!プロテオグリカン他、3つの成分

様々な成分を含むサプリメント、一体どれが自分に合っているのか、比較が難しいことがありますよね。そこで今回は、サプリメント中でプロテオグリカンと共に配合されることが多い、3つの成分を紹介します。

グルコサミン

グルコサミンとは糖にアミノ酸がついた単糖類の一種で、骨などに多く存在します。サプリメント等によく含まれるグルコサミンですが、軟骨の再生・修復をサポートするとされています。

コンドロイチン

コンドロイチンとは、コ多糖類の一種で、皮膚や軟骨など、比較的に人体のいたるところに存在しています。このコンドロイチン、実はグルコサミンから作られるプロテオグリカンの一種なのです。サプリメントから摂取可能なコンドロイチンは、関節や軟骨などで水分の保湿において重要な役割を果たしています。

また、グルコサミンとコンドロイチンは全く別の成分と思われがちですが、実はグルコサミンからコンドロイチンが作られています。ですので、グルコサミンとコンドロイチンをサプリメントとして一緒に摂取することで、相乗的なサポートを期待することができます。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸とは、軟骨や関節液の成分に含まれている成分です。化粧品などでもおなじみですが、ヒアルロン酸は比較的高い水分保湿能力を持っています。関節の炎症の原因には、このヒアルロン酸の減少が考えられますので、サプリメントによるヒアルロン酸の補給も大切なのです。

全ての成分を含んだサプリメント『プロテウォーク』

いかがでしたでしょうか?サプリメント選びの際の、主な成分の比較が多少は容易になったのではないでしょうか。

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸にプロテオグリカン。どれも関節痛や膝痛の解消に必要な成分です。それでも含有量の比較は大変だし、全部の成分を摂取するには、一体いくつのサプリメントを飲めばいいのやら…悩まれる方も多いのではないでしょうか。そんな方に紹介したいのが、サプリメント『プロテウォーク』。

このプロテウォークは、プロテオグリカンはじめ、上記で紹介した全ての成分を含んでいるのです。プロテウォークなら1日に3錠飲むだけで、全ての成分を摂取できます。もし、関節痛や膝痛にお悩みでしたら、ぜひ一度、サプリメントのプロテウォークをお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました