月別アーカイブ: 2015年9月

若い頃のように!グルコサミンは関節痛に効果あり

若い頃のように!グルコサミンは関節痛に効果あり

グルコサミンは関節痛や美肌に効果があります。特に膝、腰、肩の痛みや炎症に悩んでいる方は、ぜひグルコサミンの効果をご覧ください。

若いときのように毎日気持ちよく過ごすためには、元気な関節が大切です。

グルコサミンって何?

グルコサミンは人間の体の中などに存在するブドウ糖を原料につくられる物質です。

軟骨の成分を生成するために必要なグルコサミン。しかし、年齢とともに作られる量が少なくなっていきます。

カニの甲羅やエビの殻にもグルコサミンは含まれてはいますが、ふだんの食事で必要量をすべて摂るのは非常に難しいこと。

そのため、健康補助食品としてわたしたちの体内に吸収しやすいよう加工されたものが、テレビやインターネットで販売されているのです。

グルコサミン効果 関節痛の改善

関節痛の大きな原因は何でしょう?原因の一つとして、クッションのような役割をしている軟骨の量が減っていくことが挙げられます。

骨と骨とが当たることにより激しい痛みとなり、そのまま放置すると横になっている姿勢でも痛みが生じてくることも。

軟骨の主要な成分であるコンドロイチン硫酸を作るのに必要な原料であるグルコサミンは、摩耗した軟骨も修復する働きもあります。

若い人でも体を動かせば軟骨は摩耗するので、いまのうちにできるだけグルコサミンで軟骨を修復しておくといいでしょう。

グルコサミン効果 美肌になる

ヒアルロン酸の原料は、グルコサミンです。

赤ちゃんの肌がスベスベもちもちなのに対し、年をとるとカサカサしわしわになるのはなぜでしょうか?それは、皮膚の保水力が1/20に低下するため。

ヒアルロン酸には優れた保水能力があり、ヒアルロン酸たった1gで6ℓの水を保持することができると言われています。

グルコサミンを摂取して、美肌に必要なヒアルロン酸をたくさん蓄えたいものです。

グルコサミンの摂取量は?

一日に必要なグルコサミン酸の摂取量は大人平均で1500㎎。

もしこの量より少なく摂取すると効果があまり期待できません。逆に少し多めに摂ったとしても、多すぎた分は対外に排出されるようですが、過剰摂取にならないよう注意しましょう。

錠剤タイプであれば、一日たった2粒だけでその日に必要な量を補う商品も販売されています。

健康補助食品の指示書をよく読み決められた量を守りましょう。

最近注目されている プロテオグリガン

プロテオグリガンとは鎖のように結合したタンパク質で、軟骨の中に含まれています。水分を保持し、骨と骨との間のクッションの役割となることで衝撃を和らげます。

最近では、鮭の鼻軟骨からプロテオグリガンを抽出することに成功し、身近に使用されるようになりました。

関節痛をやわらげ美肌に効果がある健康補助食品とは

関節痛や美肌に効果がある健康補助食品を探している方には、グルコサミン、ヒアルロン酸、プロテオグリガンがバランスよく配合されている商品がオススメ。

健美の郷から発売されている「プロテウォーク」という健康補助食品は、紹介した3つの成分も含まれています。一日たった3粒でその日に必要な量を摂取できるので手軽さも魅力です。

今まで健康補助食品を飲んでこなかった方や飲んでいたが効果が全くなかった方、最近注目を集めているプロテオグリガンが配合されているプロテウォークをぜひ一度お試しください。関節痛のつらい痛みを和らげて、若いころのように元気に過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

間違えない!グルコサミンサプリを選ぶポイント

失敗しない!グルコサミンサプリを選ぶポイント

グルコサミンサプリはサプリの中で人気が高い商品、それだけ出回っている種類もたくさん。口からとり入れるものですし、お金もかかります。

今回は、失敗しないグルコサミンサプリ選びのポイントをご紹介します。

グルコサミンサプリ選びポイント1.含有量

指示書に記されている容量を摂取して、必要な量のグルコサミンを摂取できるか調べます。

グルコサミンは「1日に1500㎎」摂取すると良いとされています。もしこれより極端に少なければ効果はあまり期待できません。

逆に多過ぎれば過剰摂取になりお腹が緩くなるなど、副作用があります。必ずサプリ1粒あたりの含有量と一日の必要量を確認してください。

グルコサミンサプリ選びポイント2.飲みやすさ

グルコサミンサプリは長期的に飲み続けるもの、「飲みやすいか」を調べることも重要です。

喉のひっかかりを考え、比較的小さな粒を選ぶと良いかもしれません。

コラーゲンが配合されている場合、特有の生臭さを感じる場合があります。臭いや味に敏感な方は、臭いなどほぼ感じないサプリを選ばれると良いでしょう。

グルコサミンは軟骨再生の大切な原料で、加齢とともに減っていくものです。年をとっても健康で、自分の身の回りのことをするには関節の軟骨はとても大切な役割を担っています。

グルコサミンサプリ選びポイント3.安全性

グルコサミンは人体に安全性が高い成分。重大な副作用は認められないため安心して摂取することができます。

ここでは2つの安全「製品の安全性」「メーカーの安全性」を取りあげます。

製品の安全性

グルコサミンは正しい用法、用量を守って摂取すれば安全です。

でも特に気をつけていただきたい方は、甲殻類アレルギーの方。グルコサミンの成分はエビやカニから作られるものがほとんどですので、アレルギーをお持ちの方は含まれている成分をよく確認してください。

体調などにより稀に発疹などが出る方もいます。異変に気づいた際は、すぐに飲むのを中止してください。

メーカーの安全性

サプリは通信販売で購入することが多く、お店で手に取って店員さんに相談することはほとんどありません。

なおさら、メーカーの安全性や信頼性をわたしたちが見極めることが重要なポイントです。

  • 初めての人のために「お試しコース」はあるか?
  • 選択したコースの休止、変更、解約ができるか?
  • 商品の注文や問い合わせはフリーダイヤルでおこなえるか?

サプリ販売メーカーの中には、まれに悪徳なメーカーもあります。注文画面などよく読み、不安な点などはまず電話やメールでメーカーに確認しすると良いでしょう。

安心・信頼できるグルコサミンサプリ

グルコサミンサプリは、健美の郷から販売されている「プロテウォーク」をご覧ください。ご紹介した含有量、飲みやすさはもとより、安全性にもこだわっています。

プロテウォークには新成分プロテオグリカンを配合。これまでプロテオグリカンを取り出すために大変なコストがかかっていましたが、健美の郷では、原材料にもこだわり主に北海道の漁港で水揚げされた鮭の鼻軟骨からの大量抽出に成功しています。

さらに、多くのみなさんに飲んで頂きたいという思いから、サプリの価格もこの内容で比較的安価です。関節痛で悩んできた人々と安心と信頼をこれまで築いてきた「プロテウォーク」こちらをぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとコンドロイチン 一緒に飲むと相乗効果あり?

グルコサミンとコンドロイチン、一緒に飲むと相乗効果あり?

グルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されたサプリがあります。

あわせて摂取することで相乗効果を期待できるとされていますが、果たしてその真偽は?気になる相乗効果についてまとめました。

グルコサミンとコンドロイチン 相乗効果とは?

グルコサミンとコンドロイチンはそれぞれ関節痛に効果があります。

名前は違えども似たような効果が期待されるため「どっちか1つを飲むだけで十分では?」とお考えの方もいます。もちろん全くの間違いではありません。

でもグルコサミンとコンドロイチンの効果は、それぞれの働きは異なり、相互に助け合っていることが分かります。

グルコサミンとコンドロイチン 異なる働き

グルコサミンの働きは軟骨成分プロテオグリガンを生成すること。プロテオグリガンの中にはコンドロイチンが含まれます。

一方コンドロイチンは、軟骨細胞の水分を保ち弾力性(クッション)を与えます。

わかりやすく効果を区別すると、グルコサミンは「軟骨の再生」コンドロイチンは「軟骨の強化」。

どちらも結果的に関節をサポートする働きをしていますが、それぞれ異なった効果を発揮しています。

グルコサミンとコンドロイチン 相互関係

グルコサミンを摂取するとプロテオグリガンが生成され軟骨が再生されていきます。

でも、再生されたばかりの軟骨は弱くすぐに壊れてしまいます。そこにコンドロイチンが再生されたばかりの軟骨に水分や弾力性を与えて、強化していきます。

このようにグルコサミンとコンドロイチンがお互い連携することで、より強い壊れにくい軟骨組織がつくられます。

もしグルコサミンだけの効果に頼るなら、せっかく再生された軟骨は弱いままですぐに擦り減ってしまいますし、コンドロイチンだけでも、擦り減って失われた軟骨成分そのものを新たに作り出すことができず軟骨組織は少なくなってしまいます。

2つはお互いになくてはならない最強のパートナー、がっちり力を合わせると本来の力を出し切れるということですね。

グルコサミンとコンドロイチン摂取 毎日必要か

グルコサミンは成人で1500mg、コンドロイチンは1200mg必要といわれています。

グルコサミンとコンドロイチンはもともと体内に存在しますが、年齢とともに作られる量がだんだんと減ってきます。

これらはカニやエビなどの食事から取り入れることができますが、毎日となると大変。だからといって摂取をおろそかにすると、大切な軟骨が量・質ともに悪くなり骨と骨との摩擦が大きくなり痛みが増してきます。

グルコサミンとコンドロイチンを必要な分量摂取するには、2つが一緒に配合されたサプリが便利です。

2つがバランスよく配合されたサプリはこれ!

グルコサミンとコンドロイチン、2つの役割を理解することで、相乗効果あり!というのがわかっていただけたと思います。

関節の痛みに悩みどのサプリを買おうか迷っているなら、この2つの成分がバランスよく配合された「プロテウォーク」がおすすめです。

プロテウォークにはグルコサミンと、新成分プロテオグリガンなど配合。もともと非常に高価なプロテオグリガンをサケの鼻軟骨から抽出(高純度精製)することにより、安価にお求めやすくなっています。

プロテオグリガンには、コンドロイチンが含まれています。関節の痛みを和らげたいと考えのみなさん、ぜひ健美の郷から発売されている「プロテウォーク」をお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとコンドロイチン それぞれの関節痛効果など比較

グルコサミンとコンドロイチン、それぞれの関節痛効果などを比較

関節痛に効果があるサプリとして知られる、グルコサミンとコンドロイチン。

毎日飲み続けるのであれば、それぞれの効果をしっかり理解しておきたいところ。理想的なサプリを探しているみなさんへ情報をまとめました。

グルコサミン 期待される効果

まずは、グルコサミンの効果についてみていきましょう。

軟骨の再生

グルコサミンの効果で最も期待されるのが「軟骨の再生」です。

軟骨はちょうどスポンジのように液体を吸って、骨と骨とがぶつからないよう関節を保護する大切な役割があります。

この軟骨の成分が、プロテオグリガンという物質です。そして、プロテオグリガン生成の原料となるのがグルコサミン。

つまり、グルコサミンが原料となって新たな軟骨が作られていくのです。

骨と骨との衝撃を和らげる軟骨を再生するグルコサミンは、「痛みの軽減や予防を期待」することができます。

美容効果

グルコサミンはヒアルロン酸の原料にも。ヒアルロン酸は水分保持、保湿の働きがあり乾燥した肌に潤いを取り戻します。

水分を保持できることで、乾燥が原因で起きるたるみやしわにお悩みの方も摂取するとよいでしょう。

コンドロイチン 期待される効果

次に、コンドロイチンの効果をみていきましょう。

軟骨の維持

コンドロイチンの効果で最も期待されるのが「軟骨の維持」です。別の言い方をすると軟骨に潤いを与え、消耗を減らす効果があります。

関節の部分には軟骨や関節液があり、膝の関節の潤滑油のような働きです。体重が膝にかかる動作はちょうどスポンジを上から押したイメージで、スポンジの中に溜まっていた関節液は外に押し出されます。

逆に体重をかけていない状態は元々のスポンジの形に戻ったイメージ。先ほど押し出された関節液が再びスポンジの中に戻ります。

この関節液を吸収する働きをするのが、コンドロイチン。コンドロイチンがもしなかったとしたら関節液は吸収されず、やがて失われます。

潤いを失った軟骨は摩擦力が大きくなり、消耗が激しく関節痛が起こりやすい状態となるのです。

コンドロイチンの潤滑効果によって、立つ、座る、歩く、昇るなどの「動作がスムーズ」になり、軟骨の維持につながります。

グルコサミン コンドロイチン 併せた場合の効果

グルコサミンとコンドロイチンは関節をサポートする目的においては同じ。でも、それぞれ役割や効果は異なっています。

この効果の違いこそ、グルコサミンとコンドロイチンを併せて摂取すべき理由。

グルコサミンとコンドロイチンはお互いを必要としているので、併せて飲むことで「大きな相乗効果」が期待できます。

今大注目の成分が配合されたサプリ

注目したい成分「プロテオグリガン」を配合したサプリ、健美の郷の「プロテウォーク」。プロテオグリガンは関節の中でクッションの働きをする重要な成分です。

プロテオグリガンは今までとても高価で手に入りにくいものでしたが、鮭の鼻軟骨から高純度で大量に抽出することに成功しました。

「プロテウォーク」はグルコサミン、コンドロイチン、このプロテオグリガンを新たに加えたサプリ。初めてサプリを買う方、これまでいくつか試したけど思うような効果を感じなかった方、新成分プロテオグリガンが配合されたプロテウォークをぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛に効くグルコサミン 基本知識編

関節痛に効くグルコサミンとは?ー基本知識編ー

グルコサミンとは何でしょう?その効果は?その名前は知っていても、詳しい成分や効果となると、分からないとお答えになるかもしれません。

グルコサミン配合サプリ購入の前に、グルコサミンの基本知識を押さえましょう。

成分について

グルコサミンは、糖とアミノ酸が結びついたアミノ糖の一つです。

人間の体内では、主に軟骨や皮膚組織の中に含まれています。自然界では、カニやエビの外殻に存在します。

グルコサミンは体内でもともと作られますが、加齢とともに減ってしまうことも知っておきましょう。

すばらしい効果

関節痛の大きな原因の一つに、軟骨組織の減少があげられます。軟骨は関節を保護しクッションの働きをしているので、これが減ると固い骨と骨がぶつかって痛みの原因となります。

ちょうど高級ベットマットも使い続ければクッション性が悪くなるのと同じです。

グルコサミンのすばらしい働きは「軟骨を再生」し、「動きを滑らか」にする効果があります。

効果その1.軟骨を再生

関節のクッションの働きする成分はコンドロイチン硫酸。

グルコサミンは、コンドロイチン硫酸を生成する大切な原料。残念なことに加齢とともに、グルコサミンとコンドロイチンの生産量は減ってきます。

グルコサミンを積極的に摂り入れるなら、軟骨のクッションの厚みが増し骨と骨との摩擦が少なくなり、痛みや違和感を抑えることができます。

効果その2.関節の動きを滑らかにする

グルコサミンを原料とする成分、ヒアルロン酸。ヒアルロン酸は水分を保持(ヒアルロン酸1gで6ℓの水を保持できると言われています)する働きがあります。

ヒアルロン酸を増やし軟骨に潤いを与えれば、関節の動作を滑らかにしスムーズな運動効果を与えることが期待できます。

摂取量と方法

グルコサミンの1日あたりの必要摂取量は、1500㎎。これより少ないと期待される効果は失われます。

カニやエビなどの特定の食品にグルコサミンは含まれていますが、殻など砕いて食べるのはとても手間がかかるので続けるのは大変ですよね。

でもサプリなら1日たった2粒で必要な量を摂取できます。

1箱60粒入りタイプのサプリ(健康補助食品)であれば1か月でちょうど間に合うため、うっかり飲み忘れてしまいそうな方でも管理しやすいのではないでしょうか。

毎日の継続が大切

立つ、歩く、座るなど毎日の動作で少しずつ軟骨はすり減ります。毎日グルコサミンを摂取し、すり減った分を回復させることが大切です。

軟骨の組織再生は一定ではなく、効果を感じるまでの時間にも個人差も。

また、効果を感じた時点で、摂取をやめると、状態に戻ってしまうので、グルコサミンを継続して飲み続けることが一番効果的な方法だといえます。

手軽に摂取できるサプリはこれ

これからサプリを試そうと思うと、どれにしようかと迷われる方も多いと思います。

まずは1日2粒でグルコサミンを手軽に必要量摂取できる「プロテウォーク」を試してみませんか?1箱60粒入りで1か月でちょうど飲みきれる内容で、コラーゲン・ヒアルロン酸に次ぐ第3の軟骨成分として注目を浴びているプロテオグリガンが配合されています。

規則正しい食事と適度な運動、そして健美の郷から発売されている「プロテウォーク」ではハツラツな毎日を過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンの効果なしと言われる理由は何?

グルコサミンの効果なしと言われる理由は何?

膝に不安を抱える方に多く飲まれているグルコサミン。しかし、グルコサミン効果なしの口コミをネットで見かけた方もいると思います。

グルコサミンの効果なしの口コミ情報はどこからくるのでしょうか。

グルコサミンは効果なしの理由・・・摂取期間について

膝が痛いときは、はやく症状を緩和させたいものです。服用する薬品やサプリによって即効性が期待できるものや、時間をかけて効いてくるものなど様々。

グルコサミンは、症状の程度にもよりますが、効果を実感するまでに比較的時間がかかります。2~3日で効いてくるものではありません。

このため、効果の判断が早いために、実感する前にやめてしまうケースもあるようです。

グルコサミンは、1ヵ月から1年程度継続して摂取することで効果を実感することができます。

早い人は、2週間程度で効果を感じはじめ、約1か月でほとんどの人が、効果を実感。

中高年に膝等の関節に不安を抱える人が多いのは、グルコサミンの生成が加齢とともに減少していくから。グルコサミンをサプリメントで補うことで、関節痛などの予防をすることができます。

効果が実感できない期間を乗り越えて、継続して摂取することが大切です。

グルコサミンの効果の効果なしの理由・・・摂取量について

グルコサミンの膝痛減少などの、効果を得るのに必要な1日の摂取量は、1,500mg~2,000㎎と言われています。この量を1日1回または数回に分けて摂取とることが、グルコサミンの効果を実感するためのポイント。

基準量以下の摂取量では毎日摂っていたとしても、グルコサミンは効果なし、ということになってしまいます。

グルコサミンの効果なしの理由・・・成分について

通常のグルコサミンの成分は、カニやエビの殻から抽出したグルコサミン塩酸塩と呼ばれるもの。

この成分は、体内でn-アセチルグルコサミンという成分に変わって軟骨まで届き、軟骨を作る成分として働きはじめます。

n-アセチルグルコサミンが最初から配合されたグルコサミンのサプリメントは、体内に吸収される量が通常のグルコサミンの3倍と言われます。

そのため、早く効果を実感したいという方は、n-アセチルグルコサミンを含むサプリメントを選ぶとよいでしょう。

通常のグルコサミンより、早く効果を実感できるので、効果なしと判断する前にやめるといったことが避けられるかもしれません。

グルコサミンの効果なしの口コミを超えた先に、プロテウォークあり

グルコサミンの効果なしといわれる原因を見てきましたが、まずは正しい摂取のポイントを理解することが重要です。

そして、グルコサミンの効果を実感して、膝や関節の痛みの不安のない、快適な生活を送っていただきたいと思います。決して、グルコサミンの効果なしの口コミがすべてではありません。

効果が期待できるグルコサミンをお探しの方には、健美の郷がご提供する「プロテウォーク」をご紹介します。ぜひ、一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

サプリメントイメージ

グルコサミンサプリメントの上手な見つけ方

膝や腰に不安を抱える世代の方に人気なのが、グルコサミンのサプリメント。

グルコサミンのサプリメントの選び方や、効果を実感するためのグルコサミンのサプリメントの使用法などをご紹介します。

グルコサミンとは?

グルコサミンは人の体内で生成される成分で、関節にある軟骨や爪などに含まれています。

骨と骨をつなぐ軟骨は、関節を動かすことですり減ってしまいますが、グルコサミンはそのすり減った軟骨を修復する働きをしているのです。

しかし、加齢とともにグルコサミンの生成量は落ちていき、軟骨がすり減った状態が続きます。これが、中高年に多い変形性膝関節症の原因の一つ。

グルコサミンを効率的に摂取できるサプリメントの選び方

グルコサミンの効果を出すためには、1日1,500㎎~2,000㎎の摂取量が必要です。

グルコサミンは、カニやエビの甲羅などに多く含まれているのは、ご存知の方も多いと思いますが、他には魚や鶏、おくらなどのネバネバ食品にも含まれています。

こういった自然食品からグルコサミンを摂取することができますが、含有量が少ないので1日の目安量を摂るのは現実的ではありません。

グルコサミンのサプリメントは、不足してくるグルコサミンを効率よく補うことができます。1日の摂取量が1,500㎎~2,000㎎含有されていることがグルコサミンのサプリメントを選ぶときの目安に。

また、体が生成する天然のグルコサミンに近い成分の、N-アセチルグルコサミンが配合れたものは、吸収がよく軟骨の生成に効果的です。

アレルギーが気になる方は、トウモロコシ等の植物が原料の発酵グルコサミンをおすすめします。

グルコサミンのサプリメントの効果的な飲み方

グルコサミンのサプリメントの効果を実感するためのポイントをご紹介します。

継続で効果を実感

グルコサミンのサプリメントは、短期間に効果が現れるものではありません。

体の状態にもよりますが、通常約1か月ほど飲み続けて、効果が実感できるようになります。

加齢で膝軟骨がすり減って膝が痛いような場合や、その予防のためには半年から1年以上継続して飲み続けることが大切。

グルコサミンのサプリメントは摂取量を守ることが大事

グルコサミンのサプリメント効果を得るためには1日1,500㎎~2,000㎎という量を摂ることが必要とされています。

1度に摂るよりも、1日分を数回に分けて摂るとグルコサミンの効果が持続できます。粒が小さく飲みやすいものを選ぶことも、グルコサミンのサプリメントを長く飲み続けるためのポイント。

また、膝の痛みが強いときなどは量を増やして飲んでも問題はありませんが、人によっては下痢や吐き気などを感じる場合もあるので注意が必要です。

グルコサミンのサプリメントを飲むタイミングとしては、胃に負担をかけない食後がいいようです。飲む習慣づけにもなります。

グルコサミンのサプリメント選びのご参考に

グルコサミンのサプリメントをご検討の方に、選び方や飲み方のポイントをご紹介してきましたが、ご参考にしていただければ幸いです。

サプリメントを摂取する場合は、日頃の食事とのバランスを考えることが大切です。快適な生活をおくるためにも、上手にサプリメントを活用したいものです。

健美の郷のプロテウォークは、注目のプロテオグリカンと、軟骨保護成分のアーティチョク葉エキスを配合したサプリメント。どちらも多くの方の快適な日常をサポートしていますので、安心してご購入いただけます。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

関節痛に効くグルコサミンやコンドロイチンには副作用はあるの?

関節痛に効くグルコサミンやコンドロイチンには副作用はあるの?

グルコサミンやコンドロイチンは、関節痛やその予防として人気のある成分。

効果ばかりに注目される成分ですが、体に影響を与えるような副作用はあるのでしょうか。

グルコサミンの副作用

グルコサミンは、もともと軟骨や皮膚など、人の体内に存在するもの。自然食品にも含まれていまので、安全性の高い成分とされています。

ただ、場合によっては注意が必要なときもあります。人の体は個人差もあり、体調の善し悪しで、副作用がでてくる可能性もあるので用法・容量をきちんと守りましょう。

食物アレルギーがある場合の副作用

グルコサミンの成分は、カニやエビ等の甲殻類から抽出されます。これらの成分にアレルギーがある方はアレルギー症状が出るという副作用があります。

この場合は、植物性の原料でできたグルコサミンがおすすめ。

糖尿病がある場合の副作用

糖尿病の場合、摂取したグルコサミンが、インスリンの働きを抑制してしまい血糖値のコントロールができなくなります。

そのため、症状が悪化してしまうといった副作用の可能性も考えられます。糖尿病の方は、事前に医師にサプリメントについて相談しておくことよいでしょう。

摂取量を超えた場合の副作用

グルコサミンの1日の摂取量は、1,500㎎から2,000㎎(体重や体調により個人差があります)とされています。

膝痛などがひどくて、一回に大量に摂取した場合など、個人差はありますが、腹痛や下痢、体調不良等の副作用が出るケースもあるようです。

決められた用法・用量を守りましょう。

コンドロイチンの副作用

コンドロイチンは、副作用がほとんどない食品。体内に存在する成分であり、おくらや納豆、フカヒレなどの食材にも含まれています。

しかし、個人差や使用状況によっては注意が必要なので、摂取前におさえておきましょう。

膝痛治療中のコンドロイチンの副作用

コンドロイチン自体の副作用はありませんが、膝の治療などで使われる鎮静剤と一緒に摂ると、上部腹痛や吐き気、下痢、便秘などの症状が出る場合も。

喘息がある場合の副作用

喘息に罹っている場合、症状を悪化させる可能性があるのでコンドロイチンの摂取には注意が必要です。

持病のある場合や妊娠中のかたの副作用

妊娠中や授乳中の方に、コンドロイチンの副作用があるという報告は確認されていませんが、この期間はサプリメントは避けたほうが無難と言ってよいでしょう。

また、持病があったり、手術後の方も血管への影響などから摂取は避けましょう。

注目のプロテオグリカンF配合のプロテウォーク

膝痛などの関節痛対策に効果があるグルコサミン、コンドロイチンを、副作用を気にせず摂るには用法・用量をきちんと守ることが大切。

通常の食事とサプリメントのバランスを考えて、正しく摂取することが体の不安を解消して快適な暮らしにつながっていきます。

健美の郷の「プロテウォーク」は、青森県の弘前大学のプロジェクトチームが抽出に成功した、高純度で大量の鮭の鼻軟骨成分プロテオグリカンを中心にグルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸、コラーゲンを配合した、健康補助食品です。

足腰の衰えや関節痛が気になり始めた方は、ぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとコンドロイチンの違いと効果

グルコサミンとコンドロイチンの違いと効果

グルコサミンとコンドロイチンは、様々なサプリメントや健康食品などに配合されています。両方を配合しているものも少なくありません。

グルコサミンとコンドロイチンには、どのような違いがあるのでしょうか。

グルコサミンとコンドロイチンの違いとは

グルコサミンとコンドロイチンを配合したサプリメントは、どちらも膝などの関節に効果があると言われています。

グルコサミンとコンドロイチンの違いを知るために、まず両方の特徴を見ていきましょう。

グルコサミンの特徴と役割

グルコサミンは、人の軟骨や皮膚などに含まれる成分。軟骨を作り、関節の機能を維持する働きがあります。

欧州では医薬品として使用され、変形性関節症の治療に有効とされています。

グルコサミンの働き

グルコサミンは、関節で骨と骨の間のクッションの役割をする軟骨を作るプロテオグリカンを作り、すり減った軟骨を修復して、関節のスムーズな動きを支える重要な働きを持っています。

他にも、コンドロイチンやヒアルロン酸もグルコサミンから生成されています。

グルコサミンは、加齢で減少

グルコサミンは、体内で生成される成分ですが、加齢とともに生成量も減少してしまいます。グルコサミンが減少してくると、すり減った軟膏の修復が追いつかず、痛みや炎症を引き起こします。

中高年の方に、膝などの関節に不安や悩みが多い原因にあげられるのはこのため。

グルコサミンの効果を実感するために

グルコサミンは、アミノ糖の一種で、カニやエビ等の甲殻類や、鶏や豚の軟骨部分に多く含まれる成分。

植物では、おくらや山芋などの粘り気のある食品に含まれます。しかし、通常の食事でグルコサミンの有効摂取量とされる、1日1,500㎎以上を摂ることは困難。

サプリメントを正しく利用することで、安定したグルコサミンの補給をすることができます。さらに長く継続して摂取することで、効果を実感できるようになるので手軽さも重要です。

コンドロイチンの特徴と役割

コンドロイチンは、グルコサミンから生成されたプロテオグリカンに含まれる成分で、蛋白質と結びついた、ムコ多糖体の一種。軟骨に水分を補給して、軟骨の分解を防ぎます。

コンドロイチンは、グルコサミンのように軟骨を作ることはできませんが、軟骨を維持するという違いがあります。

コンドロイチンも、加齢で減少する

加齢でグルコサミンが減ってくると、必然的にコンドロイチンも減少するので膝などの関節ダメージが大きくなります。

コンドロイチンは、粘り気のある食品や海藻などに含まれますが、量はあまり摂れません。サプリメントでしっかりと補うことで、関節の不安や症状を改善することもできるでしょう。

グルコサミンとコンドロイチンを効果的に摂取できるサプリメントのご紹介

グルコサミンとコンドロイチンを単独で摂るよりも、2つの成分がバランスよく配合されたサプリメントで摂ることをおすすめします。

健美の郷がご提供するプロテウォークは、グルコサミンとコンドロイチンを一度に摂れる鮭軟骨抽出成分のプロテオグリカンFに、軟骨の保護をサポートするアーティチョーク葉エキスやヒアルロン酸等を配合した健康食品です。

膝などの関節に不安や悩みを解消し、運動+プロテウォークで健康で快適な毎日を続けましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の違いとは

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸の違いとは

関節痛などに効果のあるサプリメントの広告で、よく目にする「グルコサミン」「コンドロイチン」「ヒアルロン酸」という成分。

それぞれ、どのような特徴や違いがあるのでしょうか。

グルコサミンについて

グルコサミンは、体内で作られるアミノ糖の一種で、すり減った軟骨を再生する働きを持っています。軟骨細胞を作るのに必要なプロテオグリカンという成分の生成を助けることで軟骨を正常に維持しているのです。

また、ヒアルロン酸やコンドロイチンも軟骨成分の一種であり、グルコサミンがその生成の役割をしています。そのため、加齢によりグルコサミンの生成が少なくなると、膝関節などが痛みにつながります。

グルコサミンは、カニやエビの甲殻類や、鳥や豚の軟骨、トウモロコシやオクラなどの植物にも含まれていますが、効果が期待できる1日の摂取量1,500㎎~2,000㎎を食事から摂取するのは難しいのが現状。カニの殻はなかなか食べませんよね。

食生活に加え、サプリメントを正しく活用することで、グルコサミンを効率よく摂取することができます。

コンドロイチンについて

コンドロイチンはムコ多糖類(たんぱく質と結合した状態)の一種で皮膚や粘膜など体内に広く存在します。

グルコサミンから生成され、軟骨を作る成分のプロテオグリカンの成分。プロテオグリカンは、軟骨に水分や栄養分を補給して弾力性を持たせることで、膝などの関節のスムーズな動きをサポートしています。

コンドロイチンも、グルコサミンと同様に加齢によって減少する成分。グルコサミンと一緒に摂ると、相乗効果が期待できます。

食品では、ねばねば系の食品やフカヒレ、うなぎ、スッポンに多く含まれています。

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸は、化粧品のうるおい成分としてもよく知られています。水分を蓄える性質や、関節の潤滑剤としての役割が期待される成分です。

目の硝子体や肌、関節の軟骨に多く存在し、目の潤い(涙の成分)や眼球を丸く保つのもヒアルロン酸の機能。

関節に関しては、コンドロイチンで供給された水分を保持して、膝などの軟骨の動きを滑らかにしてくれます。

重い膝痛のときには、ヒアルロン酸を膝に直接注射して、痛みや炎症を和らげ膝の動きを回復させることもあります。さらに、1gあたり6リットルという保湿能力で肌のうるおいをキープして、若さを保つ効果が期待できます。

ヒアルロン酸も魚や鶏などの軟骨に含まれていますが、熱に弱いため40℃以上になると成分が壊れてしうため調理が難しく、必要量を摂取しにくい成分です。

サプリメントで快適な暮らし

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸それぞれに、特徴があり効果が違います。しかし、通常の食事でこれらの成分を摂ることが難しいという点で共通しています。

グルコサミン、コンドロイチン、ヒアルロン酸のサプリメントを正しく使い、3種類の健康成分の相乗効果で効率的に関節痛などを改善することができるのです。

さらに、継続的に摂取することで、ロコモティブシンドロームなどの予防にも効果があり、健康で快適な暮らしを維持することにつながります。

健美の郷のサプリメントのご紹介

健美の郷の「プロテウォーク」は、軟骨成分プロテオグリカンに軟骨保護成分アーティチョーク葉エキスを加えた健康補助食品です。

いずれも、膝などの関節に不安を抱える世代に高く支持されています。効果的な成分が配合されたサプリメントで、快適生活を手に入れましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました