月別アーカイブ: 2015年10月

食事で始めるロコモティブシンドローム対策!

食事で始めるロコモティブシンドローム対策!

年配の方から子供まで、今問題になっているロコモティブシンドローム。より質の高い生活を送るために避けては通れないロコモ問題について、ここでは食事にポイントを置いてご紹介します。

健康な毎日をおくるために、体に必要な栄養素とは?

ロコモ対策に限らず健康な食生活の基本は、タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をバランスよく摂取することです。

体を作る原料・タンパク質

 
20種類のアミノ酸から作られているタンパク質、そのうち9種類は必須アミノ酸と呼ばれ、体の中で作ることができません。筋肉・骨・臓器などを構築するタンパク質が不足すると、筋肉量が落ち、病気への抵抗力が低下する原因になります。

効率的なエネルギー源・脂質

1グラムで9キロカロリーと高エネルギーな脂質。
必要以上に摂ると肥満や生活習慣病の原因になってしまいますが、逆に不足すると皮膚が乾燥したりシワが起こったりする他、女性の場合には生理不順の原因にもなります。

即効性のあるエネルギー源・炭水化物

消化吸収によってブドウ糖などに分解される炭水化物。脂質と同じく摂り過ぎは肥満の原因になりますが、不足すると脳や神経の働きに支障をきたします。

体内のサポーター・ビタミン

体内の酵素の働きを助けるビタミンは、タンパク質・脂質・炭水化物が体の中でスムーズに働くサポートをしてくれる栄養素です。体の潤滑油ともいえるビタミンですが、極端な量を摂りすぎると悪影響が起きる可能性も。

体内の調整役・ミネラル

微量ながら、体液の調整や、神経・筋肉の機能維持など重要な役割を担当しているのがミネラルです。

どんな食事で栄養素を摂ればいい?

それぞれの栄養素を摂るには、どんな食事を心掛ければよいのかをみていきましょう。

タンパク質

動物性の食品に多く含まれているので、ステーキや焼き魚といった料理から効率的に摂ることができます。

脂質

脂質は肉類や魚類、植物油などの油ものに多く含まれています。

炭水化物

ダイエット中の方はどうしても避けたいのが炭水化物。肥満につながりにくい摂り方としては「麦ご飯」があります。

ビタミン

さまざまな食品に含まれているビタミンですが、例えば、野菜なら熱を加えると水分と一緒にビタミンも流失してしまうので、その水分も逃さずに食べるなど、効果的に摂るのは工夫が必要です。

ミネラル

ミネラルの宝庫と呼ばれているのが海藻類。ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リンの必須ミネラルの他に、さまざまな微量必須ミネラルまで含まれている優良食材です。野菜とあえた酢の物などは疲れも取れて一石二鳥です。

ロコモ予防・対策にイチオシの一品

ロコモ予防・対策に限らず、健康的な食生活の基本は「バランス」これに尽きます。レシピに悩んでいらっしゃる方は、「酢豚」のようなレシピだと簡単に取り入れられるでしょう。酢豚は豚肉と野菜が組み合わさっているため、筋肉を効率よく作るのに非常に適しています。

日常の食事では摂りにくい栄養素はサプリでサポート!

最近では、ロコモ予防・対策に非常に効果的な成分として、「グルコサミン」「コンドロイチン」「プリテオグリカン」が注目されています。これらは普段の食事ではなかなか満足な量を摂ることができないので、不足しがちな栄養素はサプリメントで補うのもいいでしょう。

健美の郷が開発したロコモ予防・対策サプリの「プロテウォーク」は、1日3粒を摂ることで、ロコモ対策において重要な筋肉・骨・軟骨の生成やそのサポート役として働いてくれます。健康的な食生活に「プロテウォーク」をプラスして、充実した時間をお過ごしください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

もはや成人病ではない!子供にロコモ増加中!

もはや成人病ではない!子供にロコモ増加中!

比較的年配の方の問題だと思われてきたロコモが、今では子供達の間で増加しているのをご存知でしょうか。これからたくさんのことにチャレンジしていく子供達の為に、まずは共に健康な体を目指しましょう!

うちの子は大丈夫!?今すぐできる子供のロコモチェック

自分の子供がロコモに陥っていないか、一般的に子供がロコモかどうかのチェック方法として、このような指標が用いられています。さっそくお子さんがロコモかどうかを確認してみましょう。

  • 片足立ちが5秒以上できるか
  • 肩が180度しっかり上がるか
  • 起立している状態から全屈して指先が床までつくか

子供ロコモの原因とは?

さて、あなたのお子さんのチェック結果はどうでしたか。チェック結果が気になった方、また今は大丈夫そうだけれど2年後、3年後が心配だという親御さんの為に、子供のロコモ問題をしっかりと考えていきましょう。

それでは子供のロコモ、まずはその原因から考えます。

運動不足

ゲーム機やスマートフォン、タブレットが普及している現代では、どうしても子供達が外で遊ばず家にこもりがちになってしまいます。

そして体を動かすことが好きなお子さんがいても、元気に遊べるスペースが特に都心では絶対的に減ってきており、運動不足解消を妨げているのが現状。

さらに近年では、胸を痛めるような事件に子供が巻き込まれるケースもあり、子供を一人で外遊びさせることに抵抗を感じる親御さん達も少なくないはずです。

食習慣

コンビニやスーパーに行けば簡単にジャンクフードが手に入る現代。自分の体のことまではなかなか気を配ることのできない子供達が、ついつい甘いお菓子などを食べ過ぎてしまいます。

更には「低栄養・痩せ過ぎ」も大きな問題です。昔と比べて自分の体のスタイルを気にする子供達が増えていますが、行き過ぎるとかえって健康を害してしまいます。

子供のロコモの予防・対策は?

「運動不足」の対策は、当たり前ですが積極的に体を動かすことが一番。体を動かすことはロコモ予防になるだけでなく、心の健康を育むことにもつながります。

注意点

運動の際に注意して頂きたいのが、体の同じ部分だけを動かすような運動は避けるということ。体の一部分だけを酷使すると、結果として他の部分に負担がかかってしまうので、さまざまなスポーツ・運動に積極的に取り組みましょう。

「食生活」の改善策は、ジャンクフードなどを食べ過ぎないことはもちろんですが、3度の食事をなるべく同じ時間に食べることも大切な習慣です。

子供のロコモ対策として他にはどんな方法があるの?

より積極的に子供のロコモ予防・対策に取り組む方法としてサプリを摂ることでロコモ対策に必要な栄養素を確保する方法もあります。

実はロコモ対策に必要な栄養素は、きちんと三度の食事を食べてもなかなか十分には摂取することができません。特にロコモ対策に効果的と言われている、「プリテオグリカン」「グルコサミン」「コンドロイチン」は普段の食事ではなかなか摂れません。

子供達の明日のために!サプリでロコモ対策!

読んでいてお分かりになるかと思いますが、ロコモティブシンドロームのきっかけは、毎日の習慣の積み重ねです。不健康な習慣を続けていると、おのずと体の機能は衰えていきます。それを防ぐには、運動や食生活の改善など、健康的な習慣を身につけるしかありません。

健美の郷の「プロテウォーク」は、ロコモ対策に効果が期待されるプリテオグリカン・グルコサミン・コンドロイチンなどを含んでいるサプリメント。普段は摂取することが難しい栄養素を気軽に摂り入れることができるので、幅広い年代の方にオススメです。気になる方は、ぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

人生の土台は健康な足腰!サプリでロコモ対策!

人生の土台は健康な足腰!サプリでロコモ対策!

放置すると介護が必要になったり、場合によっては寝たきりになってしまう可能性もあるロコモティブシンドローム。その予防・対策として注目されているサプリの摂取についてご説明していきます。

ロコモティブシンドロームって何?

ロコモとは「ロコモティブシンドローム」の略称で、筋肉・骨・関節・軟骨などの体の運動機能に、加齢に伴う身体機能の低下や変形性膝関節症や、骨粗鬆症などの疾病が原因で障害が起こること。

症状が進むと「立つ」「歩く」「しゃがむ」などの日常の動作が困難になり、場合によっては介護が必要になったり、寝たきりになる可能性もあります。

ロコモ予防・対策のサプリに必要な成分には何がある?

それでは、具体的にロコモ予防・対策が期待できるサプリに必要な成分にはどんなものがあるのかご説明していきます。

まずは健康な体の材料から

筋肉や骨のもとになるタンパク質やカルシウム、体内では合成できないアミノ酸など、さまざまな栄養素をバランス良く摂ることが、ロコモ予防・対策の第一歩です。

擦り減ってしまった軟骨をサポート「グルコサミン」

グルコサミンとは、簡単にご説明すると体の中の軟骨の材料になっている成分で、自然界ではカニやエビなどの甲殻類に多く含まれており、関節痛の軽減が期待されます。

しかし、グルコサミンを毎日の食事で十分な量を摂るのは困難です。

毎日働き続ける関節を柔らかく「コンドロイチン」

コンドロイチンの最も大きな働きとして、血管の通っていない軟骨に水分を運ぶ働きがあります。これによって軟骨に栄養が供給され、かつ老廃物を排出することができるため、軟骨の弾力性を保つことできるのです。

「グルコサミン」と「コンドロイチン」はお互いにサポートし合う関係にあり、これらをサプリで同時に摂ることで、より大きな効果が期待できるでしょう。

柔軟な軟骨を維持する切り札「プリテオグリカン」

最近注目を集めているプロテオグリカンは、保水力に優れているため、軟骨に水分をキープさせてスムーズな動きをサポートする効果が期待されています。

以前は、その抽出が難しく多くのコストがかかっていましたが、今では低コストで高純度で大量のプロテオグリカンを抽出する方法が確立されました。

まずは手軽に始められることを!

ロコモ予防・対策としてもちろん運動も効果的なのですが、普段運動をしていない方が、急に激しい運動をしてしまうのは危険です。怪我をする恐れもあり、運動器に支障をきたしてしまっては元も子もありません。

ましてや、年齢を重ねて筋肉が弱っている年配の方ならばなおさらです。まずはサプリメントなどで、プロテオグリカンやグルコサミンなどの成分を効率的に摂り入れましょう。

少しずつでも、着実にロコモ予防・対策を

年齢を重ねるごとに、人間は否が応でも体力が落ちてしまいます。健康な足腰を保ち、より充実した生活を送るためにはロコモ予防・対策は必須と言っても良いでしょう。

健美の郷の「プロテウォーク」には、先ほどご説明した成分、グルコサミン、コンドロイチン、プリテオグリカンの他にヒアルロン酸やコラーゲンも含まれています。

また、一日3粒の摂取なので続けやすいことも魅力の一つ。健康な足腰ををキープして、明日からの充実した毎日に歩き出しましょう!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

ロコモティブ症候群を防ぐために気をつけることは?

ロコモティブ症候群を防ぐために気をつけることは?

40歳を過ぎたら気をつけたいのがロコモティブ症候群(運動器症候群)。年を重ねても元気で充実した生活が送れるように、日頃から足腰の衰えを予防していくことが大切です。

要介護や寝たきりの原因となるロコモティブ症候群

最近、医療の分野で注目が高まっているロコモティブ症候群。

これは筋肉や骨、関節、軟骨などの運動器に障害が起こり、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態を指し、進行すると日常生活に支障をきたし、要介護や寝たきりになる危険性が高くなります。

ロコモ予備軍の割合

現在40歳以上の約8割が「ロコモティブ症候群及び、その予備軍」と言われており、まさに新たな国民病となっているのです。

健康寿命を伸ばすためにロコモティブ症候群の予防を

超高齢化社会を迎え、改めて見直されている「健康寿命」という考え方。これは「健康上の問題がない状態で日常生活を送れる期間」のことで、厚生労働省の発表によると2013年の時点で、男性が71.19歳、女性が74.21歳となっています。

健康寿命を伸ばし、いつまでも元気で暮らせるように、要介護や寝たきりの大きな要因となるロコモティブ症候群の予防が重要となっているのです。

ロコモティブ症候群を防ぐには

ロコモティブ症候群は、高齢者だけでなく、誰でもなり得る病気です。「歩くのが遅くなった」「立ったり座ったりが大変」「足腰がだるい」といった衰えの兆候を感じたら要注意。

深刻な状態になる前に、いち早く予防をすることが大切です。その第一歩は、生活習慣を見直し、運動や正しい食事を取り入れることにあります。

身体を動かす習慣をつくろう

また、ロコモティブ症候群の原因となる運動器の衰えを防ぐには、日々の運動が欠かせません。ウォーキングやストレッチなどに加え、徒歩や自転車で通勤するようにしたり、できるだけ階段を使ったり、普段から少しでも身体を動かすように心がけることが大切です。

日本整形外科学会では、ロコモティブ症候群の予防に効果がある運動として、次の2つを推奨しています。

開眼片脚立ち

左右それぞれ1分ずつ片脚で立つ運動です。朝昼晩、1日3回行いましょう。

スクワット

足を肩幅より少し広く開き、深呼吸をするペースで5~6回スクワットをします。膝に負担がかかりすぎないように、膝を90度以上曲げないことがポイント。1日3回行いましょう。

5大栄養素をバランスよく摂ろう

運動器の健康を保つためには、バランスの取れた食事も欠かせません。

1日3回の食事で炭水化物や脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルのなどの「5大栄養素」をしっかりと摂ることが大切です。加えて、骨を強くするために、カルシウムを多く含んだ食材なども積極的に摂りましょう。

また、肥満ややせ過ぎにも注意が必要です。肥満になると膝や腰の負担が増し、逆にダイエットなどでやせ過ぎると、骨や筋肉の量が減って、骨粗しょう症などの原因にも。栄養のバランスとともに、適量を心がけて食事をすることが大切です。

サプリメントでの栄養補給も効果的

運動と食事の面からロコモティブ症候群の予防法をいくつが紹介しましたが、大切なのはずっと続けていくこと。

自分の生活スタイルに合わせて無理なく続けられる習慣をつくりましょう。加えて、サプリメントで運動器の衰えを防ぐ栄養素などを補給することも手軽に続けられる予防法としておすすめです。

健美の郷の「プロテウォーク」は、関節の健康に効果があると言われているプロテオグリカンをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸、グルコサミンなどを配合したサプリメントです。日頃のロコモティブ症候群の予防にぜひお役立てください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

イキイキとした毎日に! プロテオグリカンの3つの効能

イキイキとした毎日に!プロテオグリカンの3つの効能

膝痛などに効く成分として話題のプロテオグリカンをご存知でしょうか? 優れた保水性に加え、抗炎症作用なども確認されており、私たちの健康や美容を維持する上でさまざまな効能が期待されています。

健康や美容をサポートするプロテオグリカン

プロテオグリカンは私たちの軟骨や皮膚に多く含まれている成分で、保水力に優れているのが特徴です。そのパワーは、保水成分として知られるヒアルロン酸の約1.3倍と言われており、軟骨や皮膚を守る潤滑剤として重要な役割を果たしています。

加えて、細胞の新陳代謝を高めたり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促したり、炎症を抑えたりと、さまざまな効用を発揮。関節や肌の健康を維持するために、なくてはならない成分なのです。

なぜプロテオグリカンが注目されているのか?

プロテオグリカンの存在はかなり以前から知られていましたが、抽出が難しく非常に高価だったため、普及していませんでした。

しかし近年、弘前大学を中心とした研究チームが、これまで捨てられていた鮭の鼻軟骨から、低コストでプロテオグリカンを効率的に抽出することに成功。サプリメントなどに使用されるようになり、その優れた効能が注目されるようになりました。

プロテオグリカンに期待される作用

健康や美容に効能があると言われているプロテオグリカンですが、具体的にはどのような症状に効くと言われているのでしょうか?

膝や腰の関節痛を緩和

関節をスムーズに動かすために重要なのが、骨と骨が直接ぶつかるのを防ぐ軟骨です。プロテオグリカンは軟骨を構成する主要成分のひとつで、その優れた保水性により軟骨に弾力を与え、クッションとしての働きをサポート。関節にかかる衝撃を和らげ、スムーズな動きを助けます。

さらに、軟骨細胞の新陳代謝を高め、成長や増殖を促進。加齢などによる軟骨の摩耗を防ぐとともに、すでにすり減ってしまった軟骨の再生にも効果が期待できます。 

美肌効果でアンチエイジング

肌にはEGF(上皮細胞成長因子)と呼ばれる、細胞の再生や増殖を助ける因子があります。このEGFは年齢とともに減少してしまい、肌が衰える大きな原因に。

プロテオグリカンには、EGFと同じように細胞の新陳代謝を促す作用があり、優れた保水力で肌の乾燥も防止。肌の老化を抑え、若々しく保つ効果が期待できるのです。

また、美肌に効果のあるコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す作用も確認されています。

大腸炎や生活習慣病を予防

炎症を起こす免疫細胞の働きを抑制する抗炎症作用も、プロテオグリカンの大きな特徴です。現在、この抗炎症作用を応用したさまざまな研究が進んでおり、とくに潰瘍性大腸炎などの抑制に効果があると期待されています。

また、多くの生活習慣病の原因と言われている「活性酸素」の発生を抑制することで、脳や内臓の老化をはじめ、肥満や糖尿病などの予防にもつながると考えられているのです。

関節と肌の健康へ、定期的にプロテオグリカンの補給を!

私たちの体内で重要な役割を果たしているプロテオグリカンですが、年齢を重ねるとともに減少してしまうので、関節や肌のトラブルを予防するためにも定期的な補給が大切です。

健美の郷がお届けする「プロテウォーク」は、プロテオグリカンをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸、グルコサミンなどを配合した飲みやすいサプリメント。1日3粒で、関節や肌の健康維持に必要な栄養を手軽に補給できるので、ぜひお試しください!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

変形性関節症にはプロテオグリカンが効果的?

変形性関節症にはプロテオグリカンが効果的?

中高年の方々が抱えている関節痛の多くが変形性関節症によるもの。今回はこの疾患が起こる原因とともに、症状緩和や予防に効果があると注目されているプロテオグリカンについてご紹介します。

変形性関節症とは?

変形性関節症は、関節の軟骨がすり減ることによって起こる症状で、中高年の方々の関節痛の主な原因と言われています。どの関節でも起こりますが、膝関節での発症が最も多いのが特徴です。

変形性関節症の初期症状

変形性関節症の初期段階では、立ち上がる時や動きはじめなどに、軽い痛みや違和感が生じます。これを放置すると、軟骨の摩耗がさらに進み、関節の骨と骨が直接ぶつかって激しい痛みを感じることも珍しくありません。

膝関節でこの段階までくると、曲げ伸ばしがつらくなり、階段の上り下りなどはもちろん、平地での歩行にも支障が出ることに。

この変形性関節症は、いま話題のロコモティブシンドローム(運動器症候群)の原因のひとつと言われており、悪化すると関節が変形してしまい、ひいては要介護や寝たきりにもつながる危険があります。

変形性関節症の原因は?

変形性関節症の原因としては、やはり加齢による影響が大きいと言われています。年齢を重ねるとともに軟骨の摩耗が進み、同時に関節を支える筋肉も弱くなるので、関節への負担が増し、発症しやすくなるのです。

さらに、遺伝的なものや体重負荷なども原因として挙げられます。

年齢とともに増える変形性関節症

変形性関節症は40~50代から多くなり、年齢が高くなるにつれて発症率が増えます。また、年齢が高くなるほど女性の割合が多くなるのも特徴。日本ではおよそ3,000万人が罹っていると推定されています。

なぜ変形性関節症にプロテオグリカンが効くのか?

変形性関節症の対処法には、運動療法をはじめさまざまなものがありますが、プロテオグリカンという成分を摂ることで、症状改善や予防が期待できると注目を集めています。

軟骨に多く含まれるプロテオグリカン

糖とたんぱく質が結合した糖たんぱく質の一種で、Ⅱ型コラーゲンとともに軟骨の主要成分となっているプロテオグリカン。

ヒアルロン酸の約1.3倍と言われる優れた保水力を持ち、軟骨に弾力性や柔軟性を与え、クッションとしての働きを支えているのです。

プロテオグリカンを摂ることで丈夫な軟骨に

プロテオグリカンには、細胞の新陳代謝を高める作用もあるため、軟骨細胞の成長や増殖を促す作用も期待されています。

すでにすり減ってしまった軟骨の再生にも効果あると言われており、その万能性から目が離せません。

サプリメントで手軽にプロテオグリカンを補給

以前は非常に高価だったプロテオグリカンですが、近年サケの鼻軟骨から低コストで効率的に抽出できるようになり、サプリメントなどの成分として普及するようになりました。

毎日の食事だけでは摂ることが難しいプロテオグリカンも、サプリメントなら手軽に補給できます。

健美の郷の「プロテウォーク」は、プロテオグリカンを配合した飲みやすい錠剤タイプのサプリメントです。関節の痛みや違和感でお悩みの方はぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンの1日の摂取量の目安は?

プロテオグリカンの1日の摂取量の目安は?

最近、脚光を浴びているプロテオグリカン、1日にどの程度摂取すればいいのでしょうか?また、どのようなものを選ぶとよいのでしょうか?

美肌効果や関節痛に効果があると言われている、プロテオグリカンの摂取量と質について見ていきましょう。

プロテオグリカンの1日の摂取量

それでは、実際の摂取量についてご紹介します。

摂取量はメーカーで異なる

プロテオグリカンの適正摂取量ですが、結論から言えばメーカーによって異なるのが現状です。5~15mgや5~25mgが適正としているところもあれば、最大50mgまで大丈夫というところもあります。

商品ごとに異なるため、メーカーが推奨する摂取量をきちんと確認しておきましょう。

過剰摂取は厳禁

プロテオグリカンは副作用がないため、「だったら、たくさん摂ったほうが効くんじゃないか」と思いがちですが、どんなものも摂り過ぎは禁物。

一定量以上は効果が高くなるわけではありません。摂り過ぎたプロテオグリカンの成分は、体に吸収されることなく体内に脂肪として残ってしまいます。

なにごとも適正量を保っていくこと、そしてなにより、続けていくことのほうが大事です。

大事なのは量と質のバランス

プロテオグリカンを摂取し過ぎても意味がありませんが、それなりの量を摂ることも必要です。

まずは1日にどの程度の量を飲むことで、どのくらいのプロテオグリカンを摂取できるのか、ここをしっかりとチェックしておきましょう。できれば、飲む量は少なく、含有量は多いほうが継続して飲むのには適しています。

そしてもう一つ大事なのが、プロテオグリカンの質です。効果を高めるためにも、良質なものを摂取しましょう。

プロテオグリカンを選ぶポイント

では、質を選ぶ時の基準を見ていきましょう。選ぶポイントは次の5つです。

1.天然サプリメントを選ぶ

サプリメントは天然のものから抽出されたものと、化学合成でつくられたものがありますが、当然ながら、天然のものを選ぶことが大事です。

化学合成のものは安くできるというメリットはありますが、他の添加物も含まれていることも。このような成分を毎日摂取すると、健康を害する危険性もあります。

2.加熱処理されていないものを選ぶ

加熱されてしまったものは、効果が期待できません。酵素は60度以上の熱を加えると崩れてしまいます。

3.添加物の入っていないものを選ぶ

添加物とは化学合成でできた原料のこと。また、添加物が入っているとしても、必ず天然成分由来のものであるかをチェックしておきましょう。

4.他の成分とのバランス

成分がプロテオグリカンだけのサプリメントは、逆に効果を発揮しないこともあります。

他の栄養素とのバランスで吸収率が変わってくるので、効果の高い成分が配合されているかを確認しましょう。

5.製造年月日をチェック

これはあたりまえのことですが、天然成分だからこそ鮮度の良い物を選ぶことが大事です。なるべく新しいものを選びましょう。

食事と一緒に摂りましょう

いくら1日の摂取量を守ったからといっても、サプリメントはあくまでも栄養補助食品です。栄養の吸収率を考えると、他の栄養素と一緒に摂取することが望ましいため、サプリメントは食後30分以内に摂取したほうがよいでしょう。

適切な量と良い質、そして継続して摂るためには、しっかりとしたものを選ぶ必要があります。

プロテオグリカンをはじめ、健康寿命を伸ばすための栄養素が多く含まれている、健康の郷の「プロテウォーク」。健康で丈夫な筋肉や骨、軟骨の形成をサポートするサプリメントをぜひ一度体験してみてください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛を予防・改善するにはプロテオグリカンがオススメ

膝痛を予防・改善するにはプロテオグリカンがおすすめ

「立ったり座ったりするときに起こる膝の痛みをなんとかしたい…」、そんなお悩みを持つあなたの救世主となるのが「プロテオグリカン」です。

つらい膝の痛みを予防・改善するプロテオグリカンとは、一体どのようなものなのかをご紹介しましょう。

膝の痛みはどうして起こるのか?

膝の痛みの原因についてご紹介します。

膝痛と水分量の関係

膝の痛みの原因の多くは「変形性膝関節症」と言われているもので、関節で骨と骨をつなぐ軟骨が欠けてしまうため、痛みを伴うようになります。

軟骨には水分が含まれていますが、この水分が減ると、軟骨のクッション性が失われてしまうことに。年齢とともにこの水分が減ってしまうため、膝の痛みに悩む人が多くなるのです。

こんなことも膝痛の原因に

膝には体重の3倍もの負荷がかかると言われていますが、体重が増加すればそれだけ膝への負担も増え、軟骨を傷つけやすくなります。

また、年齢とともに女性ホルモンのエストロゲンが減少することで生じる、軟骨変性も原因の一つです。

膝痛改善に役立つプロテオグリカン

膝の痛みを改善をサポートしてくれるプロテオグリカンについてみていきましょう。

高い保湿力

プロテオグリカンは保湿性の高い成分で、お肌や膝の関節などにはもともと含まれているもの。この成分が増えることで、膝関節の軟骨に水分が戻り、膝の痛みを和らげる効果につながると言われています。

免疫を高める働きも

プロテオグリカンが優れているのは、保湿効果だけではありません。プロテオグリカンには免疫の効果を高める作用もあり、関節の炎症に関わる細胞の暴走を抑制するブレーキ機能を働かせます。

プロテオグリカンで身体を若返らせよう

「まだまだ元気だから大丈夫」と思っていても、年齢とともに体の水分量は減っていくので、ある日突然膝の痛みに襲われる危険性も無いとは言い切れません。

健康寿命を伸ばすためにも、プロテオグリカンを積極的に摂取し、体内の水分量をしっかりと蓄え、健康な体づくりで膝の痛みを予防してみましょう。

健美の郷の「プロテウォーク」は、天然成分から抽出した、質の高いプロテオグリカンが配合されたサプリメントです。お試し定期コースもあるので、興味のある方はぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンの優れた機能をご紹介

プロテオグリカンの優れた機能をご紹介

最近注目されている成分、プロテオグリカン。一体どのような優れた機能があるのでしょうか?

その機能とメカニズムについてご紹介していきます。

プロテオグリカンの機能とは?

そもそも、プロテオグリカンにはどんな機能があるのでしょうか?

保湿成分

プロテオグリカンの最大の特徴と言える保湿成分。その保水量のおかげで、肌の潤いを保つ美容効果があります。その水分保持率は、美肌効果で有名なヒアルロン酸の130%というから驚きです。

また、水分量を保つのは肌だけではありません。軟骨にもプロテオグリカンが含まれており、その量が多ければ水分を多く含んだ軟骨となります。

関節の軟骨がスポンジのように水をたっぷり含み、そのおかげでクッション性が高くなるのです。

免疫の効果を高める

プロテオグリカンは、免疫に働きかけて炎症を抑える効果があると言われています。免疫が高まるというのは、自己防衛反応を高めるようなもので、この作用が膝に効果を発揮するのです。

免疫力が高まることで、関節の抗炎症に関わる細胞の暴走を抑制するブレーキ機能が働くため、膝の関節の痛みに効果があるのではないかと言われています。

老化防止の機能

プロテオグリカンの研究の最前線を担ってきた、弘前大学の中根教授によると、「プロテオグリカンは抗老化の源に近いところで働いている可能性も高い」とのこと。

体内では、加齢やストレスなどにより老化の情報伝達物質が作り出され、それによって体内の活性酸素が発生することで、さまざまな老化現象を引き起こすことになりますが、プロテオグリカンは、その情報伝達物質の生成を抑制する働きを見せるのではないかと考えられています。

プロテオグリカンが吸収されるメカニズム

プロテオグリカンは飲むことでその効果が現れますが、どのようなプロセスを経ているのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

プロテオグリカンは吸収されない?

プロテオグリカンは、分子の大きさが非常に大きいため、胃では分解されず、直接腸まで届きます。分子が大きいままなので、小腸の繊毛でも吸収されず、最終的には小腸のパイエル板というところでやっと体内に吸収されるのです。

繊毛で吸収されると、それは「栄養」として変質されてしまいますが、パイエル板で吸収されたものは、変質されることなく体内に取り込まれます。これがプロテオグリカンが効果を現す秘訣。

変質しないからこそ効果がある

プロテオグリカンは体内に取り込まれても、その成分を変質されることがないため、結果的に成分がそのまま使われることに。

これによって、関節の軟骨に水分をしっかり蓄えることになり、膝の痛みに作用するのではないかと言われています。

続けることで効果を高めましょう

優れた保湿性、免疫力の向上、そして老化防止機能によって、膝の痛みを和らげると言われているプロテオグリカン。その効果を発揮させるには、継続的に摂取することが必要です。

プロテウォークは、高純度のプロテオグリカンを抽出することに成功した商品です。良質のプロテオグリカンを摂取し、膝の痛みを取り除き、体内の老化を防いでいきましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカン成分を含むサプリの口コミをまとめてみた

プロテオグリカン成分を含むサプリの口コミをまとめてみた

今、注目を浴びている成分、それがプロテオグリカンです。しかし、このプロテオグリカンって本当に効くのでしょうか?

そこで、プロテオグリカンの成分を含むサプリの口コミを集めてみました。

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンは、保水効果が非常に高い成分で、肌だけでなく関節の軟骨にも水分を蓄えることで、クッション効果を高めてくれます。

この成分をサプリで摂取することで、膝の痛みが和らいだという声がたくさんあります。その声をいくつかご紹介しましょう。

プロテオグリカンのサプリ愛用者の声

実際に、サプリを愛用している方々は、どんな感想をもっているのでしょうか?幅広い年代の方々の声を集めてみました!

階段も軽やかに (80代 男性)

階段の昇り降りや、立ったり座ったりがしんどいな、と思っていました。

そこでプロテオグリカンのサプリメントを飲み始めたところ、スムーズに動けるようになりました。これからも飲み続けていこうと思っています。

膝が楽になりました (50代 男性)

市場の仕事をしていますが、数年前から膝の痛みを感じていました。「もうこれ以上は無理かもしれない」、そう思っていた時に知人から薦められて、プロテオグリカンのサプリを飲み始めました。

騙されたと思って飲み始めたのですが、数カ月後には膝が楽になり、市場の仕事も負担ではなくなりました。

痛くないです! (40代 女性)

私は子供が4人いて、子供を産むたびに体重が増えていました。そのせいで膝に負担がきていたようで、今ではしゃがんだり椅子に座ったりするときに膝に痛みを感じていました。

最初は「テレビでCMしているものを」と思ったのですが、プロテオグリカンのサプリメントにして正解です。飲み始めて10日くらいで効き目を感じています。今ではまったく痛くないんです。これは本当に効きます!

飲み続けることに意味がある (60代 女性)

娘が結婚した時に、ヒールの靴を一日中はいていたのですが、その後足が痛くなって、膝がすごく腫れてしまいました。お医者さんに行ったら、老化現象だと言われました。

膝が痛くて、立ったり座ったりがつらくて、プロテオグリカンのサプリメントを飲み始めました。最初は半信半疑でしたが、飲み始めて1周間くらいで「あれっ」って感じで効果を感じ始め、2週間ほどで痛みが和らいてきました。

飲み始めて1ヶ月くらいで飲むのをストップしたところ、10日位でまた元のように痛くなってしまい、痛みが戻ってしまいました。

そこでまたプロテオグリカンのサプリを飲み始めたところ、痛みがなくなったので、これは飲み続けることに意味があるな、と感じています。

膝だけでなく指も (50代 女性)

年齢のせいと、使いすぎのせいか指関節が腫れて、痛むようになりました。

整形外科で診てもらったのですが、関節のクッションが減ったせいでリュウマチではないので治療は特にないと言われました。

そこで、膝関節に効くと聞いたプロテオグリカン配合のサプリを摂ってみました。おかげで指関節の痛みもやわらぎ、「痛い痛い」と思うことなく毎日を過ごせるようになりました。

サプリメントは続けることに意味がある

あくまでも個人の感想ですが、プロテオグリカンのサプリを飲むことで膝の痛みを和らげる効果を、このようにたくさんの方が実感しています。膝の関節だけではなく、体中の関節にも効果が見られるのも見逃せません。

健康のために何よりも大事なことは、身体にいい習慣を継続することです。サプリメントの効果が出る時期は、人によって異なるため、あせらずしっかり毎日飲み続けてみましょう。

プロテウォークは飲みやすい錠剤タイプで、鮭の鼻軟骨から抽出された質の高いプロテオグリカンが配合されています。お試し定期コースもありますので、お気軽にお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました