膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防をするかしないかで、ずっと元気に動き回れるかが変わります。きちんとした予防を心がけていれば、100歳になっても元気に歩くことが可能です。一生健康でいるための予防策について見ていきましょう。

まずは膝痛の原因を知ろう

膝痛の予防策を取るためには、その原因を知っておかなければいけません。

外傷による痛み

転倒や事故によっても膝痛が発生します。これは骨に異常が発生するので、外科的治療が必要となります。

使いすぎによる痛み

スポーツや立ち仕事などから、膝に負担がかかって発生する痛みです。これは膝の骨がすり減ったり、靭帯が炎症を起こしたりといったことが原因。膝に違和感を感じたら、早めに医師に相談して膝痛を予防しましょう。

加齢や日常的な使用による痛み

多くの人の膝痛の原因がこれでしょう。年齢とともに、膝関節の軟骨がすり減ったり、骨がもろくなることによって膝痛が発生します。

膝痛を予防する方法

今回は先ほど挙げた中でも特に、加齢による膝痛に焦点を当てた予防策をご紹介します。

方法1.筋力トレーニング

膝の周りの筋肉や、骨を支える靭帯を鍛えることで、膝を安定させる力を強められます。特に鍛えるべき筋肉は、太もも前側の筋肉で、骨盤と膝をつないでいる「大腿直筋」。

簡単なトレーニングは、片足を前に出したストレッチがあります。前に出した脚の太ももの前側の筋肉を、効率よく鍛えることが可能です。筋力アップで、膝痛予防が期待できるでしょう。

方法2.ストレッチ

筋肉や靭帯をしっかりと伸ばすストレッチは、筋肉や関節の柔軟性を高めて可動領域を広げるため、膝の曲げ伸ばしがスムーズになります。

いきなりの運動で膝に負担をかけ、膝痛になることもあるので、予防策として運動前にはしっかりとしたストレッチを心がけましょう。

方法3.全身運動

水泳やウォーキング、サイクリングなどの全身運動を行うことは、膝痛予防にとても効果的です。これらの有酸素運動は、骨や筋肉を丈夫にし、老化を防ぐ効果が期待できます。

特に、膝や骨に対しての老化を防ぐことにもつながるため、膝痛予防にもつながるのです。

方法4.サポーター

膝の筋肉を補助するためのサポーターにも膝痛予防に効果が期待できます。スポーツをする方だけでなく、日常的に立ち仕事が多かったり、膝に負担がかかるような姿勢をとることが多い方におすすめの予防策です。

サポーターをつけることで、筋肉を補助することになるので、膝への負担をやわらげることに。サポーターもさまざまな種類があるので、自分の症状や用途に応じて選んでみましょう。

方法5.サプリメント

膝痛の根本原因の一つとして、膝の軟骨がすり減って骨がぶつかり、痛みを伴うということがあげられます。これは年齢とともに発生する、避けられない現象。

膝軟骨の減少を予防するには、膝痛に効果があるサプリメントの摂取も予防策としておすすめです。

膝痛予防の効果がある成分として、グルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンといったものがあげられます。

運動と栄養の二つの作用を

膝痛を予防するのであれば、運動による筋力アップや老化防止とともに、サプリメントによる栄養補給の面も欠かせません。この2つのことに気をつけて、膝痛と縁のない健康的な生活を続けていきましょう!

健美の郷の「プロテウォーク」は、膝痛の予防に効果が高いと言われるプロテオグリカンを配合。膝痛に効く成分を効果的に摂取することができます。膝痛に悩まされる前に、しっかりと予防策をとっておきましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました