上手な膝痛対処方法

上手な膝痛対処方法

急に膝痛が発生したときに、どのような対処をすればよいのでしょうか?病院に行かずに、自分でできる膝痛の対処法はないのでしょうか?痛みの種類別に、自分でできる膝痛の対処法についてまとめました。

膝痛には大きく2種類ある

膝痛といっても、その種類はさまざま。ここでは大きく2つにわけてご紹介します。

一時的な痛み

「こけて膝を打ってしまった」、「急に運動して膝に痛みがはしった」。こういった場合に、一時的に膝に痛みが生じることがあります。

原因は、関節や筋肉の炎症。こういった場合は、整形外科に行くことをおすすめしますが、自分でできる対処法としては、シップを貼ったり冷やしたりといったことで膝痛をやわらげることができます。

慢性的な痛み

長年の膝への負担や、加齢によって起こる膝痛。こういった慢性的な痛みで悩む人は多いでしょう。多くは「変形性膝関節症」といわれる病気が原因です。変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかってしまうために痛みを生じています。

一時的な膝痛とは異なり、簡単に痛みをやわらげることは困難です。しかし、自分でできる対処法を継続することで、痛みを徐々にやわらげることはできます。

慢性的な膝痛への対処法

慢性的な膝痛に対しては、主に4つの対処法があります。

1.運動習慣をつける

「膝痛が発生したら運動なんてできない!」と思うかもしれませんが、安静にしすぎるのは逆効果です。変形性膝関節症は老化現象の一つなので、運動をしなければ、使わない筋肉や組織がさらに衰えて、より悪化してしまう恐れがあります。

「膝痛だから…」といって歩かなくなると、より膝の老化が進み、さらに膝痛を悪化させる悪循環に。ウォーキングのような軽い運動で大丈夫ですので、膝を適度に動かしましょう。

2.水分補給を意識する

適度な水分量を保つことも膝痛の対処法として有効です。体内の水分量が減ると、肌がカサカサになったりするだけでなく、体内に必要な水分も減少します。

体内の水分が減少することで、膝の軟骨の水分量も減り、膝痛を発生させることに。水分は「1日に2リットル」が目安とされていますので、適度な水分補給を心がけましょう。

また、水分補給をすることで、体内の老廃物を排出し、新陳代謝を促す作用も見込まれます。新陳代謝が促されると、血液の循環もよくなり、膝の軟骨も修復されやすくなるでしょう。

3.食生活を見直す

食生活を見直すことで、体重を減少させて膝への負担を減らすことができます。また、膝の骨を強化するための栄養も欠かせません。カルシウムやビタミンDといった、骨によい栄養素を含む食物を積極的に食べるようにしましょう。

4.サプリメントをとる

膝の軟骨成分をサプリメントから直接とることも、膝痛の対処法としては有効です。グルコサミンやコンドロイチンといった成分が有名ですが、さらに効果があるのはプロテオグリカン。

プロテオグリカンは軟骨の成分の一つで、これが減少することで膝の軟骨がすり減るのです。プロテオグリカンは食物から摂取することが難しいので、サプリメントを積極的に活用しましょう。

自分でできる膝痛への対処法を続けましょう

慢性的な膝痛に対して、自分でできる対処法を行う前に、まず大事なことがあります。それは、「膝痛を自分で治す」という意識を持つことです。

膝痛は自分の生活を改めるだけで、大きな改善が期待できます。まずは自分でさまざまな対処法を試してみましょう。

「プロテウォーク」は、慢性的な膝痛に対処するための成分、プロテオグリカンを効果的に摂取することができます。膝痛に有効な栄養を補給し、自分で膝痛に対処できる意識を持ってみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました