月別アーカイブ: 2015年9月

若い頃のように!グルコサミンは関節痛に効果あり

若い頃のように!グルコサミンは関節痛に効果あり

グルコサミンは関節痛や美肌に効果があります。特に膝、腰、肩の痛みや炎症に悩んでいる方は、ぜひグルコサミンの効果をご覧ください。

若いときのように毎日気持ちよく過ごすためには、元気な関節が大切です。

グルコサミンって何?

グルコサミンは人間の体の中などに存在するブドウ糖を原料につくられる物質です。

軟骨の成分を生成するために必要なグルコサミン。しかし、年齢とともに作られる量が少なくなっていきます。

カニの甲羅やエビの殻にもグルコサミンは含まれてはいますが、ふだんの食事で必要量をすべて摂るのは非常に難しいこと。

そのため、健康補助食品としてわたしたちの体内に吸収しやすいよう加工されたものが、テレビやインターネットで販売されているのです。

グルコサミン効果 関節痛の改善

関節痛の大きな原因は何でしょう?原因の一つとして、クッションのような役割をしている軟骨の量が減っていくことが挙げられます。

骨と骨とが当たることにより激しい痛みとなり、そのまま放置すると横になっている姿勢でも痛みが生じてくることも。

軟骨の主要な成分であるコンドロイチン硫酸を作るのに必要な原料であるグルコサミンは、摩耗した軟骨も修復する働きもあります。

若い人でも体を動かせば軟骨は摩耗するので、いまのうちにできるだけグルコサミンで軟骨を修復しておくといいでしょう。

グルコサミン効果 美肌になる

ヒアルロン酸の原料は、グルコサミンです。

赤ちゃんの肌がスベスベもちもちなのに対し、年をとるとカサカサしわしわになるのはなぜでしょうか?それは、皮膚の保水力が1/20に低下するため。

ヒアルロン酸には優れた保水能力があり、ヒアルロン酸たった1gで6ℓの水を保持することができると言われています。

グルコサミンを摂取して、美肌に必要なヒアルロン酸をたくさん蓄えたいものです。

グルコサミンの摂取量は?

一日に必要なグルコサミン酸の摂取量は大人平均で1500㎎。

もしこの量より少なく摂取すると効果があまり期待できません。逆に少し多めに摂ったとしても、多すぎた分は対外に排出されるようですが、過剰摂取にならないよう注意しましょう。

錠剤タイプであれば、一日たった2粒だけでその日に必要な量を補う商品も販売されています。

健康補助食品の指示書をよく読み決められた量を守りましょう。

最近注目されている プロテオグリガン

プロテオグリガンとは鎖のように結合したタンパク質で、軟骨の中に含まれています。水分を保持し、骨と骨との間のクッションの役割となることで衝撃を和らげます。

最近では、鮭の鼻軟骨からプロテオグリガンを抽出することに成功し、身近に使用されるようになりました。

関節痛をやわらげ美肌に効果がある健康補助食品とは

関節痛や美肌に効果がある健康補助食品を探している方には、今話題の軟骨成分プロテオグリガングルコサミンに加え、ヒアルロン酸、グルコサミンなどがバランスよく配合されている商品がオススメ。

健美の郷から発売されている「プロテウォーク」には、紹介した3つの成分も含まれています。一日たった3粒でその日に必要な量を摂取できるので手軽さも魅力です。

今までサプリメントを飲んでこなかった方や飲んでいたが効果が全くなかった方、最近注目を集めているプロテオグリガンが配合されているプロテウォークをぜひ一度お試しください。ひざ関節の不快感を和らげて、若いころのように元気に過ごしましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとコンドロイチン 一緒に飲むと相乗効果あり?

グルコサミンとコンドロイチン、一緒に飲むと相乗効果あり?

グルコサミンとコンドロイチンが一緒に配合されたサプリがあります。

あわせて摂取することで相乗効果を期待できるとされていますが、果たしてその真偽は?気になる相乗効果についてまとめました。

グルコサミンとコンドロイチン 相乗効果とは?

グルコサミンとコンドロイチンはそれぞれ関節痛に効果があります。

名前は違えども似たような効果が期待されるため「どっちか1つを飲むだけで十分では?」とお考えの方もいます。もちろん全くの間違いではありません。

でもグルコサミンとコンドロイチンの効果は、それぞれの働きは異なり、相互に助け合っていることが分かります。

グルコサミンとコンドロイチン 異なる働き

グルコサミンの働きは軟骨成分プロテオグリガンを生成すること。プロテオグリガンの中にはコンドロイチンが含まれます。

一方コンドロイチンは、軟骨細胞の水分を保ち弾力性(クッション)を与えます。

わかりやすく効果を区別すると、グルコサミンは「軟骨の再生」コンドロイチンは「軟骨の強化」。

どちらも結果的に関節をサポートする働きをしていますが、それぞれ異なった効果を発揮しています。

グルコサミンとコンドロイチン 相互関係

グルコサミンを摂取するとプロテオグリガンが生成され軟骨が再生されていきます。

でも、再生されたばかりの軟骨は弱くすぐに壊れてしまいます。そこにコンドロイチンが再生されたばかりの軟骨に水分や弾力性を与えて、強化していきます。

このようにグルコサミンとコンドロイチンがお互い連携することで、より強い壊れにくい軟骨組織がつくられます。

もしグルコサミンだけの効果に頼るなら、せっかく再生された軟骨は弱いままですぐに擦り減ってしまいますし、コンドロイチンだけでも、擦り減って失われた軟骨成分そのものを新たに作り出すことができず軟骨組織は少なくなってしまいます。

2つはお互いになくてはならない最強のパートナー、がっちり力を合わせると本来の力を出し切れるということですね。

グルコサミンとコンドロイチン摂取 毎日必要か

グルコサミンは成人で1500mg、コンドロイチンは1200mg必要といわれています。

グルコサミンとコンドロイチンはもともと体内に存在しますが、年齢とともに作られる量がだんだんと減ってきます。

これらはカニやエビなどの食事から取り入れることができますが、毎日となると大変。だからといって摂取をおろそかにすると、大切な軟骨が量・質ともに悪くなり骨と骨との摩擦が大きくなり痛みが増してきます。

グルコサミンとコンドロイチンを必要な分量摂取するには、2つが一緒に配合されたサプリが便利です。

2つがバランスよく配合されたサプリはこれ!

グルコサミンとコンドロイチン、2つの役割を理解することで、相乗効果あり!というのがわかっていただけたと思います。

関節の痛みに悩みどのサプリを買おうか迷っているなら、この軟骨成分プロテオグリカン(サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)と2つの成分がバランスよく配合された「プロテウォーク」がおすすめです。

プロテウォークにはⅡ型コラーゲンと、人気のヒアルロン酸など配合。もともと非常に高価なプロテオグリガンをサケの鼻軟骨から抽出(高純度精製)することにより、安価にお求めやすくなっています。

プロテオグリガンには、コンドロイチンが含まれています。ひざ関節の不快感にお悩みのみなさん、ぜひ健美の郷から発売されている「プロテウォーク」をお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとコンドロイチン それぞれの関節痛効果など比較

グルコサミンとコンドロイチン、それぞれの関節痛効果などを比較

関節痛に効果があるサプリとして知られる、グルコサミンとコンドロイチン。

毎日飲み続けるのであれば、それぞれの効果をしっかり理解しておきたいところ。理想的なサプリを探しているみなさんへ情報をまとめました。

グルコサミン 期待される効果

まずは、グルコサミンの効果についてみていきましょう。

軟骨の再生

グルコサミンの効果で最も期待されるのが「軟骨の再生」です。

軟骨はちょうどスポンジのように液体を吸って、骨と骨とがぶつからないよう関節を保護する大切な役割があります。

この軟骨の成分が、プロテオグリガンという物質です。そして、プロテオグリガン生成の原料となるのがグルコサミン。

つまり、グルコサミンが原料となって新たな軟骨が作られていくのです。

骨と骨との衝撃を和らげる軟骨を再生するグルコサミンは、「痛みの軽減や予防を期待」することができます。

美容効果

グルコサミンはヒアルロン酸の原料にも。ヒアルロン酸は水分保持、保湿の働きがあり乾燥した肌に潤いを取り戻します。

水分を保持できることで、乾燥が原因で起きるたるみやしわにお悩みの方も摂取するとよいでしょう。

コンドロイチン 期待される効果

次に、コンドロイチンの効果をみていきましょう。

軟骨の維持

コンドロイチンの効果で最も期待されるのが「軟骨の維持」です。別の言い方をすると軟骨に潤いを与え、消耗を減らす効果があります。

関節の部分には軟骨や関節液があり、膝の関節の潤滑油のような働きです。体重が膝にかかる動作はちょうどスポンジを上から押したイメージで、スポンジの中に溜まっていた関節液は外に押し出されます。

逆に体重をかけていない状態は元々のスポンジの形に戻ったイメージ。先ほど押し出された関節液が再びスポンジの中に戻ります。

この関節液を吸収する働きをするのが、コンドロイチン。コンドロイチンがもしなかったとしたら関節液は吸収されず、やがて失われます。

潤いを失った軟骨は摩擦力が大きくなり、消耗が激しく関節痛が起こりやすい状態となるのです。

コンドロイチンの潤滑効果によって、立つ、座る、歩く、昇るなどの「動作がスムーズ」になり、軟骨の維持につながります。

グルコサミン コンドロイチン 併せた場合の効果

グルコサミンとコンドロイチンは関節をサポートする目的においては同じ。でも、それぞれ役割や効果は異なっています。

この効果の違いこそ、グルコサミンとコンドロイチンを併せて摂取すべき理由。

グルコサミンとコンドロイチンはお互いを必要としているので、併せて飲むことで「大きな相乗効果」が期待できます。

今大注目の成分が配合されたサプリ

注目したい成分「プロテオグリガン(サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)」を配合したサプリ、健美の郷の「プロテウォーク」。プロテオグリガンは関節の中でクッションの働きをする重要な成分です。

プロテオグリガンは今までとても高価で手に入りにくいものでしたが、鮭の鼻軟骨から高純度で大量に抽出することに成功しました。

「プロテウォーク」はグルコサミン、コンドロイチン、このプロテオグリガンを新たに加えたサプリ。初めてサプリを買う方、これまでいくつか試したけど思うような効果を感じなかった方、新成分プロテオグリガンが配合されたプロテウォークをぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました