月別アーカイブ: 2015年12月

プロテオグリカンは腸からの吸収が可能?

プロテオグリカンは腸からの吸収が可能?

プロテオグリカンをサプリメントで摂取した場合、腸でうまく吸収されるのでしょうか。加齢や激しい運動などで減少するプロテオグリカンを、上手に摂取する方法をまとめました。

減少するプロテオグリカン

プロテオグリカンには、膝のクッションの役割や、軟骨自体の生成をサポートする機能があります。しかし、軟骨は加齢や運動不足、肥満などにより減少していくため、中高年に多い変形性膝関節症などの病気の一因となっています。

軟骨の再生に有効なプロテオグリカン

近年、プロテオグリカンの摂取で、軟骨細胞の元になる軟骨前駆細胞を活性化する効果が期待できるとして、サプリメントの需要が増加。膝痛だけでなく美容食品としても注目が集まっています。

プロテオグリカンの腸からの吸収1.高分子の成分

プロテオグリカンは、胃では消化されない高分子の成分なので、そのまま腸に送られても小腸では栄養分としては吸収されません。低分子化すると腸の絨毛で吸収されますが、単なる栄養素となってしまい、その効果が期待できなくなってしまいます。

プロテオグリカンの腸からの吸収2.吸収されたプロテオグリカンの働き

吸収されたプロテオグリカンは、コラーゲンやヒアルロン酸とともに細胞外マトリックスの形成をサポートし細胞の新陳代謝を促し、軟骨などの細胞組織を維持します。

細胞外マトリックス(細胞外基質)とは、軟骨細胞が生成したプロテオグリカン、ヒアルロン酸の多糖類とコラーゲンなどの構造タンパク質で構成された物質。プロテオグリカンは、軟骨細胞のもととなる軟骨前駆細胞を活性化します。

プロテオグリカンの選び方

経口摂取して、腸から吸収されるプロテオグリカンのサプリメント。体に入れるものとして気を使いたいものですね。選ぶポイントを少しご紹介します。

天然素材のサプリメントを選ぶ

プロテオグリカンのサプリメントは、鮭の軟骨成分から抽出された天然の由来の成分です。しかし、サプリメントには他にいろいろな成分が配合されているものもあります。安心・安全な原料で作られたものかを確認しましょう。

過熱されていないものを選ぶ

プロテオグリカンは熱に弱い成分のため、過熱によって変性してしまうと効果が期待できなくなります。過熱されていないかをチェックしましょう。

添加物に注意

添加物を使用しているサプリメントは多いのが現状。添加物の使用の有無やその量、種類はしっかり確認してください。

プロテオグリカンは腸で吸収されるから効果が期待できる

プロテオグリカンが、腸から吸収されるメカニズムを簡単にご紹介しました。プロテオグリカンのサプリメントは、その効果を引き出すため高分子のまま腸で吸収されるように作られています。軟骨の再生以外にも抗炎症効果や、大きな保湿力など美容・健康に効果が期待できるでしょう。

健美の郷では、高純度のプロテオグリカンを配合した「プロテウォーク」であなたの健康と美容をサポートしています。膝の痛みを感じる方は、ぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

上手な膝痛対処方法

上手な膝痛対処方法

急に膝痛が発生したときに、どのような対処をすればよいのでしょうか?病院に行かずに、自分でできる膝痛の対処法はないのでしょうか?痛みの種類別に、自分でできる膝痛の対処法についてまとめました。

膝痛には大きく2種類ある

膝痛といっても、その種類はさまざま。ここでは大きく2つにわけてご紹介します。

一時的な痛み

「こけて膝を打ってしまった」、「急に運動して膝に痛みがはしった」。こういった場合に、一時的に膝に痛みが生じることがあります。

原因は、関節や筋肉の炎症。こういった場合は、整形外科に行くことをおすすめしますが、自分でできる対処法としては、シップを貼ったり冷やしたりといったことで膝痛をやわらげることができます。

慢性的な痛み

長年の膝への負担や、加齢によって起こる膝痛。こういった慢性的な痛みで悩む人は多いでしょう。多くは「変形性膝関節症」といわれる病気が原因です。変形性膝関節症は、膝の軟骨がすり減って、骨と骨がぶつかってしまうために痛みを生じています。

一時的な膝痛とは異なり、簡単に痛みをやわらげることは困難です。しかし、自分でできる対処法を継続することで、痛みを徐々にやわらげることはできます。

慢性的な膝痛への対処法

慢性的な膝痛に対しては、主に4つの対処法があります。

1.運動習慣をつける

「膝痛が発生したら運動なんてできない!」と思うかもしれませんが、安静にしすぎるのは逆効果です。変形性膝関節症は老化現象の一つなので、運動をしなければ、使わない筋肉や組織がさらに衰えて、より悪化してしまう恐れがあります。

「膝痛だから…」といって歩かなくなると、より膝の老化が進み、さらに膝痛を悪化させる悪循環に。ウォーキングのような軽い運動で大丈夫ですので、膝を適度に動かしましょう。

2.水分補給を意識する

適度な水分量を保つことも膝痛の対処法として有効です。体内の水分量が減ると、肌がカサカサになったりするだけでなく、体内に必要な水分も減少します。

体内の水分が減少することで、膝の軟骨の水分量も減り、膝痛を発生させることに。水分は「1日に2リットル」が目安とされていますので、適度な水分補給を心がけましょう。

また、水分補給をすることで、体内の老廃物を排出し、新陳代謝を促す作用も見込まれます。新陳代謝が促されると、血液の循環もよくなり、膝の軟骨も修復されやすくなるでしょう。

3.食生活を見直す

食生活を見直すことで、体重を減少させて膝への負担を減らすことができます。また、膝の骨を強化するための栄養も欠かせません。カルシウムやビタミンDといった、骨によい栄養素を含む食物を積極的に食べるようにしましょう。

4.サプリメントをとる

膝の軟骨成分をサプリメントから直接とることも、膝痛の対処法としては有効です。グルコサミンやコンドロイチンといった成分が有名ですが、さらに効果があるのはプロテオグリカン。

プロテオグリカンは軟骨の成分の一つで、これが減少することで膝の軟骨がすり減るのです。プロテオグリカンは食物から摂取することが難しいので、サプリメントを積極的に活用しましょう。

自分でできる膝痛への対処法を続けましょう

慢性的な膝痛に対して、自分でできる対処法を行う前に、まず大事なことがあります。それは、「膝痛を自分で治す」という意識を持つことです。

膝痛は自分の生活を改めるだけで、大きな改善が期待できます。まずは自分でさまざまな対処法を試してみましょう。

「プロテウォーク」は、慢性的な膝痛に対処するための成分、プロテオグリカンを効果的に摂取することができます。膝痛に有効な栄養を補給し、自分で膝痛に対処できる意識を持ってみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防に取るべき5つの方法

膝痛予防をするかしないかで、ずっと元気に動き回れるかが変わります。きちんとした予防を心がけていれば、100歳になっても元気に歩くことが可能です。一生健康でいるための予防策について見ていきましょう。

まずは膝痛の原因を知ろう

膝痛の予防策を取るためには、その原因を知っておかなければいけません。

外傷による痛み

転倒や事故によっても膝痛が発生します。これは骨に異常が発生するので、外科的治療が必要となります。

使いすぎによる痛み

スポーツや立ち仕事などから、膝に負担がかかって発生する痛みです。これは膝の骨がすり減ったり、靭帯が炎症を起こしたりといったことが原因。膝に違和感を感じたら、早めに医師に相談して膝痛を予防しましょう。

加齢や日常的な使用による痛み

多くの人の膝痛の原因がこれでしょう。年齢とともに、膝関節の軟骨がすり減ったり、骨がもろくなることによって膝痛が発生します。

膝痛を予防する方法

今回は先ほど挙げた中でも特に、加齢による膝痛に焦点を当てた予防策をご紹介します。

方法1.筋力トレーニング

膝の周りの筋肉や、骨を支える靭帯を鍛えることで、膝を安定させる力を強められます。特に鍛えるべき筋肉は、太もも前側の筋肉で、骨盤と膝をつないでいる「大腿直筋」。

簡単なトレーニングは、片足を前に出したストレッチがあります。前に出した脚の太ももの前側の筋肉を、効率よく鍛えることが可能です。筋力アップで、膝痛予防が期待できるでしょう。

方法2.ストレッチ

筋肉や靭帯をしっかりと伸ばすストレッチは、筋肉や関節の柔軟性を高めて可動領域を広げるため、膝の曲げ伸ばしがスムーズになります。

いきなりの運動で膝に負担をかけ、膝痛になることもあるので、予防策として運動前にはしっかりとしたストレッチを心がけましょう。

方法3.全身運動

水泳やウォーキング、サイクリングなどの全身運動を行うことは、膝痛予防にとても効果的です。これらの有酸素運動は、骨や筋肉を丈夫にし、老化を防ぐ効果が期待できます。

特に、膝や骨に対しての老化を防ぐことにもつながるため、膝痛予防にもつながるのです。

方法4.サポーター

膝の筋肉を補助するためのサポーターにも膝痛予防に効果が期待できます。スポーツをする方だけでなく、日常的に立ち仕事が多かったり、膝に負担がかかるような姿勢をとることが多い方におすすめの予防策です。

サポーターをつけることで、筋肉を補助することになるので、膝への負担をやわらげることに。サポーターもさまざまな種類があるので、自分の症状や用途に応じて選んでみましょう。

方法5.サプリメント

膝痛の根本原因の一つとして、膝の軟骨がすり減って骨がぶつかり、痛みを伴うということがあげられます。これは年齢とともに発生する、避けられない現象。

膝軟骨の減少を予防するには、膝痛に効果があるサプリメントの摂取も予防策としておすすめです。

膝痛予防の効果がある成分として、グルコサミンやコンドロイチン、プロテオグリカンといったものがあげられます。

運動と栄養の二つの作用を

膝痛を予防するのであれば、運動による筋力アップや老化防止とともに、サプリメントによる栄養補給の面も欠かせません。この2つのことに気をつけて、膝痛と縁のない健康的な生活を続けていきましょう!

健美の郷の「プロテウォーク」は、膝痛の予防に効果が高いと言われるプロテオグリカンを配合。膝痛に効く成分を効果的に摂取することができます。膝痛に悩まされる前に、しっかりと予防策をとっておきましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました