関節痛に効く?グルコサミンの効果

関節痛対策に!グルコサミンの効果を徹底解説

関節痛対策によいと言われているグルコサミンは、年齢とともに減少していく傾向にあります。「関節痛は年齢のせいだから仕方がない」とあきらめていませんか?ここではそんな方におすすめしたい、グルコサミンの働きや効果について解説します。

グルコサミンの働き

体重や運動による負荷から関節を守る軟骨は、たっぷりと水分を含み、関節のクッションや潤滑油の役割を果たしています。その軟骨成分のひとつが、グルコサミンです。

グルコサミンは、他の軟骨成分であるコンドロイチンやヒアルロン酸の生成を促す、大切な働きがあります。

軟骨をつくるうえでとても重要な働きをするグルコサミンですが、年齢とともに徐々に減少していくことが分かっています。

グルコサミンと関節痛の関係

常に摩擦にさらされる軟骨は、当然のことながら摩耗していきます。

軟骨の修復に必要なグルコサミンが、加齢とともに減少していくわけですから、軟骨は徐々にすり減っていくことに。関節のクッション性が低くなると、骨にかかる負担が増え、場合によっては骨が変形してしまうこともあります。

すり減った軟骨が刺激となり、炎症を起こすことで痛みが生じる、変形性関節症が代表的な例で、関節痛に多く見られる症例のひとつです。

軟骨を修復する成分であるグルコサミンが、関節痛の治療として使われるのはこのような理由からです。

関節痛は将来介護が必要となる原因にも

私たちの身体には約140もの関節があり、それぞれの関節を動かすことで、歩いたり物をつかんだり、座ったりできます。歩くときには膝の関節を使っていますが、関節痛があると歩くことがつらくなり、活動が制限されてしまうことに。

厚生労働省の調査によると、関節痛は、介護認定を受ける原因となる疾患として、認知症などに次ぐ割合の高さであることが判明しています。

年齢を重ねても元気に過ごすためには、グルコサミンを補いながら、体中にある関節とうまく付き合っていくことが、とても大切なのです。

グルコサミンの働きには美肌効果も

軟骨成分のグルコサミンは、同じく軟骨成分のヒアルロン酸やコンドロイチンの生成を促し、軟骨の修復をする働きがあります。グルコサミンの働きで生成されるヒアルロン酸は、肌の保湿力を高める成分としてもよく知られています。

つまり肌の水分量が減少することで起きるシワやたるみにも、グルコサミンの効果が期待できるのです。

グルコサミンを効果的に摂取するには?

グルコサミンの1日に必要な摂取量は1500mgと言われています。甲殻類(カニやエビなど)の殻に多く含まれているものですが、これをすべて食事から摂るというのは簡単ではありません。

たとえ数日間頑張って摂取できたとしても、軟骨の修復には時間がかかるため、ある程度続けていくことが重要なのです。

そんなときにおすすめしたいのが、サプリメント。サプリメントには、グルコサミンだけではなく、相乗効果のあるコンドロイチンなどが一緒に含まれているものもあり、とても効果的です。

もうひとつの大切な成分「プロテオグリカン」

軟骨を形成する成分の中で、水、コラーゲン、軟骨細胞とともにもうひとつ大切な働きをしているのが、プロテオグリカンです。保湿性に優れているため、たくさんの水を保持してゲル状になります。

プロテオグリカンは、費用を抑えて高純度に作る方法がなかったため、サプリメントにすることは難しいと言われてきました。

しかし技術の開発により、プロテオグリカンを含むサプリメントを作ることに成功。より効果的に、軟骨成分を摂取できるようになりました。

早めの関節痛対策で年齢を重ねても健やかに

医療や技術の進歩によって、私たちの寿命は年々延びていますが、ただ寿命を延ばすだけではなく、健康寿命も延ばすことが大切です。

年齢のせいだとあきらめることはありません。自分の身体の変化を受け止め、体力や年齢に合った健康法を見つけていきましょう。

関節痛も、早めの対策が大切です。

プロテウォークには、年齢とともに減少してしまうグルコサミンやコラーゲンをはじめ、軟骨形成に大切な働きをする、プロテオグリカンが含まれています。

「年齢を重ねても健やかに」、そんな“幸せな未来につながる一歩”として、ぜひおすすめしたいサプリメントです。

プロテウォークの購入はこちら

◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました