ロコモティブシンドロームって?厚生労働省の発表より

厚生労働省も喚起!ロコモティブシンドロームとは?

高齢化が進展する中、厚生労働省でも警鐘を鳴らしている「ロコモティブシンドローム」。できる限り制限なく日常生活を続けられるよう、ロコモ対策で健康寿命を延ばし、介護予防へつなげようと考えています。

ここでは、ロコモティブシンドロームについて分かりやすく説明しながら、効果的なロコモ対策について紹介していきます。

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは、運動器(※)の障害のために自立度が低下し、介護が必要となる危険性の高い状態のこと。日本語では「運動器症候群」と呼び、分かりやすく言うと、「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態を指します。超高齢社会が予測される日本の将来を見据えて、2007年に日本整形外科学会が、この概念を提唱しました。

※ 運動器とは、身体運動に関わる骨・筋肉・関節・神経などの総称

ロコモティブシンドロームの原因

ロコモティブシンドロームの原因として主に挙げられるのはこの3つ。

  • 筋力の低下
  • バランス能力の低下
  • 骨や関節の病気

とくに骨粗しょう症や変形性関節症などの病気は、ロコモティブシンドロームのリスクを高くすると言われ、注意が必要です。

ロコモティブシンドローム簡単チェック

「私は大丈夫?」と心配な方は、ロコモティブシンドロームの簡易チェックをしてみましょう。ひとつでも当てはまると、「ロコモ予備軍」とされます。

  • 片足立ちで靴下が履けない
  • 家の中でつまずいたりすべったりする
  • 階段を上がるのに手すりが必要である
  • 家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用や布団の上げ下ろしなど)
  • 2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック2個程度)
  • 15分くらい続けて歩くことができない
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない

現在「ロコモ予備軍」は、50代以上では半数以上、20~40代でもおよそ38%が該当するほど、深刻な問題となっています。

メタボとロコモの関係

すでに多くの人が知っている言葉に、メタボ=メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)があります。「メタボ=病気になりやすい」というイメージが定着したことで、人々が自分の健康に危機感や関心を持つようになりました。

ロコモティブシンドロームも同じように、“ロコモ”という概念とともに、予防の重要性が広く知られるようになることが期待されています。

厚生労働省のはたらきかけ「健康日本21」(第二次)

厚生労働省では、日本人の健康寿命延伸に向けて、2000年から2012年の長期スパンで取り組む「健康日本21」という運動を始動。現在その運動は次のステージを迎え、さらに10年先を見据えた活動をしています。

日本では、毎年5万人もの人が「運動不足」が原因で亡くなっているとの報告もあります。これは、1位の「喫煙」、2位の「高血圧」に次いで第3位という深刻な状況。介護予防だけではなくこういった観点からも、厚生労働省ではロコモ対策をとても重要視しています。

2022年までに、ロコモティブシンドロームの認知度を80%にする目標を掲げ、健康で幸せに暮らせる未来を目指しています。

厚生労働省が推進するロコモ対策

厚生労働省がロコモ対策で重要視しているのが、“適切な運動”です。とくに子どものころからの運動習慣の確立が重要とされ、2013年には、「健康な人のための身体活動量の新基準」を公表。3つの年齢層それぞれに必要な身体活動量を示し、運動を推進しています。

無理せずロコモ対策をするには?

厚生労働省も喚起しているように、ロコモ対策には、運動が大切なことが分かりました。しかし、十分な運動をする体力や時間がなかったり、たとえば膝などに痛みがあるときは、運動を控えなければ症状が悪化してしまうこともあります。

そんなときは、サプリメントを利用するのもひとつの方法です。健美の郷では、健康で丈夫な筋肉や骨・軟骨などの形成を助ける、プロテオグリカンが含まれたサプリメント、「プロテウォーク」をご用意しております。無理せず手軽にロコモ対策をする手段として、ぜひご利用ください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました