膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

つらい膝痛には、いち早い対策を心がけることが重要です。しかし、対策といっても膝痛にはさまざまな原因があります。「原因を知って対策を選ぶ」、これであなたの膝痛を解消してみましょう。

膝痛の原因と予防対策

膝痛はどのような時に発生するのでしょうか?原因と予防対策をまとめました。

1.スポーツによる膝の使いすぎ

運動量が多いスポーツは、体中の筋肉や関節を酷使しています。あまりにも身体への負荷が大きいと、膝に大きな負担がかかって膝痛になることも。筋肉トレーニングが膝痛の対策として必要ですが、疲労回復のために適度に休むことも心がけましょう。

2.急な運動による膝への負担

普段あまり運動しない人が、突然走ったり山登りをしたりすると、膝に負担がかかり、膝痛になることがあります。このような膝痛への対策は、しっかりとしたストレッチを心がけることです。

膝や筋肉をしっかりとやわらかくすることで、可動領域を事前に増やし、膝への負担を減らしましょう。

3.けがによる影響

過去に事故や転倒によって膝にけがをしたことがあると、あとから膝痛に悩まされることがあります。けがをした時には「大したことない」と思っていても、思わぬところで痛みが発生することも。この場合の対策は、膝のサポーターがおすすめです。

4.太ももの筋肉の衰え

筋肉は年齢とともに衰えてきます。特に太ももの筋肉が衰えると、膝にかかる衝撃をやわらげることができなくなり、膝痛の原因に。対策として、トレーニングやウォーキングで太ももの筋肉を鍛えることがあげられます。

5.膝の病気

「リウマチ」「半月板損傷」「変形性膝関節症」、これらは「膝の三大病」ともいわれ、膝痛に悩まされる人がたくさんいます。実は、この中で一番多いのが「変形性膝関節症」。膝痛対策を考えるときには、まずこの症状を疑ってみましょう。

変形性膝関節症の原因と対策

膝痛の中でももっとも多い症状、変形性膝関節症について詳しく見ていきましょう。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、膝のクッションとなっている軟骨がすり減り、骨と骨が直接ぶつかることによって痛みが生じる症状のこと。膝の軟骨がすり減る原因としては、主に以下の2つがあります。

  • 激しい運動による膝の酷使
  • 加齢によるもの

多くの人が悩まされるのは、加齢によるものでしょう。早ければ40代から、この膝痛に悩まされる人がいるようです。

加齢で軟骨がすり減る原因は?

年齢とともに、身体のいろいろな成分が減少してしまいますが、その一つが軟骨成分であるプロテオグリカン。

年齢とともに、この成分が減少し、軟骨そのものの厚みが薄くなってしまうことに。膝痛を対策するには、軟骨の厚みを増やすことが重要です。

膝痛の対策は?

軟骨の厚みを増やすには、膝の軟骨成分であるプロテオグリカンが大事な役割を果たします。プロテオグリカンを摂取すると、軟骨の修復が期待できるため、膝痛をやわらげる対策となるのです。

さらに、プロテオグリカンは肌にも含まれる成分なので、美容効果も期待できます。アンチエイジング成分としても注目されているプロテオグリカンを摂取することで、膝痛の対策とともにお肌の若さも取り戻してみましょう。

膝痛の症状に合わせた対策を行いましょう

膝痛の原因にはさまざまなものがあるので、まずは自分の膝痛がどこから発生しているのか、それをしっかりと把握しましょう。膝痛の中でも、年齢とともに増えてくる変形性関節症については、しっかりとした栄養補給も忘れずに。

健美の郷「プロテウォーク」は、プロテオグリカンを効果的に摂取できるサプリメントです。「変形性膝関節症かな」と思ったら、しっかりとした栄養補給で対策を早めにおこないましょう!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました