プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンは、膝痛の予防・改善に期待される成分。テレビなどで紹介され注目が高まっています。プロテオグリカンを体内で増やすためには、どのような方法があるのでしょうか。

プロテオグリカンの役割

プロテオグリカンは、水分を多く蓄えて軟骨に供給する働きをもつ、膝などの関節の軟骨成分の1つです。プロテオグリカンが減ってくると、軟骨のクッションの役割が悪くなり、骨と骨が接触して膝痛などの関節痛を引き起こす可能性があります。

プロテオグリカンが減る原因

プロテオグリカンの減少はなぜ起きるのでしょうか。

加齢による減少

プロテオグリカンは加齢により減少していきます。プロテオグリカンが減少すると、軟骨の水分が減って弾力性がなくなるため、関節痛を引き起こす一因となるでしょう。

肥満による体重の増加

人が歩くときに関節にかかる負担は、体重の3~6倍とされています。体重が重いほど膝に負担がかかるため、軟骨細胞の働きが弱くなり、プロテオグリカンが減少することに。

女性に多い軟骨の傷み

女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、軟骨を保護する機能がある成分です。エストロゲンがホルモンバランスの変化で減少すると、軟骨が傷みやすくなるため、プロテオグリカンの生成量もダウン。そのため、女性は男性よりも軟骨が傷みやすいといわれます。

プロテオグリカンを増やすために

プロテオグリカンを増やすためには、関節を動かすことが大切です。膝などの関節を曲げ伸ばすことで、血流が改善されて膝に酸素が多く送られるようになります。

その結果、軟骨細胞が活性化してプロテオグリカンを多くつくることができ、膝などの関節の痛みを予防・改善することが期待できるでしょう。

運動不足は膝痛改善に逆効果

日頃、運動不足で足腰をあまり使わなかったり、膝痛で関節を動かすことが億劫になったりすると、軟骨に供給される酸素や栄養が減り、プロテオグリカンが減少。

結果的に軟骨の傷みを修復することが難しくなってきます。軽いストレッチや関節を動かす運動などで、軟骨に適度な刺激を与えることが重要です。

おすすめはウォーキング

プロテオグリカンを増やす運動は、例えば膝痛の場合、ウォーキングがおすすめです。一日に合計30分、10分を3回に分けてもかまいませんので歩きましょう。

予防の場合は、大股で歩いたり階段を積極的に使うなど、運動量を増やすと効果的です。膝に痛みがある場合は、無理をしない範囲で関節を動かしましょう。

プロテオグリカンが増える食事

プロテオグリカンは、食事で摂りづらい成分でもあります。牛・魚・鶏の軟骨に多く含まれていますが、熱に弱い特性があるため、プロテオグリカンを直接摂取することは難しいでしょう。軟骨の成分であるグルコサミンは、うなぎ・フカヒレ・ヤマイモなどに含まれていて、食事で摂取することが可能です。

健康で快適な生活をおくるために

プロテオグリカンは、変形性膝関節症などの一因にもなる重要な成分ですが、日頃の対策を続けることでその減少を食い止めることが可能です。ただ、熱に弱いため、食事ではなかなか摂取することが難しいでしょう。

サプリメントなら効率よく摂取することができるため、膝痛などの関節痛が気になる方には、適度な運動とプロテオグリカンのサプリメントがおすすめです。

健美の郷では、プロテオグリカンを多く含んだ「プロテウォーク」をご用意しています。健康寿命を伸ばすためにも、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました