プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

「プロテオグリカンは膝痛には効果がない」という口コミなどを見かけることがあります。膝痛で悩んでいるときに、「効果なし」という言葉は気になるもの。本当に膝痛には効果がないのか、みていきましょう。

プロテオグリカンは効果なし…?

プロテオグリカンは、膝痛の予防・改善や美肌効果など優れた機能がある成分です。しかし、あくまで健康補助食品という位置付け。100%効果が保証されているわけではありません。

メディアによって意見はさまざま

「サプリメントを摂取しても、体内に吸収されずただ排出されるだけで効果なし」とする意見があったり、海外の医学専門誌で、プロテオグリカンは効果がないという論文が掲載されたりしています。

しかしその一方で、軟骨再生や細胞の増殖といった膝痛にもよいという研究や臨床データが報告されているのも事実。日本でも弘前大学をはじめ、さまざまな研究機関・企業によって、プロテオグリカンの研究・開発が行われています。

プロテオグリカンの機能

プロテオグリカンはタンパク質の一種で、数個から数百の単糖が鎖状に結合した成分です。軟骨や皮膚に多く含まれ、大きな保水力を持ち、軟骨ではクッションの役割や、細胞の間に入って軟骨細胞の形成をサポート。体の健康維持に重要な成分といえるでしょう。

プロテオグリカンは減少する

加齢や運動不足、肥満などによって減少していく軟骨。軟骨の成分であるプロテオグリカンも、軟骨の減少とともに減っていきます。変形性膝関節症などはこれが一因です。

減少したプロテオグリカンは、サプリメントや食事などで摂取することで、軟骨細胞を活性化して軟骨の再生を促すとする報告があり、その効果が期待されています。

プロテオグリカンの効果を実感するために

「プロテオグリカンには効果なし」、と感じないためには何が大切なのでしょうか。

用法・用量を守る

プロテオグリカンの効果を実感するためには、正しい用法・用量を守ることが大切です。メーカーによって摂取量は違いますが、1日5㎎以上、15㎎~25㎎が一般的です。

メーカーの推奨する量を守って、過剰摂取に注意しましょう。飲むタイミングは、胃が荒れる心配が少ない食後がおすすめです。

継続して摂取する

他のサプリメントにも言えることですが、プロテオグリカンの効果が感じられるのは、早い人で摂取し始めて最低2週間位から。最低でも1ヵ月以上摂り続けることが重要です。即効性のあるものではないので、じっくり付き合っていきましょう。

配合成分や添加物は確認して選ぶ

熱に弱いプロテオグリカンのサプリメントを選ぶ際、加熱処理していないか、天然素材で作られているかを確認しましょう。配合されている成分や添加物についても確認が必要です。特に、アレルギー症状のある人は、アレルギー成分の有無をよく確かめてください。

プロテオグリカンの効果に期待しましょう

プロテオグリカンは効果なしどころか、その効果への期待は日々大きくなっています。特に高齢化の激しい日本では、ロコモティブシンドロームの予防など、プロテオグリカンの持つ機能は、大きな効果が期待されるでしょう。

健美の郷では、高純度のプロテオグリカンの抽出に成功。「プロテウォーク」で、健康で快適な生活をお手伝いいたします。「膝に違和感がある」という方は、ぜひお試しになってはいかがでしょうか?

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました