プロテオグリカンは食品で補える?

プロテオグリカンは食品で補える?

軟骨成分のプロテオグリカンは、食品で摂取できるのでしょうか?日常の食事のなかでプロテオグリカンを摂ることができれば、予防や症状の軽減が期待できます。プロテオグリカンと食品の関係をご紹介します。

プロテオグリカンを多く含む食品

膝痛、変形性膝関節症でお悩みの方、生活習慣病の予防に効果が期待できるプロテオグリカン。

プロテオグリカンが多く含まれる食品は、魚・鶏・牛の軟骨部分や、エビやうなぎ、フカヒレ、ヤマイモなど。プロテオグリカンのサプリメントの原料は、鮭の鼻軟骨から抽出されています。

プロテオグリカンを食品で摂るのは難しい

実は、ご紹介した食品を毎日食べたとしても、プロテオグリカンをたっぷり摂取することはできません。それは、プロテオグリカンが熱に弱いという弱点があるためです。

プロテオグリカンの変性とは?

もともと体内と同じ状態のことを「非変性」といいます。非変性のプロテオグリカンは、高分子の状態に保たれていますが、50℃~60℃以上の熱が加わると成分が分解されてしまいます。この状態を「熱変性」といい、プロテオグリカンのタンパク質が熱変性すると、プロテオグリカンが持つ機能が失われてしまいます。

プロテオグリカンを効率的に摂取するには

食品で摂取することが難しいプロテオグリカンは、サプリメントで補いましょう。鮭の軟骨から抽出されたプロテオグリカンは、熱処理のされていない非変性のまま摂取することができます。

天然素材の成分で食品としても、安心して摂取することが可能です。最近は、サプリメントの他にドリンクやゼリータイプのものなど、手軽にプロテオグリカンを摂取できる商品が多数開発されています。

プロテオグリカンの用法・用量と選び方

天然由来の原料から抽出されたプロテオグリカンに副作用の心配はありませんが、過剰摂取にはご注意を。

摂取量の目安

プロテオグリカンの一日の摂取量は、5㎎~25㎎が目安とされているので、各メーカーの定める用法・用量を守りましょう。体調や体質に個人差があるので、体に合わないと感じた場合は摂取を中止して下さい。

サプリを選ぶポイント

プロテオグリカンのサプリメントを選ぶ場合は、「非加熱で製造されていること」と「配合されている成分や添加物」をよく確認しましょう。カニやエビなどの成分にアレルギー症状のある方は、ご注意ください。

プロテオグリカンはサプリメントで効率的に摂取しましょう

プロテオグリカンを含む食品はありますが、通常の食事で摂取するのは困難なため、効率的に摂るにはサプリメントがおすすめ。また、適度な運動で健康に気をつけることも大切です。手軽なサプリでプロテオグリカンを補い、健康的な毎日を手に入れましょう。

健美の郷では、高純度・高品質のプロテオグリカンを配合した「プロテウォーク」を提供しています。活き活きとした毎日を送るために、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました