kenbinosato のすべての投稿

関節痛に効く?グルコサミンの効果

関節痛対策に!グルコサミンの効果を徹底解説

関節痛対策によいと言われているグルコサミンは、年齢とともに減少していく傾向にあります。「関節痛は年齢のせいだから仕方がない」とあきらめていませんか?ここではそんな方におすすめしたい、グルコサミンの働きや効果について解説します。

グルコサミンの働き

体重や運動による負荷から関節を守る軟骨は、たっぷりと水分を含み、関節のクッションや潤滑油の役割を果たしています。その軟骨成分のひとつが、グルコサミンです。

グルコサミンは、他の軟骨成分であるコンドロイチンやヒアルロン酸の生成を促す、大切な働きがあります。

軟骨をつくるうえでとても重要な働きをするグルコサミンですが、年齢とともに徐々に減少していくことが分かっています。

グルコサミンと関節痛の関係

常に摩擦にさらされる軟骨は、当然のことながら摩耗していきます。

軟骨の修復に必要なグルコサミンが、加齢とともに減少していくわけですから、軟骨は徐々にすり減っていくことに。関節のクッション性が低くなると、骨にかかる負担が増え、場合によっては骨が変形してしまうこともあります。

すり減った軟骨が刺激となり、炎症を起こすことで痛みが生じる、変形性関節症が代表的な例で、関節痛に多く見られる症例のひとつです。

軟骨を修復する成分であるグルコサミンが、関節痛の治療として使われるのはこのような理由からです。

関節痛は将来介護が必要となる原因にも

私たちの身体には約140もの関節があり、それぞれの関節を動かすことで、歩いたり物をつかんだり、座ったりできます。歩くときには膝の関節を使っていますが、関節痛があると歩くことがつらくなり、活動が制限されてしまうことに。

厚生労働省の調査によると、関節痛は、介護認定を受ける原因となる疾患として、認知症などに次ぐ割合の高さであることが判明しています。

年齢を重ねても元気に過ごすためには、グルコサミンを補いながら、体中にある関節とうまく付き合っていくことが、とても大切なのです。

グルコサミンの働きには美肌効果も

軟骨成分のグルコサミンは、同じく軟骨成分のヒアルロン酸やコンドロイチンの生成を促し、軟骨の修復をする働きがあります。グルコサミンの働きで生成されるヒアルロン酸は、肌の保湿力を高める成分としてもよく知られています。

つまり肌の水分量が減少することで起きるシワやたるみにも、グルコサミンの効果が期待できるのです。

グルコサミンを効果的に摂取するには?

グルコサミンの1日に必要な摂取量は1500mgと言われています。甲殻類(カニやエビなど)の殻に多く含まれているものですが、これをすべて食事から摂るというのは簡単ではありません。

たとえ数日間頑張って摂取できたとしても、軟骨の修復には時間がかかるため、ある程度続けていくことが重要なのです。

そんなときにおすすめしたいのが、サプリメント。サプリメントには、グルコサミンだけではなく、相乗効果のあるコンドロイチンなどが一緒に含まれているものもあり、とても効果的です。

もうひとつの大切な成分「プロテオグリカン」

軟骨を形成する成分の中で、水、コラーゲン、軟骨細胞とともにもうひとつ大切な働きをしているのが、プロテオグリカンです。保湿性に優れているため、たくさんの水を保持してゲル状になります。

プロテオグリカンは、費用を抑えて高純度に作る方法がなかったため、サプリメントにすることは難しいと言われてきました。

しかし技術の開発により、プロテオグリカンを含むサプリメントを作ることに成功。より効果的に、軟骨成分を摂取できるようになりました。

早めの関節痛対策で年齢を重ねても健やかに

医療や技術の進歩によって、私たちの寿命は年々延びていますが、ただ寿命を延ばすだけではなく、健康寿命も延ばすことが大切です。

年齢のせいだとあきらめることはありません。自分の身体の変化を受け止め、体力や年齢に合った健康法を見つけていきましょう。

関節痛も、早めの対策が大切です。

プロテウォークには、年齢とともに減少してしまうグルコサミンやコラーゲンをはじめ、軟骨形成に大切な働きをする、プロテオグリカンが含まれています。

「年齢を重ねても健やかに」、そんな“幸せな未来につながる一歩”として、ぜひおすすめしたいサプリメントです。

プロテウォークの購入はこちら

◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンは食品で補える?

プロテオグリカンは食品で補える?

関節のトラブル改善の効果が期待できる軟骨成分「プロテオグリカン」。近年メディアにも取り上げられるなど注目度の高い成分ですが、食品から摂取することはできるのでしょうか?日常の食事の中でプロテオグリカンを摂ることができれば、予防や症状の軽減が期待できます。今回は、プロテオグリカンと食品の関係について見ていきましょう。

プロテオグリカンを多く含む食品

プロテオグリカンは軟骨を構成する3大主成分のひとつで、高い保水性や細胞の再生促進をサポートする成分とされています。

膝痛や、変形性膝関節症の改善はもちろん、生活習慣病の予防効果も期待されることから、健康の維持・増進を働きかける成分として注目が高まっています。

プロテオグリカンが多く含まれる食品は、魚・鶏・牛の軟骨部分や、エビ・うなぎ・フカヒレなどの魚介類、ヤマイモなどが一般的。

また、プロテオグリカンのサプリメントの原料は、鮭の鼻軟骨から抽出されています。

プロテオグリカンを食品で摂るのは難しい

さて、プロテオグリカンが多く含まれる食品をご紹介しましたが、実は、こうした食品を毎日食べたとしても、プロテオグリカンを必要量摂取することはできません。

それは、プロテオグリカンには「熱に弱い」という弱点があるためです。

プロテオグリカンの変性とは?

プロテオグリカンが熱に弱いという仕組みを説明するために、プロテオグリカンの「変性」について詳しく見ていきます。

  • 非変性:成分が体内にあるときと同じ状態
  • 変性:成分がなんらかの理由で元の形から変化した状態

体内にもともとある成分と、食品に含まれる成分が同じ状態のことを「非変性」といいます。この状態のまま成分を摂取できれば、体内での機能や吸収率も高い状態をキープすることができるでしょう。

しかし、50~60℃以上の熱が加えられた非変性のプロテオグリカンは、成分が分解されてしまいます。この状態を「熱変性」といい、プロテオグリカンのタンパク質が熱変性すると、プロテオグリカンが持つ機能が失われてしまいます。

簡単にまとめれば、「熱を加えるとプロテオグリカンの機能が失われる」ということです。

プロテオグリカンを効率的に摂取するには

それでは、食品からの摂取が難しいプロテオグリカンを、どのように体内に補ってあげれば良いのでしょうか。

おすすめしたいのが、プロテオグリカンをサプリメントで摂取する方法です。

鮭の鼻軟骨から抽出されたプロテオグリカンのサプリメントなら、熱処理のされていない非変性(体内にある状態と同じ)のまま摂取することができます。

天然素材の成分なので、食品としても安心して摂取することが可能です。

また、最近ではサプリメントの他にドリンクやゼリータイプのものなど、手軽にプロテオグリカンを摂取できる商品が多数開発されていることから、自分好みのタイプを選んでみましょう。

プロテオグリカンの用法・用量と選び方

天然由来の原料から抽出されたプロテオグリカンに副作用の心配はありませんが、やはり用法や用量を守らない過剰摂取には注意が必要です。いくら健康への効果が期待できる成分であっても、摂り過ぎは良くありません。

ここからはプロテオグリカンの摂取量の目安や、サプリメントを選ぶポイントを見ていきましょう。

摂取量の目安

プロテオグリカンの一日の摂取量は、一般的に5~25㎎が目安とされています。各メーカーの商品によっては定めている用法・用量に違いがあるため、きちんと摂取量を守るようにしましょう。

また、体調や体質に個人差があるので、体に合わないと感じた場合は摂取を中止してください。

サプリを選ぶポイント

プロテオグリカンのサプリメントを選ぶ場合は、「非加熱で製造されていること」と「配合されている成分や添加物」をよく確認しましょう。

とくにカニやエビなどの成分にアレルギー症状のある方は成分や添加物の表記に注意が必要です。

プロテオグリカンはサプリメントで効率的に摂取しましょう

プロテオグリカンを含む食品は、身近にも多くあります。しかし、プロテオグリカンは熱を加えることで機能が失われる特徴があり、通常の食事で摂取するのはなかなか困難。

そこで、効率的にプロテオグリカンを摂取するならサプリメントがおすすめです。サプリメントなら、プロテオグリカンの機能を失うことなく、手軽な方法で摂取することができるでしょう。

また、適度な運動で健康に気をつけることも大切です。サプリメントでプロテオグリカンを補いつつ、適度な運動を組み合わせることで、健康的な毎日を手に入れましょう。

健美の郷では、高純度・高品質のプロテオグリカンを配合した「プロテウォーク」を提供しています。いきいきとした毎日を送るために、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら

◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

プロテオグリカンは膝痛に効果なし?その疑問にお答えします!

「プロテオグリカンは膝痛には効果がない」という口コミを目にしたことはありませんか?プロテオグリカンは鮭の鼻軟骨から抽出できる希少成分で、人間の軟骨を構成する主成分とされることから、膝痛改善への効果が期待されています。しかし「膝痛に効果がない」という声を耳にしてしまうと、本当に効果があるのか不安になってしまいますよね。とくに膝痛で悩んでいる方にとっては無視できない情報でしょう。

そこで今回は、「プロテオグリカンが本当に膝痛には効果がないのか」「効果を実感するためにはどうすれば良いのか」といったポイントに的を絞ってご紹介していきたいと思います。

プロテオグリカンは効果なし?

プロテオグリカンは、膝痛の予防・改善や美肌効果など優れた機能がある成分です。しかし、その位置付けはあくまでも「健康補助食品」とされています。

健康補助食品とは、「医薬品」や「医薬部外品」とは違い、あくまでも健康の維持や増進をサポートしてくれるもの。

医薬品や医薬部外品は、いわゆる薬として効果や効能を記載することができますが、健康補助食品では効果・効能を記載することは禁じられています。

  • 健康補助食品:健康食品、サプリメント、栄養補助食品など
  • 医薬品・医薬部外品:風邪薬や解熱鎮痛剤、湿布薬などの効果・効能のある薬

そのため、その商品自体に100%効果があると謳うことはできません。

このポイントが、プロテオグリカンに「効果がある・ない」といった論争を呼ぶ理由とも言えます。

メディアによって意見はさまざま

ご紹介したように、健康補助食品であるプロテオグリカンは、はっきりとした効果・効能を記載することができません。

そのため、「サプリメントを摂取しても、体内に吸収されずただ排出されるだけで効果なし」とする意見があったり、海外の医学専門誌で、プロテオグリカンは効果がないという論文が掲載されたりしています。

しかしその一方で、軟骨再生や細胞の増殖といった膝痛にもよいという研究や臨床データが報告されているのも事実です。日本でも弘前大学をはじめ、さまざまな研究機関・企業によって、プロテオグリカンの研究・開発が行われています。

プロテオグリカンの機能

では、そもそもプロテオグリカンの成分にはどのような機能があるのでしょうか?

プロテオグリカンはタンパク質の一種で、数個から数百の単糖(糖質の単位の呼び方)が鎖状に結合した成分です。プロテオグリカンはもともと人間の軟骨皮膚に多く含まれており、大きな保水力を持っています。

軟骨では日常動作や運動の衝撃を吸収する「クッション」の役割や、細胞の間に入って軟骨細胞の形成をサポートすることでも知られています。

まさに、体の健康維持にとっては重要な成分といえるでしょう。

プロテオグリカンは減少する

「もともと人間の体に含まれているなら、プロテオグリカンを摂取する必要があるの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

実は、人間の軟骨は加齢や運動不足、肥満などによって減少していきます。

軟骨の成分であるプロテオグリカンも、軟骨の減少とともに減っていくことが確認されており、変形性膝関節症などの一因ともされています。そこで、先ほどの研究成果がより一層注目を集めるようになりました。

減少したプロテオグリカンをサプリメントや食事などで摂取すると、軟骨細胞を活性化し軟骨の再生を促すという働きで、健康の維持や増進を目指そうとすることが、プロテオグリカンを摂取する目的です。

プロテオグリカンの効果を実感するために

ここまで、プロテオグリカンが「効果がない」とされる理由や、成分の働きについて見てきました。ここからは、プロテオグリカンの効果をしっかりと実感するための方法を見ていくことにしましょう。

せっかくサプリメントを飲んでいても、用法や容量、摂取期間を間違っていると効果を実感することはできません。

「プロテオグリカンは効果がない」と感じないためには何が大切なのでしょうか。

1.用法・用量を守る

プロテオグリカンの効果を実感するためには、正しい用法・用量を守ることが大切です。メーカーによって摂取量は違いますが、1日5㎎以上、15~25㎎が一般的です。

メーカーの推奨する量を守って、過剰摂取には注意しましょう。飲むタイミングは、胃が荒れる心配が少ない食後がおすすめです。

2.継続して摂取する

サプリメントは、摂取する人によって効果を実感できるまでの時間に個人差があります。

プロテオグリカンの効果が感じられるのは、早い人で摂取し始めて最低でも2週間程度から。

しっかりと効果を実感するには、1ヵ月以上は摂り続けることが重要です。即効性のあるものではないので、じっくり付き合っていきましょう。

3.配合成分や添加物は確認して選ぶ

プロテオグリカンは熱に弱いという特徴を持っています。

そこでサプリメントを選ぶ際は、加熱処理していないか、天然素材で作られているかといったポイントを確認してみましょう。

配合されている成分や添加物についても確認が必要です。特に、アレルギー症状のある人は、アレルギー成分の有無をよく確かめてください。

プロテオグリカンの効果に期待しましょう

プロテオグリカンは効果なしどころか、その効果への期待は日々大きくなっています。

特に高齢化の激しい日本では、ロコモティブシンドロームの予防など、プロテオグリカンの持つ機能は、大きな効果が期待されるでしょう。

用法や容量をしっかり守ることも大切ですが、やはりしっかりと効果を実感するには、質の高いプロテオグリカンを摂取することが大切です。

健美の郷では、高純度のプロテオグリカンの抽出に成功した「プロテウォーク」で、健康で快適な生活をお手伝いいたします。「膝に違和感がある」という方は、ぜひお試しになってみてはいかがでしょうか?

プロテウォークの購入はこちら

◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンを増やすためには?

プロテオグリカンは膝痛の予防・改善の効果が期待される成分のひとつです。テレビなどでも頻繁に紹介されることから、膝痛や関節のトラブルに悩む方を中心に、近年高い注目を集めています。では、注目の成分プロテオグリカンを体内で増やすためには、どのような方法があるのでしょうか?今回は、プロテオグリカンの役割や、成分を増やすための方法について見ていきましょう。

プロテオグリカンの役割は?

プロテオグリカンは、膝などの関節に含まれる軟骨成分の1つです。水分を多く蓄えてくれる「保水性」に優れており、軟骨への水分供給の役割も担っています。

膝などの軟骨には、日常動作や運動などで生じる衝撃を吸収する「クッション」としての働きもありますが、プロテオグリカンが減ってくると、このクッションの役割が低下。すると、骨と骨が接触することで膝痛などの関節痛を引き起こす可能性があります。

高齢者の方を悩ませる変形性膝関節症の原因の1つにも、プロテオグリカンの減少が考えられるでしょう。

プロテオグリカンが減る原因

それでは、プロテオグリカンの減少はなぜ起こってしまうのでしょうか?プロテオグリカン減少の原因には、大きく3つの理由が考えられます。

1.加齢による減少

1つめの原因は「加齢による減少」。

プロテオグリカンは、他の軟骨成分と同じように、年齢を重ねるごとに減少していくことが知られています。

軟骨を構成する主成分の1つに数えられるプロテオグリカンが減少すれば、軟骨の水分が減少し弾力性がなくなるため、関節痛を引き起こす一因となってしまうでしょう。

2.肥満による体重の増加

「肥満による体重の増加」も、プロテオグリカンが減少する原因の1つです。

人が歩くときに関節にかかる負荷は、体重の3~6倍とされています。適正体重が保たれている状態であれば、軟骨がこの負荷をサポートしてくれます。

しかし、体重が重くなり膝への負担が大きくなると、軟骨細胞の働きが弱くなり、プロテオグリカンが減少する原因となってしまうでしょう。

3.女性に多い軟骨の傷み

女性ホルモンと軟骨に深い関連性があることをご存知でしょうか?

女性ホルモンの1つである「エストロゲン」は、軟骨を保護する機能がある成分です。「エストロゲン」がホルモンバランスの変化で減少すると軟骨が傷みやすくなるため、プロテオグリカンの生成量もダウン。

そのため、女性は男性よりも軟骨が傷みやすいとされています。

変形性膝関節症や骨粗しょう症の発症率が男性に比べ女性が高いとされるのは、この女性ホルモンと軟骨の関係が一因と言えるでしょう。

自分でもできる!プロテオグリカンを増やすためには

ここからは、自分でもできるプロテオグリカンを増やすための方法をご紹介していきます。

プロテオグリカンを増やすためには、関節を動かすことが大切です。膝などの関節を曲げ伸ばすと、血流が改善されて膝に酸素が多く送られるようになります。その結果、軟骨細胞が活性化し、プロテオグリカンを多くつくることができます。

プロテオグリカンを増やすことができれば、膝などの関節の痛みを予防・改善することが期待できるでしょう。

運動不足は膝痛改善を遠ざけることに

「膝痛が気になって運動が億劫…」「膝が痛いから、できるだけ動かないようにしよう」

こんな考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

実は、膝の痛みを改善するために運動を避けていると、むしろ改善への道のりを遠ざける結果となってしまいます。

日頃、運動不足で足腰をあまり使わなかったり、膝痛で関節を動かすことが億劫になったりすると、軟骨に供給される酸素や栄養が減り、プロテオグリカンが減少。結果的に軟骨の傷みを修復してくれるはずのプロテオグリカンが少なくなるため、軟骨の修復が難しくなってしまいます。

膝の痛みがある場合でも、軽いストレッチや関節を動かす運動などで、軟骨に適度な刺激を与えることが重要です。

もちろんやりすぎは禁物ですが、小さな運動を毎日の生活に加えてあげるだけでも、プロテオグリカンを増やす効果が期待できるでしょう。

おすすめはウォーキング

例えば膝の痛みに悩んでいる方なら、プロテオグリカンを増やす運動としてウォーキングがおすすめです。

1日に合計30分、10分を3回に分けてもかまいません。小さなウォーキングを足し算すれば、トータルでしっかりと目標の時間をクリアできます。

予防の場合は、大股で歩いたり階段を積極的に使うなど、運動量を増やすと効果的です。

膝に痛みがある場合は、無理をしない範囲で関節を動かしましょう。

プロテオグリカンが増える食事

プロテオグリカンは、普段の食事からは摂りづらい成分でもあります。

牛・魚・鶏の軟骨に多く含まれていますが、熱に弱い特性があるため、プロテオグリカンを直接摂取することはなかなか難しいでしょう。

軟骨の成分であるグルコサミンは、うなぎ・フカヒレ・ヤマイモなどに含まれており、食事からでも摂取することが可能です。

健康で快適な生活を送るために

プロテオグリカンは、変形性膝関節症などの一因にもなる重要な成分ですが、さまざまな原因から減少することが知られています。

もちろん、日頃の対策を続けることでその減少を食い止めることが可能ですが、熱に弱いため食事ではなかなか摂取することが難しいと言えます。

そこでおすすめしたいのが、プロテオグリカンのサプリメント。サプリメントならプロテオグリカンを手軽に効率よく摂取することができます。

膝痛などの関節痛が気になる方は、適度な運動とプロテオグリカンのサプリメントの組み合わせを試してみてはいかがでしょうか?

健美の郷では、プロテオグリカンを多く含んだ「プロテウォーク」をご用意しています。健康寿命を延ばすためにも、ぜひ一度お試しください。

プロテウォークの購入はこちら

◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

グルコサミンとはどういうものなのか?

グルコサミンとはどういうものなのか?

「グルコサミンといえば関節痛に効く」というイメージが浸透しつつあります。しかし、「グルコサミンが身体でどのような働きをしているのか」「関節の痛みとどう関係しているのか」ということを知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、グルコサミンの役割や特徴をできるだけ分かりやすくご紹介します。この機会に、馴染みのあるグルコサミンに詳しくなってみましょう!

グルコサミンとは?

「グルコサミン」とはブドウ糖(グルコース)とタンパク質(アミノ酸)を材料にしてつくられた、アミノ糖という物質の1つです。

サプリメントでよく売られているため、体内でつくることができないと思っている方もいたかもしれませんが、そうではありません。

グルコサミンは、私たちの身体の主に肝臓で合成されています。

関節の修復材として働いてくれる

グルコサミンは、軟骨をつくるうえで最も基本となる「プロテオグリカン」をつくる材料です。

プロテオグリカンは軟骨を形成する成分として近年大きな注目を集めており、それにあわせて、材料となるグルコサミンの働きも改めて注目されるようになりました。

また、化粧品や健康食品の成分として広く知られる「ヒアルロン酸」の主な材料もグルコサミンです。

グルコサミンはもともと人間の関節や肌などに存在し、軟骨や皮膚の再生、関節の炎症を抑えたり、傷ついた軟骨を修復してくれます。

こうした働きが、グルコサミンが「関節の修復材」と呼ばれる理由の1つとなっています。

グルコサミンとコンドロイチンの違い

さて、グルコサミンとあわせて関節痛への効果が期待できる成分として「コンドロイチン」という言葉を耳にするかと思います。

どちらもサプリメントの成分として一般的ですが、両者の違いはどこにあるのでしょうか?

成分の働き方が違う

グルコサミンとコンドロイチンの違いは成分の働き方にあります。

軟骨は「水分」と「コラーゲン」、「プロテオグリカン」、「軟骨細胞」でつくられています。グルコサミンはこのプロテオグリカンの90%以上を占めるグリコサミノグリカンをつくる段階で重要な役割を果たしています。

つまり、軟骨の形成をサポートしてくれる成分ということになりますね。

一方のコンドロイチンは、軟骨成分の一種のこと言います。そのため、グルコサミンと一緒に摂取することで相乗効果を期待でき、関節をスムーズにし、痛みを和らげることができます。

どちらかに優劣がある訳ではありません。成分単体としてはもちろん、両者を併用することで関節の働きをサポートすることが期待できるでしょう。

コラーゲンとは?

軟骨を構成している成分で、もうひとつ忘れてはいけないのが「コラーゲン」です。

コラーゲンは軟骨以外の皮膚にも多く存在しています。

化粧水にも配合されることからも分かるように、美しい肌を保つために必要なタンパク質の一種といえます。

年齢を重ねるごとに減少する成分を補うことが大切

ここまでグルコサミンとあわせて、関連性の高いコンドロイチンとコラーゲンの役割もご紹介しました。

この成分に共通するのが「年齢を重ねるごとに減少する」ということ。軟骨の形成やサポートに深く関わるこれらの成分が減少するということは、それだけ関節への負担や影響が大きくなるということです。

そのため、普段の食事などから、グルコサミンをはじめとした成分をしっかり補ってあげることが大切になってきます。

グルコサミンを含む食品

では、具体的にどんな食品にグルコサミンは多く含まれているのでしょうか?

グルコサミンを多く含む食品でよく知られているのは、カニやエビなどの甲殻類の殻ですが、これらが食卓に並ぶ機会はあまりないですね。

そのほかの一般的な食品で挙げるとオクラや納豆、山芋などネバネバしているものに多く含まれています。

特に山芋は、相乗効果が期待できるグルコサミンとコンドロイチンの両方が含まれているのでオススメです。

しかし必要量のグルコサミンを、こうした食品から全て摂ることは簡単ではありません。

効率的に摂取するならサプリメントがおすすめ

そこで、グルコサミンを効率的に摂取するのにおすすめなのがサプリメントです。

比較的手軽に摂取できるサプリメントで成分を補えば、自分のペースでしっかりグルコサミンを摂り入れられます。

また、関節痛には日常生活も大きく関わっているため、グルコサミンを摂るとともに適正体重を維持したり、運動で関節の周りの筋肉を鍛えてみると良いでしょう。

年齢を重ねても元気に過ごしたい

「関節の痛みは年齢のせいだから仕方がない」と思わずに、自分の身体を理解し、効果的に健康を維持し向上していくことが大切です。

より効果的に関節の健康に働きかけたいなら、「プロテオグリカン」に注目してみましょう。

これまでは、軟骨を構成するプロテオグリカンをつくるために必要な、グルコサミンを摂取するのがサプリメントの主流でした。

しかし現在では、効率的な成分抽出方法の研究が進み、プロテオグリカンをそのまま摂取できるサプリメントが一般的となっています。

健美の郷の「プロテウォーク」は、天然のプロテオグリカンをそのまま摂取できるサプリメントです。

「健康は一日にしてならず」という言葉どおり、個々に合った方法で無理せず健康を保てるように取り組んでみましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

膝痛対策は原因を知ることからはじめよう!

つらい膝痛には、いち早い対策を心がけることが重要です。しかし、対策といっても膝痛にはさまざまな原因があります。「原因を知って対策を選ぶ」、これであなたの膝痛を解消しましょう。

膝痛の原因と予防対策

膝痛はどのようなときに発生するのでしょうか?原因と予防対策をまとめました。

原因その1:スポーツによる膝の使いすぎ

運動量が多いスポーツは、体中の筋肉や関節を酷使しています。あまりにも身体への負荷が大きいと、膝に大きな負担がかかって膝痛になることも。

対策:痛みが強いときには整形外科を受診して、まずは安静にすることが大切。炎症がおさまってから、医師の指示を受けながら筋肉トレーニングで膝周りの強化をして、予防につとめます。スポーツのあとのアイシングも、疲労回復や膝痛の予防に効果があります。

原因その2:急な運動による膝への負担

普段あまり運動しない人が、突然走ったり山登りをしたりすると、膝に負担がかかり、膝痛になることがあります。

対策:運動の前や普段から、しっかりとしたストレッチを心がけることが大切です。膝や筋肉をしっかりとやわらかくすることで、可動領域を事前に増やし、膝への負担を減らしましょう。急な運動で痛みが発生した際は、安静が一番。痛みが治まってから、徐々に運動を再開するとよいでしょう。急性期の痛みには、アイシングも効果的です。

原因その3:けがによる影響

過去に事故や転倒によって膝にけがをしたことがあると、あとから膝痛に悩まされることがあります。

けがをしたときには「大したことはない」と思っていても、思わぬところで痛みが発生することも。

対策:けがをしたときは、早めに受診をすることが大切。また、膝のサポーターを上手に活用して、膝への負担を減らしてあげましょう。

原因その4:太ももの筋肉の衰え

筋肉は年齢とともに衰えます。特に太ももの筋肉が衰えると、膝にかかる衝撃をやわらげることができなくなり、膝痛の原因になるのです。

対策:炎症がひどいときには治療をし、その後筋肉トレーニングやウォーキングで太ももの筋肉を鍛えましょう。

原因その5:膝の病気

「リウマチ」「半月板損傷」「変形性膝関節症」、これらは「膝の三大病」とも言われ、膝痛に悩まされる人がたくさんいます。

実は、この中で一番多いのが「変形性膝関節症」。膝痛対策を考えるときには、まずこの症状を疑ってみましょう。

変形性膝関節症の原因と対策

それでは、膝痛の中でも最も多い症状、変形性膝関節症について詳しく見ていきます。

変形性膝関節症とは?

変形性膝関節症とは、膝のクッションとなっている軟骨がすり減り、骨と骨が直接ぶつかることによって痛みが生じる症状のこと。

膝の軟骨がすり減る原因としては、主に以下の2つがあります。

  • 激しい運動による膝の酷使
  • 加齢によるもの

多くの人が悩まされるのは加齢によるもので、早ければ40代からこの膝痛に悩まされる人がいるようです。

変形性膝関節症の対策

痛みが発生している際は安静にすることが大切です。変形性膝関節症の治療には、保存療法・手術療法の2つの方法があります。

保存療法は、痛みに対して内服薬や、湿布などの外用薬を用いたり、場合によってはヒアルロン酸やステロイドを注射します。

それでも改善が見られない場合は、手術療法が検討されます。

予防・対策:ウォーキングや筋力トレーニングで膝周りの筋力をつけ、体重管理をしっかりとすることが予防につながります。保存療法を行っている際にも、同時進行で行うことが大切です。

加齢で軟骨がすり減る原因

ではここで、加齢で軟骨がすり減る原因についても少し解説します。

本来、膝関節は骨と骨の間が「関節液」で満たされていて、それが軟骨をスムーズに動かす潤滑油の働きをしています。

ところが加齢とともに、その関節液を作り出す成分が減少する傾向にあり、とくに40歳を過ぎたあたりから加速。関節液の減少により、軟骨が摩耗していくのです。

軟骨成分プロテオグリカンに注目!

年齢とともに、身体のいろいろな成分が減少してしまいますが、その1つが軟骨成分であるプロテオグリカン。軟骨の厚みを増やすには、このプロテオグリカンが大切な役割を果たします。

さらに、プロテオグリカンは肌にも含まれる成分なので、膝痛対策だけではなく、美容効果も期待されています。

膝痛の症状に合わせた対策を行いましょう

膝痛の原因はさまざまですので、まずは自分の膝痛がどこから発生しているのか、それをしっかりと把握することが大切です。

膝痛の中でも、年齢とともにとくに多いのが変形性関節症。治療や運動療法にくわえ、軟骨を形成する成分が含まれたサプリメントの摂取もおすすめです。

健美の郷「プロテウォーク」は、軟骨成分で注目されているプロテオグリカンを、効果的に摂取できるサプリメント。

さらに、膝痛の治療にも使われるヒアルロン酸を始め、軟骨成分のコンドロイチン、グルコサミン、コラーゲンをすべて配合しています。

膝痛を感じたときは、サプリメントも上手に取り入れながら、しっかりと早めに対策を取りましょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝痛にはつらい階段の昇り降りの対策は?

【膝痛対策】つらい階段の昇り降り対処法を伝授!

階段を昇り降りするときに、膝痛を感じた経験はありませんか?「普段歩くときには問題ないけれど、階段の昇り降りのときはとてもつらい」。そんな、階段の昇り降りで発生する膝痛の対処法をご紹介します。

膝痛の原因は?

階段の昇り降りでの膝痛、その原因の多くは、「変形性膝関節症」です。この病気は、膝の軟骨がすり減ってしまうことで発症し、膝の骨と骨がぶつかりあうことで痛みが発生します。

膝の軟骨がすり減る原因は、膝の使いすぎや、加齢による軟骨の柔軟性低下などが挙げられます。

階段は特に注意

人は普段歩くだけでも、体重のおよそ3倍程度の負荷が膝にかかっています。それが階段の昇り降りになると、さらに5倍もの負荷がかかってしまうことに。

特に下り時には、下方向へ荷重がかかるため、膝への負担はさらに大きくなり、膝痛が発生しやすい状態に陥ります。

健康のためには階段を使ったほうがよいと言われていますが、膝痛がある方は無理をせず、エレベーターやエスカレーターを使いましょう。

階段をうまく昇り降りするコツ

極力エレベーターやエスカレーターを使ったとしても、日常生活において、階段をまったく使わないというのは難しいことです。そこで、膝痛がつらい方が、階段をうまく昇り降りできるコツをご紹介します。

基本の動作

足を着地してまた前進をするときの基本動作は、足裏全体を使うことが大切です。

着地の際は、かかとから着地をして足裏全体をつけていき、前進する際も、最後に親指で地面を蹴るイメージで、かかとから少しずつ上げていきます。

階段の昇り降りだけではなく、普段歩くときにも基本は同じです。

階段を降りるときのコツ

階段を降りるときは、痛いほうの足から1歩目をスタート。

後ろに残った足に体重をかけながら、痛いほうの足を着地させ、一段ずつ足を揃えて降りていきます。

膝痛がひどい足への負担が軽減され、痛みがやわらぎます。

階段を昇るときのコツ

昇る場合も、降りるときと理屈は同じです。

昇る際は、痛む足を後ろにして、痛くないほうを先に上げ、一段ずつ足を揃えながら昇っていきます。昇るときも降りるときも、痛むほうの足が階段の下の段だと覚えておくと、分かりやすいでしょう。

膝痛の場合、いかにして痛む足に体重をかけないかが重要です。

階段に手すりがある際は、それをうまく使って手すりを握った腕に体重をかけながら、体ごと昇降するようにすると負担をより軽減できます。

足を前に出しやすくするコツ

階段昇降の際に膝痛で足が前に出にくい方は、次の方法もお試しください。

手を前に出す

階段を昇るときに手を前に出すことで、前傾姿勢をとることができます。前傾姿勢になると、自然と勢いがついて足を楽に前に出しやすくなるため、階段が昇りやすくなるのです。

おしりに手を当てる

これも前傾姿勢をとるための方法です。体を押し出すようにすることで足が前に出しやすくなり、階段を昇りやすくなります。

普段から心がけたい膝痛対策

膝痛がある際の階段の昇り降りのコツをご紹介しましたが、一番大切なのは、そもそもの膝痛を防ぐことです。

ここからは、普段から心がけたい膝痛対策をご紹介します。

筋肉トレーニング

膝痛があるからといって運動をしないのは、かえって症状を悪化させる悪循環を生んでしまいます。

湿布や病院での治療等で痛みに対処しながら、同時に膝周りの筋力を強化していくことも、とても大切です。

ウォーキングや水中歩行など、膝が傷まない程度の有酸素運動を取り入れるのも効果的。

さらに太腿の筋肉を鍛えると、膝への負担に対してのクッションとなり、階段を昇り降りするときの膝への負担も軽減されます。

ストレッチ

ストレッチによって、膝の筋肉や靭帯をやわらかくし、可動領域を増やすことで膝痛を防ぐことができます。急に階段を駆け出したりすると、突然膝痛になることもあるので、普段からストレッチを行いましょう。

体重を減らす

体重が減れば、歩くときや階段の昇り降りのときに、膝にかかる負担も軽減されます。膝痛を持っている方で体重が気になる方は、食事の改善や運動を取り入れて、体重を減らすことも意識してみましょう。

サプリメントをとる

変形性膝関節症は、軟骨がすり減ることで起こります。これを防ぐには、膝の軟骨成分となるものを摂取しなければなりませんが、毎日の食事で十分に摂るのは難しいことです。

そんなときにおすすめなのが、サプリメントで効率的に摂取する方法。階段で膝痛を感じたら、サプリメントを積極的にとることも考えましょう。

膝痛が気になったら早めに対策を!

階段の昇り降りで膝痛を感じるのは、体の異常のサイン。つらい膝痛に発展させないために、また、健康な生活を守るためには、毎日のちょっとした心がけが大切です。

膝痛を感じたら、筋肉トレーニングやサプリメントの摂取など、早めに対策を取りましょう。

今、軟骨成分のサプリメントとして効果が高いと言われているのが「プロテオグリカン」。

健美の郷の「プロテウォーク」は、効果的にプロテオグリカンを摂取できるので、早期の膝痛対策にとても役立ちます。

階段の昇り降りで膝に異常を感じたら、自分で早めにできる対策として、ぜひお試しください。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

膝が痛い時どうすればいいの?

膝が痛いとき、どうすればいいの?

年齢を重ねると、膝の痛みに関する悩みが多くなりますよね。「立ったり座ったりといった動作がつらい」「階段の昇り降りに膝の痛みを感じる」「長時間歩くと膝が痛いときがある」といった症状に身に覚えがある方も多いのではないでしょうか?

膝が痛いと、日常生活での動きが億劫になり、健康的な生活を送ることができなくなってしまいます。

そこで今回は、中高年の皆さんが抱える膝が痛いときの対処法をご紹介します。一緒に膝の痛みの対処法を学んでいきましょう。

膝の痛みの原因は?

膝の痛みはなぜ起こるのでしょうか?まずは膝が痛い症状の原因から見ていきましょう。

膝の痛みを感じる中高年の方の原因として最も多いのが「変形性膝関節症」と呼ばれるものです。

膝には、骨と骨が接触しないようにする為に関節軟骨があります。骨同士がぶつかっても大丈夫なように、クッションの役割を果たす部分があると考えると分かりやすいでしょう。

加齢による衰えが痛みを引き起こす

この軟骨が加齢によりすり減ったり、筋肉の衰えにより負担がかかると、骨と骨が接触しやすくなり炎症を起こしてしまいます。また、骨の位置がずれたりすることでも、膝の痛みが生じます。これが変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は症状が進行すると、膝に水が溜まったり、膝そのものが変形して、日常生活に支障をきたすこともあります。

これ以外にも膝の痛みの原因としては、O脚や肥満も代表的な原因の1つと言えるでしょう。

とくに肥満は生活習慣に起因していることが多く、年齢に関係なく膝の痛みを引き起こすため注意が必要です。

膝が痛くなったらどうすればいいの?

では、膝が痛いときはどのように対処すればいいのでしょうか。

医療機関を受診するなどすれば、専門的な対処法はたくさんあると思いますが、ここでは自分でできる「膝痛対策」をご紹介したいと思います。

1.運動の習慣をつける

1つめの膝痛対策の方法は、「運動の習慣をつける」ということ。

膝が痛いときは、何気ない日常生活ですら動くのが億劫になったり、無理に動かすことで症状が悪化することを恐れて、ついつい膝を過保護にしてしまいがちです。

しかし、膝を動かさずにいると、膝周りの骨や軟骨、筋肉等がだんだん弱っていき、逆に症状が悪化してしまいます。そのため、自分が動ける範囲で適度に膝を動かすことが大切になってきます。

ただし、注意したいのは、膝の痛みの程度によっては運動のやり過ぎは禁物だということ。痛みの少ない範囲で、筋力のトレーニング、ストレッチ、ウォーキング等の全身運動を、まんべんなく取り入れてみましょう。

運動の最中に痛みや違和感を覚えたら、無理をせず休憩を取ります。

1日数分からでも構いません。自分ができる範囲で、継続して運動を続けることを目標にしましょう。

2.食生活の改善

「食生活の改善」も膝の痛い症状には効果的な対処法の1つです。

膝痛の原因として、肥満による過度な膝への負担や、栄養素の不足、偏りによる骨・軟骨・筋肉の弱体化が挙げられます。いずれも食生活を見直すことで、膝の痛みを改善することにつながります。

例えば、食事をとる時間帯を意識することや、どんな食事をとるのか工夫するだけでも変化は起こるでしょう。「油っこいものが好き」「塩辛い味付けが好み」といった自分の趣向を把握することも食生活改善には大事な一歩です。

3.肥満の解消

3つめの対処法が「肥満の解消」。肥満は、膝痛のみならず、あらゆる病気の原因です。

ダイエット方法はたくさんありますが、食生活で重要なことは、栄養バランスのとれた食事を、規則正しく摂取することに尽きます。

よく言われることですが、揚げ物やジュース・お菓子等の高カロリー食品のとり過ぎや、米や麺類等の炭水化物類の食べ過ぎは肥満につながりやすい傾向にあります。

また、早食いや寝る直前の飲食も控えたほうが良いでしょう。暴飲暴食などが多い方は、食事以外でのストレス解消を意識するのもおすすめです。

肥満は膝が痛いときに限らず、健康全般に関わる問題です。この機会に自分の食生活を見直すことは、これから健康的な生活を送る意味でもとても重要なポイントと言えるでしょう。

4.バランスの良い栄養を考えた食事

さて、食生活や肥満の解消のためには、「栄養を考えた食事」が大切とご紹介しましたが、具体的にはどのような点を意識すれば良いのでしょうか?

栄養を考える際は、やはり5大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂肪、ビタミン、ミネラル)を、バランスよく摂取することが大切でしょう。また、食物繊維もバランスのとれた栄養摂取には欠かせないものです。

より膝が痛いときの栄養成分にスポットを当てるなら、骨の健康を維持するためにカルシウムを積極的に摂取してみましょう。

あわせてカルシウムの吸収を助けてくれるビタミンK、カルシウムの排泄を防ぐカリウムの存在も重要です。また、リンやマンガンといったミネラル分も、骨の形成には必要となってきます。

さらに筋肉をつくるためには、タンパク質が欠かせません。良質のタンパク質を含む食品を、バランスよく摂取しましょう。

ちなみに、カルシウム吸収を助けてくれるビタミンDは、日光に当たることで体内でつくられます。日光による健康への効用はさまざまな分野で耳にしますが、栄養吸収を促進する意味でも意識的に太陽の光を浴びるのもおすすめです。

サプリメントで膝トラブルをサポート

膝の痛みを少しでも和らげるために、上記の基本的なことを実践すると同時に、有効な成分を含む健康食品やサプリメントをとることも効果的な対処法の1つです。

今、もっとも注目されている成分「プロテオグリカン」をご存知でしょうか?

鮭の鼻軟骨から抽出されるプロテオグリカンは、ヒアルロン酸・グルコサミンと並んで「軟骨を構成する3大成分」として有名で、細胞の再生や増殖を助け、軟骨や骨・筋肉などの形成をサポートしてくれます。

健美の郷の「プロテウォーク」は、このプロテオグリカンを中心に、コラーゲン・ヒアルロン酸・グルコサミン・コンドロイチンを配合し、軟骨のスムーズな働きをサポートしてくれます。

プロテウォークで健康な膝生活への第一歩を踏み出してみましょう!

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

つまづきやすい症状と病気の関係

つまずきやすい症状と病気の関係

「最近歩いていると、なんだかつまずきやすいな」と感じることはありませんか?つまずきやすくなる主な原因には、下半身の筋肉の衰えや視力の低下、平衡感覚の低下などが挙げられますが、病気の症状によってつまずきやすくなっていることも考えられます。

原因が特定の病気の場合は、その病気を治療する必要があるため、病気とつまずきやすい症状の関係性を知っておくことが大切です。今回は、転倒につながると考えられる代表的な病気をご紹介するとともに、病気との向き合い方について考えてみましょう。

1.骨粗しょう症

日常生活の中でつまずきやすい症状が現れる病気として、「骨粗しょう症」が挙げられます。

骨粗しょう症は骨のカルシウムが血液に溶け出し、骨に含まれるカルシウム量が減少し骨そのものが弱くなる病気です。

骨粗しょう症はつまずきやすさや転倒といった症状が現れますが、発症すると骨に小さな穴がたくさんできるため、骨折リスクが高まるのもこの病気の恐いところ。

病気は年齢を重ねることで骨密度が低下して発症することが多く、女性ホルモンの分泌量減少が関係することから50代以上の女性に多い病気としても知られています。

また、運動量の低下や食生活といった生活習慣も原因の1つです。

予防法その1~適度な運動~

骨粗しょう症は日常生活を改善することで、予防につなげることができます。予防するにはやはり運動が一番。

とくに転倒予防を意識するのであれば、ウォーキングが一番効果的でしょう。歩くことで下半身の骨に刺激を与え、骨の強化を促進します。

さらにウォーキングは骨のみならず、下半身の筋力強化、全身の血行の促進につながります。

運動を開始する場合は、ゆっくり強度をあげるなど適度な運動を心がけ、骨に対して過度な負担をかけないよう取り組んでみましょう。

予防法その2~禁煙~

喫煙も骨密度を減らす要因として報告されています。たばこに含まれるニコチンは骨の細胞に有毒であり、骨全体の細胞が減ってしまいます。

喫煙そのものがつまずきやすい症状に直接つながるといった報告はされていませんが、骨折のリスクを減らす上では、禁煙や本数を減らすといった喫煙習慣の見直しも重要でしょう。

予防法その3~体重管理~

適正な体重を維持することも重要な予防法の1つ。体重が増えすぎると、主に下半身の骨にかかる負荷が大きくなり、骨を弱めることにつながってしまいます。

また、体重の増加は日常的な運動習慣を遠ざける原因ともなるため、「体重増加→運動が億劫に→体重がさらに増加」という悪循環を生み出すことにも。

逆に体重が軽すぎても、骨に適度な刺激が与えられず、骨形成が不十分となってしまいます。

日頃から自分の適正な体重を維持することで、丈夫な骨作りを意識しましょう!

予防法その4~適切な栄養摂取~

適切な栄養摂取も予防法として効果的でしょう。骨を丈夫にするためには、適切な栄養素の摂取が大事になってきます。

骨を構成するカルシウム、骨の形成を補助するビタミンDやKは骨粗しょう症の予防には欠かせない栄養素です。カルシウムなら乳製品や大豆・小魚など、ビタミンDやKなら鮭やシイタケ・ほうれん草や小松菜などに豊富に含まれています。

最近ではインターネットサイトなどを使って、栄養素が豊富な食材を簡単に調べることができるので、一度チェックしてみるのもおすすめ。
正しい食生活を取り入れることを心がけてみましょう!

2.パーキンソン病

つまずきやすい症状につながる病気として「パーキンソン病」も代表的な疾患の1つです。

パーキンソン病は神経変性疾患の1つで、同じ神経変性疾患の中でもアルツハイマー病についで発症件数の高い難病です。中年以降の発症が多く、とくに高齢者には頻発する病気として知られています。

神経に関する病気なので、歩行の際に神経系がうまく働かず、つまずきやすい症状を引き起こすという考えが一般的。

治療法としては、ドパミン補充療法や抗パーキンソン病薬など、いくつかの治療法が開発されていますが、まずは早期発見が一番大切です。

転倒などの症状を隠すことなく医師に相談すれば、それが早期発見の第一歩になるでしょう。

3.水頭症

「水頭症」は脳脊髄液に関する異常で、頭に髄液が貯留することで脳が圧迫され、脳の機能にマイナスの影響を及ぼす病気です。

主な症状は頭部を中心に起こり、頭痛や視力低下のほか、失明するケースもある重大な疾患の1つに数えられます。この頭痛や視力低下が原因となり、つまずきやすい症状や転倒を引き起こすこともあることから、十分な注意が必要な病気と言えるでしょう。

頭蓋に貯まった髄液を取り除くことが、基本的な治療方針となります。

4.脊髄小脳変性症

「脊髄小脳変性症」は運動失調を伴う神経疾患です。脊髄や小脳の神経細胞が消失することで、神経系の機能を低下させ運動失調を引き起こしてしまいます。

運動失調には歩行障害や眼球運動の異常、震戦(勝手に手が震えるような症状)などが挙げられており、いずれもつまずきやすい症状につながります。

現在、脊髄小脳変性症の根本的な治療法は確立されていません。そのため治療は進行にともなう症状を予防・軽減させる支持療法が基本となります。

また脊髄小脳変性症では徐々に筋力が低下することもあるため、リハビリテーション等を通した筋力維持も大切です。

病気との正しい向き合い方とは?

さて、ここまでつまずきやすい症状につながる代表的な病気を見てきましたが、病気との正しい向き合い方にはどんな点があるのでしょうか?

転倒をしても怪我をしなかった場合、多くの人は家族や医師に相談しません。「自分はまだ若い」「体力には自信がある」「家族に心配されたくない」そんな考えが、転倒による大きな事故を引き起こす可能性もあります。

これまで紹介してきたとおり、つまずきやすい症状は立派な「病気の症状」の1つ。つまずきやすいことを認め、医師に相談することは、原因となる病気の早期発見を可能にしてくれます。

病気や症状に対して正直になることが、大きな転倒事故を防ぐカギと言えるでしょう。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました

づまづきやすい症状の原因とは?

つまずきやすい症状の原因とは?

「最近なんだかつまずきやすいな」と感じたことはありませんか?中年層や高齢者層を中心に、転倒による多くのけがや死亡例が報告されています。驚くべきことに、年間約6,000人もの人が転倒事故で命を落としているのです(2016年統計データ)。これは同年の交通事故の死亡者数よりも多い数字(3,904人)、衝撃的なデータですよね。しかし、これほど大きな被害が出ているにもかかわらず、つまずくことを軽視する人が多いのが現実です。

では、転倒死を防ぐにはどのような取り組みが必要なのでしょうか?転倒死を未然に防ぐには、まず転倒の原因を理解する必要があります。今回は、「つまずきやすい」原因を1つずつ確認していくことにしましょう。

1.下半身の筋力の低下

つまずきやすい原因の1つとして「下半身の筋力の低下」が挙げられます。

下半身の筋肉がきちんと機能していると、歩行の際に脚をしっかり上げることができるので、段差につまずくことはありません。しかし、歳を重ねるにつれ全身の筋力は衰えていきます。これがつまずきの原因です。

多くの高齢者は下半身の筋力が低下し、歩く際に脚を上げることが困難になっています。脚が上がりにくいため、すり足歩行になってしまい、小さな段差などでもつまずいてしまうのです。

また、自分では脚を十分上げているつもりでも、つま先まで上がりきっていないこともあるので、脚の筋力が原因であることに気付かない人も多いでしょう。

運動会の徒競走で、お父さんやお母さんが転んでしまうシーンを見たことはありませんか?実はこれも自分の筋力が低下していることに気付かず、筋力が低下する以前のイメージで走ろうとするため。自分では若いころのように颯爽と脚を高くあげて走っているつもりでも、実際は筋力の低下で脚が上がりきらず転んでしまうのです。

つまずきやすい原因を探るためにも、自分の歩き方を一度確認してみることも大切でしょう。

2.視力の低下

2つめの原因は「視力の低下」です。

正常な視力をもっていると、段差や床に置いてある物などの障害物に気付き、対処することができます。しかし、視力が低下することでそれらの障害物に気付きにくくなり、脚を引っかけて転倒してしまう可能性が高くなります。

視力は老化によって低下しますが、若い人でも網膜剥離といった病気やスポーツ中の外傷などが原因で視力を落としてしまうことも。

普段は眼鏡を着用しているのに、たまたま眼鏡をつけずに歩いていて転倒事故を起こすケースもあるので、目が見えにくい状況ではむやみに歩くことは控えたほうが安全です。例えば、お風呂あがりなどは眼鏡を外していることが多く視力が低下している状況にあります。

こうした状況をあらかじめ想定して気を付けておくのも、転倒防止につながるでしょう。

3.バランス感覚の低下

つまずきやすい原因の3つめは「バランス感覚の低下」です。年齢を重ねるにつれ、三半規管など平衡感覚をつかさどる器官が衰えていきます。

平衡感覚に関係する器官は片足立ちのときにバランスをとる機能をもっていますが、これらの器官の機能低下により片足立ちの際にバランスがとれなくなり、歩きにくくなってしまうのです。

平衡感覚の分かりやすい例として、お酒が挙げられます。

お酒を飲み過ぎてしまうと真っすぐ歩けなくなるのは、アルコールによりこの平衡感覚が麻痺してしまうから。ついつい飲み過ぎてしまい、思わず千鳥足になる、なんて経験がある方も多いかと思いますが、年齢を重ねることでもこれと同じ症状が現れてしまいます。

その結果、段差がない場所でも片足立ちの際にバランスを崩して転倒することがあります。

栄養不足

「栄養不足」もつまずきやすい原因の1つ。ビタミンなどの栄養素の不足が転びやすさに直結することは、さまざまな研究から明らかになっています。これは高齢者のみならず、若者でも同じこと。

例えば、カルシウムは骨を構成する重要な栄養素です。カルシウムの摂取不足により骨密度が低下し、骨粗しょう症などの病気になることもあります。

下半身の骨密度の低下は歩行障害の要因の1つ。また、骨がもろいため、転倒したときの骨折リスクも高まってしまうでしょう。

ビタミンDやKは骨の形成を促進する重要な栄養素です。これら栄養素の摂取は、骨粗しょう症の予防につながります。バランスよく栄養をとって、少しでも「つまずき」のリスクを排除しましょう。

転倒に関係のある病気

「病気の症状」が原因となり、つまずきやすさにつながっているケースも原因の1つです。

つまずきやすくなる症状をもつ病気はたくさんあります。歩行障害をきたす脊髄小脳変性症やパーキンソン病、視力低下を症状とする病気により転倒リスクは高まってしまいます。

さらに、骨粗しょう症は骨がもろくなるので、転倒の際に骨折を起こしやすくなってしまうでしょう。転倒の原因が特定の病気である場合、その病気を治療することが重要です。

病気の中には自覚症状がなかなか現れず、治療が遅くなってしまうことも多いため、転倒などの症状にいち早く気付き、早期発見・早期治療を心がけましょう。

つまずきやすくなる原因を意識しよう

つまずきやすい原因は、さまざまな理由が考えられます。しかし多くの場合、原因は複合的な要素が絡まっており、なかなか症状の改善につながりません。

そんなときは、まず主となる原因を重点的に改善することから始めてみましょう。

原因が特定できない場合は、まずは運動の習慣をつけて体力づくりをすることをおすすめします。時間に余裕がある場合は「転倒予防教室」などの健康教室に参加してみるのもいいでしょう。

健康教室に行く時間がない方には、軟骨の形成を促進する「プロテウォーク」「プロテオEX」など、サプリメントなどを摂取して日常生活からアプローチしてみるのもおすすめです。

プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました