プロテオグリカンと軟骨の重要な関係

プロテオグリカンと軟骨の重要な関係

関節痛を緩和する成分として、いま話題のプロテオグリカン。その効果の理由は、関節の「軟骨」との関係にあります。

プロテオグリカンは軟骨にどのような働きをしているのか、その重要な関係について見ていきましょう。

軟骨がすり減ると関節痛がおこる

膝や腰、肩から指先まで、身体のいたるところで、関節は複雑な動きをコントロールしています。その動きをスムーズにさせるために欠かせないのが軟骨の存在です。

軟骨は、関節の骨と骨の間で、骨どうしが直接ぶつかるのを防ぎ、衝撃を吸収するという、いわば“クッション”のような役割を果たしている組織です。そんな大切な軟骨ですが、スポーツ等で関節に過剰な負担がかかったり、年齢を重ねたりすることで、徐々にすり減ってしまいます。

こうなるとクッションを失った関節は、骨と骨がぶつかりやすくなり、その結果炎症が起こって痛みが発生するというわけなのです。

プロテオグリカンと軟骨の関係

プロテオグリカンは、軟骨の健康に深く関係している物質です。様々な研究から、軟骨への働きかけによって関節痛を予防したり、緩和したりする効果があることが分かってきています。

プロテオグリカンは軟骨の主成分

プロテオグリカンは、全身のいたるところで細胞や組織を維持する働きをしている重要な生体成分です。

とくに軟骨においては、コラーゲンとともにその主成分を担っています。プロテオグリカンには高い保水力があり、軟骨に水分を保って弾力性と柔軟性を与え、クッションとしての機能を高めます。

軟骨を増やす

プロテオグリカンには、細胞のターンオーバー(新陳代謝)を促進する作用があることが認められています。この作用により、軟骨の元となる細胞を成長・増殖させることで、軟骨を増やしてくれるのです。

軟骨がすり減るのを防ぐだけでなく、すでにすり減ってしまった軟骨の再生にも効果があると言われています。

炎症を抑えて痛みを和らげる

プロテオグリカンが持つ抗炎症作用は、軟骨がすり減ったことによる関節の炎症を抑え、痛みの緩和に役立ちます。

また、炎症を引き起こす免疫システムのバランスを整えて、老化物質として知られる活性酸素の発生を抑制する働きもあり、アンチエイジングへの効果も期待できます。

加齢とともに増すプロテオグリカンの重要性

身体を自由に動かせることが、軽快で健やかな毎日を過ごすために重要であることは言うまでもありません。しかし、そんな大切な身体の動きを支えている軟骨は、加齢による減少が避けられないもの。

優れた作用で軟骨の健康を保つプロテオグリカンは、年齢を重ねるほど重要になる栄養成分と言えます。

プロテオグリカン(サケ鼻軟骨由来プロテオグリカン)をはじめ軟骨に大切な数種類の成分を配合した健美の郷「プロテウォーク」は、いつまでも軽快な毎日をおくりたいあなたにおすすめのサプリメントです。
プロテウォークの購入はこちら
◎こちらのサイトで健美の郷の商品が紹介されました